テニス

メンタル

テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。

でも息を吹き返してくると・・・自分のリードなんて、小さく思えて不安になる。

そして・・・いつの間にかパニックになって、逆転される人は少なくない。

この原因を、テニスの競技の特性から一度考えてみませんか?

 

テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

 


 

■「時間稼ぎ」が出来ないのがテニス競技

他競技をやっていた選手の方なら、違いが理解しやすいかも知れません。

テニスはなかなか、時間稼ぎが出来ない。

自分たちでボールをキープして、そのまま時間が経って試合が終了、みたいな作戦は取れないのです。

サービスゲームだって、追い上げられていれば自分たちが有利、とは限らない。

チームスポーツみたいに、タイムアウトを取ることも出来ない。

それだけ、「流れ」に左右されやすいスポーツだということを、再度認識しておきましょう。

 

■周りは気にしないで、自分のテニスに集中する

追い上げられている場面こそ、自分のテニスに集中したい。

つい、周りの応援や雰囲気に呑まれてしまって、追い上げムードを許しているような選手が多い。

メンタルが弱いって、言葉にすれば簡単ですが、その対応策は何か。

周りを気にしない、目の前の1ポイントに集中する為には、普段の練習から準備が必要です。

テニスの試合では、選手自身で自分をコントロールするしかないのです。

 

■団体戦は例外だけど、テニスはやっぱり個人戦

団体戦ではベンチコーチがいて、チェンジコートのたびに約90秒間のアドバイスは可能になる。

ですが、皆さんの試合は個人戦も多いはず。

つまり、選手であり監督でもあり、コーチでもあるのが自分自身なのです。

追い上げられてパニックになってしまう人は、もしかしたら選手としての自分、しかいないのかも知れません。

監督がいないと・・・試合で追い上げられたときに、冷静な対応、出来ない可能性が高いと思います。

 

追い上げられている自分に、どんな声をかけるのか。

この「会話」が出来る選手は、試合で強い。

追い上げられても、最後にギアを上げて冷静な判断が出来る。

常にコートにいるのは自分と、もう一人の自分、という意識を持ちましょう。

実力は関係ありません。

こういう考え方を、面白いと思ってやってみるかどうかです。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. メンタル

    未来は過去の延長線上、では無い

    私たちはテニスを通じて、どこに向かうのか。少し大げさな話になり…

  2. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ

    試合の中で、「緊張して緊張して、自分のプレーが出来ない・・・」ような人…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない

    最近、改めて感じます。テニスが強くなりたいなら、裸にならないと…

  4. テニス スマッシュ

    メンタル

    自分の欲求を満たすのがテニス、だけだと必ず壁にぶち当たる

    テニスの上達を、真剣に考えているみなさん。だったら、この意識をぜひ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

  6. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  2. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいの…
  3. 日々の雑記

    「昔は良かった、今は・・・」って、そんなことない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて能力以上に大きい「熱意の差」について、アナタの認識はまだまだ甘い
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?
PAGE TOP