テニス メンタル

メンタル

「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

試合でどうしても頑張りたいのに、くじけてしまいそうな時・・・ありますよね。

そんなときに、皆さんはどうやって自分を鼓舞してますか?

色々な方法があると思いますが、私が試してきて一番効果があったのはこれ。

自分の一番悔しかった思い出を、コントロールして蘇らせるんです。

 

「思い出せる悔しい記憶」を、アナタは持っているだろうか?

 


 

1.高校2年生の夏、先輩の引退試合での記憶

私が高校2年生のときに、インターハイ予選があってダブルスを1つ上の先輩と組んで個人戦に出ていました。

団体戦はもう敗退していたので、個人戦が負ければ3年生は引退。

だからこそ、「少しでも長く、先輩と一緒に試合したい・・・」と思って頑張りましたが、あえなく敗退。

その瞬間も、もちろん悔しかったのですが・・・「気にすることは、無いよ」と言ってもらって、そのまま会場から帰宅することに。

私が試合会場から帰りのバスに乗ろうと思ったその時、更衣室にタオルを忘れたのを思い出して、戻ってみたら・・・。

更衣室の一角で3年生の先輩が集まって、そのペアの先輩が泣いているのを慰めている光景を見ることに・・・なってしまいました。

あの光景だけは、今でも忘れることは出来ません。

 

2.悔しい光景は、いつでも思い出して良い

悔しいと同時に、恥ずかしい。

結局タオルなんてどうでもよくなって、そのまま私も泣きながらダッシュで帰りました。

あの後の記憶はよく覚えていないけど、「どんなに悔しくても、試合は元通りにならない」ということを学んだ試合。

悔しいと思うなら、なんでもっと普段からしっかり練習しなかったのか。

先輩を勝たせること、が出来なかったのか、自分は本当に出し切ったのか。

悔しい記憶は、いつでも思い出せる。

そして、今自分の目の前の試合、目の前のポイント、どうしても頑張りたいときには「あの時、あの試合があったから、今があるんだ」と思えてくる。

そう考えると、まだまだ必死で頑張れるはず。

きっと皆さんも、そういう経験はあるはずです。

 

3.悔しさに、フタをしてしまわないように

どう取り繕っても、悔しさは消せない。

テニスの試合に出ている以上、それは「テニス選手だからこそできる、経験」なんです。

このありがたみに、まずはしっかり感謝すること。

そして、本気で向かっていく自分にいつでも「変身」出来るように、記憶をよみがえらせるように準備しておくこと。

私はいつでも、あの更衣室の光景を鮮明に思い出すことが出来ます。

だから、目の前の試合をまず頑張ろう、と。

「そんなの、何回もやってると効果無いんじゃないの・・・?」と思う方もいるでしょう。

そんなことは、ありません。

でも、もし効果が薄れてきたら別な記憶でも良い。

悔しい経験なんて、1つや2つ、じゃないでしょうからね。

 

悔しさを感じることって、アナタの財産です。

これは、教えて身に付くものでもない。

本人が「悔しい!テニス上手くなりたい!」と思わない限りは、正直このサイトを観ていても何も得るモノは無いでしょう。

だって、完全無欠で何でも出来る人か、負けても勝っても、感情のレベルが同じ人、な訳ですから。

前者なんて、いない。

悔しい想いを抱いて、苦しみながら戦っていく。

それがテニスというものです。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと

    人は、何かの大きな壁にぶつかったときに、その人の「生き方」が分かれるよ…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

    試合でビビって、ストロークが打てなくなる。誰しもが、経験した…

  3. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

    テニス、楽しいですか?もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合…

  4. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は・・・?

    皆さんの周りでも、こんな人はいませんか?周りに「自分のテニスは…

  5. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、〇〇を変えること

    テニスの試合、なかなか勝てない。練習は一生懸命やっているのに、…

  6. テニス ダブルス

    メンタル

    ミスの後始末を、自分で全て背負うからドロ沼にはまる

    失敗して、どんどん泥沼にはまっていく人。ダブルスの試合で、よく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!
  2. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう
  3. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!
  4. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本
  5. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的
PAGE TOP