テニス ストローク

その他

アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて下さい

皆さん、毎日テニス、頑張れていますか?

週一回、月一回、または年一回くらいのペースの方も、多いでしょう。

強くなりたい、上手くなりたいと思う人は多いと思います。

そんな人だからこそ、改めてこのことを覚えておいて欲しい。

学生の方だけでなく、大人の方やベテラン、ご年配でテニスを頑張る方、皆さん全てに・・・です。

 

アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて下さい

 


 

■人と関わり合いながら、自分を成長させてくれるのがテニス

私自身、テニスからたくさんのことを学んで来た。

今でもまだまだ、本当にたくさんの勉強をさせて頂いていると、心から感謝しています。

それも全て、テニスを始めることを許してくれた、学校に通い続ける機会を与えてくれた両親のおかげであり、周りの支えあってこそ。

自分がテニスを続けている、と言うことは、当たり前のことでは無いのです。

たくさんの人、それこそラケットメーカーやテニスコート施工、大会運営、たくさんの人が「アナタのテニス」を支えている。

普段、なかなか意識出来ないと思いますが、ふと立ち止まって考えてみることは大事だと、私は思います。

 

■「お金を払ってテニスをしているから、関係無い」という人は、いつの間にかいなくなる

現代では、お金は大事。

ですがお金を積めば、全てのものが手に入る・・・という訳でも無いのが、社会の面白いところ。

テニスなんて、まさにそうじゃないですか。

切磋琢磨出来る仲間や、ライバル、試合での感動は、お金をいくら積んでも得られるものでは無い。

自分が稼いだお金で、自分が払ってテニスをしているのだから問題無いと勘違いしている人、実際に社会人の方でも多い。

そういった人は、不思議といつの間にかいなくなってしまう。

テニス界って、どこかそういう自浄作用が働いているような気がするんです。

だからこそ、周りの人に感謝する、そしてそれを「形に現す」ことは大事だと思います。

 

■手書きでもTwitterでも、発する言葉でも良い、「形」にしよう

何度か書いてきましたが、アナタが感じている感謝の気持ちは、「形」にしないと意味が無い。

「いつもありがとう」と、思っているなら、言葉にしよう。

少し前なら手紙、今ならTwitterかも知れませんね。

どんな形でも、私は良いと思います。

テニスを通じて、感謝を言葉に出来る人はきっと、幸せな人。

そして間違いなく、自分を成長させていけることが出来る、素敵な人だと思います。

 

試合で結果を出し続ける、本当に活躍出来る人は知っている。

自分の努力、だけで目の前の勝利や栄冠を得られている訳じゃないんだと。

本当にそのことを理解出来ているから、自分と同じくらい、周りを大事に出来るんです。

私は、学生時代にここまでの感覚はありませんでした。

恥ずかしいことに、30歳を過ぎてから、ちょっとずつ頑張って形にしている次第です。

でも、遅いことなんてない、と思っています。

今ではこのサイトを観て頂いている皆さん、そして伝える手段を与えてくれたテニスとインターネットに、本当に感謝しています。

少し説教臭くなってしまいましたが、今後もお付き合い頂けると嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス フットワーク
  2. テニス ルール

    その他

    Q&A「テニスの試合で、タイブレークの勝率が悪いのですが、何か良い作戦はありますか?」

    プロ選手の間でも、しばしば議論になるこの話題。「タイブレになっ…

  3. その他

    数試合だけ良いプレーをして、満足してしてない?

    これは、昔の私自身です。今回は、その戒めも込めて、しっかり書…

  4. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  5. テニス サーブ
  6. その他

    「気を付けろ!スポーツドリンク!」試合に出るテニス選手に必要な意識改革

    夏は暑い毎日が続く。練習中もしっかり水分補給をしないとね。…

特集記事

  1. 戦術

    練習すること、が目的になってないか?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  3. 戦術

    想像するから、テニスは強くなる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合でもっとボレーを上手く打ちたい!なら、慣れていかないと
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事
PAGE TOP