テニス メンタル

メンタル

相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。

でも、考えた時点でアナタの負け。

入った時点で、相手が優位になる。

テニス独自のルール、ダブルフォルトの期待をつい・・・やってしまいませんか?

相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

 


 

1.ダブルフォルトを期待、しちゃってない?

私だって、たまにあります。

「あぁ・・・ここでダブってくれないかな・・・」と。

でも、この時点でアナタの負けかも知れません。

だって、入ったら「しまった・・・!」と、どこかで思ってしまうじゃないですか。

調子が良いとき、だとそうは思わないものですけどね。

自分が苦しいときに、つい期待してしまうのが相手のダブルフォルト、です。

 

2.相手のダブルフォルトの期待は、応援に任せよう

サーブは入ってくる。

ダブルフォルトを期待するのは、応援や観客に任せましょう。

相手のサーブは入って来る。

だからこそ、しっかり「入ってくる、それをしっかり捕らえるんだ!」と思うようにする。

セカンドサーブ、しっかり対策を立てればアナタ側が攻撃出来るはず。

普段から、リターンをしっかり磨いて得意、と思えるまでに仕上げておかないと。

良い勝負は出来ないですよ。

 



 

3.セカンドサーブを攻撃した方が、試合は乗っていける!

私の経験上、セカンドサーブを攻略すれば試合は早い。

早く勝負を付けることが出来る。

だからこそ、ダブルフォルトよりも「セカンドを入れに来てくれた方が良い」くらいに考えておきましょう。

しっかり準備出来れば、アナタ自身が勝てる。

ダブルフォルトしてくれて勝てる相手、なんてきっと普通にやっても勝てる。

それくらいの意識で、変な期待は止めましょう。

 

ダブルフォルトを期待する、のではなく迎え撃つ。

セカンドサーブを攻略することで、自分のリズムを作る。

こういう考え方、の方が積極的じゃないですか?

ダブルフォルトを期待する自分、卒業していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう

    試合の中で、劣勢の場面。こういう時に、何を考えると試合の流れが…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない

    テニススクールで、よく見ていて思うんですが。コーチが一生懸命、…

  4. メンタル

    使えないと思う技術にこそ、突き抜けるチャンスがある

    最近とにかく、伸び悩んで結果が出ない。何かを変えていきたいけ…

  5. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる

    今年も、思い返せば自分なりに、たくさんの記事を更新して来ました。…

  6. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ

    テニスの試合、自分たちをどうしても信じられない、メンタルが弱いと感じて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
  3. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    意外と打つ機会が多い、ネットに出たけどワンバウンドさせての処理について
  5. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと
PAGE TOP