テニス知識

【プロが教える】自宅で出来る!テニストレーニング Vol.3

3回目の連載は、インターバルトレーニングについて。

テニスに必要な心配機能を高めるトレーニング、これが自宅で出来るのか…?と疑問に感じている方も多いでしょう。

今回も村上トレーナーに、ポイントを抑えて説明頂きます。

特に、運動量の多いシングルスの試合に出ている方、これからチャレンジしたい方は必見です!

インターバルトレーニングについて

インターバルトレーニングは短時間で高い強度を反復するトレーニングです。

例えば短い時間全力で走り、休憩を挟んで繰り返すという方法です。

この時の間の休憩は十分に行わないことで、心肺機能に負荷をかけることができます。

まずはこれが体力向上の理論となります。

テニスに必要なインターバルトレーニング

インターバルトレーニング、部活などでやったことがある方も多いのではないでしょうか?

テニスに生かすには、直線をダッシュする方法だけでなく、テニスのようなシチュエーションを反復することも大事です!

これまで『スクワット』『倒れ込み走』など、動き出しを早くするパワー系のトレーニングを行なってきましたので、ダッシュ力は向上してきたのではないかと思います^_^

今回は、更に止まる動作を組み合わせた『ストップ&ダッシュ』を行う、テニス向けインターバルトレーニングを紹介します。

参考動画は、コチラよりご覧頂けます。

動作のポイント

前回の『倒れ込み走』で、重心を前にした姿勢で力を加え、効率よくスタートすることを練習しました。

重心を前にすることで加速するメカニズムに加え、今回は重心を後ろにして減速するメカニズムを理解して行う必要があります。

これは坂道なんかを下りるときにも、皆さんが無意識で行なっている動きでもあります。

(加速しないように重心をやや後ろに向ける)※☟画像参照

これからテニスを再開される方へ

地域によっては非常事態宣言が解除され、コートが使えるようになってきたと思います。

しかし無理はせず、まずは体力と動きを少しづつ戻していきましょう!

今回のインターバルトレーニングも無理は禁物です^_^

筋肉痛ならないようにペースを調整して、行ってくださいね。皆様のテニスライフが少しづつ戻っていくことを応援してます📣

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  2. テニス サーブ

    テニス知識

    スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

    スピンサーブは、「屈強な男性が打つサーブ」というのが、一昔前のテニスで…

  3. テニス アディダス

    テニス知識

    アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッコイイ

    以前に書かせて頂きましたが、私は足の甲が広い典型的な日本人ぽい足型。…

  4. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

    頂いたアンケートを拝見していて、感じたこと。意外と、「シングル…

  5. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5つの食べ物

    今回のウィンブルドン、ダニエル太郎選手は腹痛を訴えて敗退・・・になって…

  6. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる
  3. テニス知識

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オス…
  4. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず…
  5. テニス コート

    ロブ

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い
PAGE TOP