テニス コントロール

ボレー

試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳しくいきましょう!

テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?

色々なご意見あると思いますが、私は8×8のサイズでコートを分割したときに、その小さな四角にボールを落とせるかどうか。

これが「良いコントロール」の基準だと思っています。

ストロークでは相手コートまで距離もあるので難しいかも知れませんが、ボレーでまず、狙えるようにしてみませんか?

実際レベルが高い試合になると、アバウトなコントロールでは通用しません。

 

試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳しくいきましょう!

 


 

■望まなければ、何も手に入らないのがテニス

まず、しっかり臨みましょう。

自分はボレーのコントロールを良くしたい、その為に、技術を変えて磨いていく。

この強い意識が無い限り、いつまで経っても進歩はありません。

コントロールが良くなれば、力も要らずにリスクを少なく試合を進めることが出来る、勝てるようになる。

この確認が、スタートラインです。

 

■ボールを打つ方向、狙う方向は見ない

あくまで観るのはボール。

どういう角度でボールを触るか・・・に集中すれば、ボレーのコントロールは上がります。

腕の振りでボールをコントロールしようとしているうちは、まだまだ未熟です。

身体をしっかり横向きに作って、ネットの上や自分の身体に近いところに、「軌道となる目標」を設定しましょう。

レールに乗せて、あとは飛んでもらうのをゆっくり任せてみる。

この感覚が、ボレーのコントロールを磨く上で大事になってきます。

 

■ダブルスでも使える、1/64のコントロール

このサイズでボールを相手コートに送れるようになると、テニスが楽しくなる。

多少ずれても、大丈夫。

自分のテニスにコントロールの自信が付いてくれば、そのショットを磨いてパワーアップすることも出来る。

先にパワーやスピードを求めるから、コントロールで修正が効かなくなること、多くないですか?

これはぜひ、若い学生の皆さんにも意識してもらいたいポイントです。

 

コントロールが良い選手、ってテニス選手でパッと浮かびますか?

何となくジョコビッチ選手フェデラー選手、スタイルは違いますが精密で緻密なテニスをしているイメージありますよね。

彼らでも、自分で「思い通りにいった!」とある程度許容できる範囲は、1/64くらいだと思います。

このコントロール、難しいですがボレーでしっかり身に付けていきましょう!

望んでこそ、身に付くのが技術です。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策

    みなさんも、ネットプレーで足下のボール、苦労しますよね。基本…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い

    ボレー戦の中で、ボールが浮いて相手のハイボレー。まずい!と思う…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

    ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。確かに、これは硬式テニ…

  5. ボレー

    シングルスで「いきなり相手がボレーに出てきても、慌てない!」正面への緩いショットから崩すと効果的です…

    現代のシングルスの戦い方は、どんどん奇襲でのネットプレーは増えているよ…

  6. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

特集記事

  1. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です
  2. テニス サッカー

    戦術

    試合に出るようになったら、正解は自分で作り出していかないといけない
  3. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    回り込みフォアハンドに必要な、クロスオーバーステップを使っていこう!
  5. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう
PAGE TOP