テニス 大学

戦術

結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

目次

良い試合は出来るけど、競り負けてしまう。

強い相手との試合、最後の最後で勝ち切れない人は、どこを意識すれば良いのか。

大事なポイント、って人それぞれ考え方が違うと思います。

あくまで私の目線、で考えてみると、こうなります。

結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

1.勝負の分かれ目は、サーブ2周目

ダブルスの試合は、4人でサーブを交代しながら打つ。

5ゲーム目からは、2周目に入りますよね。

私は、この2周目の4ゲームこそ、大事だと思っています。

1周目で得た情報を活かし、いかに攻撃的に且つ、正しくリスクを冒せるのか。

この4ゲームを、しっかり取れるかどうかで試合は決まる。

大事なポイント、よりももう少し大局的な考え方では、これが大事。

いかに、2周目に勝負をかけるかが大事なんです。

2.2周目をイメージして、1周目がある

1周目、つまりは試合が始まってばかりのときは、無理しない。

しっかり、相手とラリーして、自分を印象付ける。

自分が「どういう選手と思われていると、楽なのか?」を考えて欲しいんです。

リターンなら、ロブもストレートも使うし、とにかく「色々やって来る相手」と思われたい。

そうなると、2周目には相手が後手に回ってくれますからね。

簡単ではないと思いますが、大事な2周目に向けての布石と情報収集。

これを意識して、丁寧にプレーすることが1周目は大事です。

3.先に40に乗せること、を第一に考える

「じゃあ、その大事な2周目の中でのポイントは?」となると、基本的にはこれです。

ゲームポイント、の前のポイントに集中する。

出来るだけ、自分たちが先に40に乗せる、ことが大事です。

なぜなら、相手にすごくプレッシャーがかかり、プレーの選択肢が狭まっていくから。

30-40のようなポイントで、攻撃的なサーブは打ち辛いですしね。

まずは、40に乗せて、相手の心境を探ってみる。

この意識があれば、焦らずゲームを取っていけると思います。

4.「自己感想戦」を、習慣にしよう

将棋の対局では、勝負の後に感想戦というのがあります。

お互いに、勝負を分けた手は何だったのか、他に手はあったのか、を話し合いながら確認していく。

テニスの場合、これをぜひ1人でやる、自分でやる習慣を作って欲しいんです。

勝負の分かれ目は、本当にどこだったのか。

その時、なぜ自分はあのプレーをしたんだろう、と問いかける。

正解は無いので、アナタ自身で答えを出すこと、がゴールで良い。

これが習慣化されると、試合の現場でも気付くようになりますよ。

「これは、後で思い出してポイントになる場面、になるはずだ・・・!」と。

1セットの中で言えば、5~8ゲーム目。

ゲームの中では、40に乗せるポイント。

これを基本に、大事なポイントは考えてみて良いでしょう。

あとは、例外はどんな時にあるのか、みなさん自身の経験を積み重ねて欲しい。

試合の現場で、感じられるようになれば、きっと勝てる試合は増えますよ。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入ろう

    テニスの試合、対戦相手とどう向き合うのか。これが上手い選手は、…

  2. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

    チャンスボールを決めることが出来る人、ミスしてしまう人。この違…

  3. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?

    テニス選手にも、同じ環境でもスピードの違いに差が出るのが面白いところ。…

  4. テニス ボレー

    戦術

    サービスダッシュして「ガッツリ足元に沈められてる」のなら、一度雁行陣で対応しよう

    自分の美学を貫くこと。すごく美しいようですが、試合の中ではそれ…

  5. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

  6. 戦術

    ケガこそ神様が与えてくれた、「自分が変われる機会」です

    テニスを長く続けていると、どうしても「ケガ」する機会が増える。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブ、実際の試合では「どの程度の威力」を求めるべきだろう?
  2. テニススクール

    今テニスコーチに戻ったら、レッスンはこうやりたい
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
  4. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  5. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?
PAGE TOP