テニス メンタル

シングルス

シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

テニスの試合では、ブレーク合戦になることが多々あります。

プロ選手の試合でも、女子選手の試合ではたまにありますよね。

お互いのサーブの調子が悪かったりすると、ブレークが当たり前になりなかなかキープが出来ない。

こんな状況、シングルスの試合で陥ってしまったら、何か策が無いと打開できません。

サービスキープで進む試合と、何か変えていく必要があるでしょう。

 

シングルスの試合で「お互いにブレーク合戦」になったときに、意識したいポイントとは?

 


 

■いつでもブレーク出来る、と勘違いしない

つい試合の中でブレークが当たり前になると、勘違いしてしまいます。

いつでもブレーク出来るから、まぁキープ出来なくても良いか・・・と。

この発想は、非常に危険です。

ブレーク出来ているのはアナタのリターンが強力だから?

実はそうとも限らないのがテニスの試合です。

 

■一般、学生の大会でのサーブは「水物」である

一般の方の試合や、学生の方の試合を観ていると、「サーブは水物」だとつくづく感じます。

プロ選手でもサーブの調子に波がある選手は多いですが、それでもプロは修正方法を知っている。

知っていて実践出来るから、ゲームの後半ではしっかり修正してキープ合戦に変わったりします。

一般の方や学生の方は、悩みながらそのまま試合が終わってしまうケースが多い。

そんな自分を打破するには、まずはサーブをどう修正するかの具体案を持っておくこと。

そして相手のサーブの調子が戻ってきたときの準備をすること、が大事です。

 

■相手のサーブが急に調子を取り戻してきたときは?

サーブの調子が戻ってくる、それは先に相手のほうかも知れません。

そうなったら、どうするか。

サーブは、「フリーポイント」と呼ばれるリターンが返球されないポイントが増えると、益々調子が上がりやすい。

まずはしっかりゆっくりで良いので、相手コートにリターンを返しましょう。

そこからの展開でポイントを獲られるのは、OK。

調子が戻ってきた相手を乗せない為に、しっかり心の準備もしてリターンゲームは臨むことが大事です。

 

サーブは調子の波が激しい。

激しいのは仕方無いとして、修正方法と相手の良いときに対応する守備力を鍛える。

この意識が練習から実践出来れば、試合でも慌てずに対応出来るでしょう。

今のアナタのテニスでどんな対応と、サーブの修正が試合の現場で出来るかどうか・・・。

シングルスの試合は、一人で最後まで戦わないといけません。

ぜひ、意識して考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと

    シングルスの試合、攻撃していくときにミスしてしまう人。それって…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で有効なのは、フォアハンド側への連続攻撃

    シングルスの試合を、どう戦えば良いのか見えてこない・・・という方に。…

  3. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い

    シングルスの試合で、ポイントを取っていくときに、意識したいこと。…

  6. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効…
  2. 戦術

    テニスの試合では、リードを奪ってリスクを冒すから勝てる
  3. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
  4. その他

    【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. フットワーク

    ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう
PAGE TOP