テニス知識

【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.3

目次

3回目の連載は、インターバルトレーニングについて。

テニスに必要な心配機能を高めるトレーニング、これが自宅で出来るのか…?と疑問に感じている方も多いでしょう。

今回も村上トレーナーに、ポイントを抑えて説明頂きます。

特に、運動量の多いシングルスの試合に出ている方、これからチャレンジしたい方は必見です!

インターバルトレーニングについて

インターバルトレーニングは短時間で高い強度を反復するトレーニングです。

例えば短い時間全力で走り、休憩を挟んで繰り返すという方法です。

この時の間の休憩は十分に行わないことで、心肺機能に負荷をかけることができます。

まずはこれが体力向上の理論となります。

テニスに必要なインターバルトレーニング

インターバルトレーニング、部活などでやったことがある方も多いのではないでしょうか?

テニスに生かすには、直線をダッシュする方法だけでなく、テニスのようなシチュエーションを反復することも大事です!

これまで『スクワット』『倒れ込み走』など、動き出しを早くするパワー系のトレーニングを行なってきましたので、ダッシュ力は向上してきたのではないかと思います^_^

今回は、更に止まる動作を組み合わせた『ストップ&ダッシュ』を行う、テニス向けインターバルトレーニングを紹介します。

参考動画は、コチラよりご覧頂けます。

動作のポイント

前回の『倒れ込み走』で、重心を前にした姿勢で力を加え、効率よくスタートすることを練習しました。

重心を前にすることで加速するメカニズムに加え、今回は重心を後ろにして減速するメカニズムを理解して行う必要があります。

これは坂道なんかを下りるときにも、皆さんが無意識で行なっている動きでもあります。

(加速しないように重心をやや後ろに向ける)※☟画像参照

これからテニスを再開される方へ

地域によっては非常事態宣言が解除され、コートが使えるようになってきたと思います。

しかし無理はせず、まずは体力と動きを少しづつ戻していきましょう!

今回のインターバルトレーニングも無理は禁物です^_^

筋肉痛ならないようにペースを調整して、行ってくださいね。皆様のテニスライフが少しづつ戻っていくことを応援してます📣

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 初開催✨ 7/2(火) 女子ダブルス対抗戦 vs TEAM涌井 i…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました

    テニスの試合に初めて出るときは、誰しも緊張するもの。なるべく周…

  2. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本

    ボールの飛びを、ガットで調整する。これ、意外と頭に無い方が多い…

  3. テニス知識

    40歳からポリストリングにする、という選択肢を

    今回は、久々に商品レビューを書いてみたいと思います。みなさん…

  4. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

    毎年の夏のお悩み、といえば・・・日焼け、ですよね。女性の方であ…

  5. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

    私は10年くらい、ラケットはずっとHEADを使っています。今は…

  6. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

    以前に、「試合に強いテニス選手の、ラケットバッグは美しい」という記事を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    味方ペアのダブルフォルトが2回続いたときに、かけてあげたい言葉3つ
  2. その他

    テニスが強くなりたい!その為のきついトレーニングは「仲間で可視化して積み上げる」…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「最後は気持ち」という言葉は、しっかりと準備して、現場でやり切った人だけ…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる
PAGE TOP