テニス 大学

戦術

結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

良い試合は出来るけど、競り負けてしまう。

強い相手との試合、最後の最後で勝ち切れない人は、どこを意識すれば良いのか。

大事なポイント、って人それぞれ考え方が違うと思います。

あくまで私の目線、で考えてみると、こうなります。

結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

1.勝負の分かれ目は、サーブ2周目

ダブルスの試合は、4人でサーブを交代しながら打つ。

5ゲーム目からは、2周目に入りますよね。

私は、この2周目の4ゲームこそ、大事だと思っています。

1周目で得た情報を活かし、いかに攻撃的に且つ、正しくリスクを冒せるのか。

この4ゲームを、しっかり取れるかどうかで試合は決まる。

大事なポイント、よりももう少し大局的な考え方では、これが大事。

いかに、2周目に勝負をかけるかが大事なんです。

2.2周目をイメージして、1周目がある

1周目、つまりは試合が始まってばかりのときは、無理しない。

しっかり、相手とラリーして、自分を印象付ける。

自分が「どういう選手と思われていると、楽なのか?」を考えて欲しいんです。

リターンなら、ロブもストレートも使うし、とにかく「色々やって来る相手」と思われたい。

そうなると、2周目には相手が後手に回ってくれますからね。

簡単ではないと思いますが、大事な2周目に向けての布石と情報収集。

これを意識して、丁寧にプレーすることが1周目は大事です。

3.先に40に乗せること、を第一に考える

「じゃあ、その大事な2周目の中でのポイントは?」となると、基本的にはこれです。

ゲームポイント、の前のポイントに集中する。

出来るだけ、自分たちが先に40に乗せる、ことが大事です。

なぜなら、相手にすごくプレッシャーがかかり、プレーの選択肢が狭まっていくから。

30-40のようなポイントで、攻撃的なサーブは打ち辛いですしね。

まずは、40に乗せて、相手の心境を探ってみる。

この意識があれば、焦らずゲームを取っていけると思います。

4.「自己感想戦」を、習慣にしよう

将棋の対局では、勝負の後に感想戦というのがあります。

お互いに、勝負を分けた手は何だったのか、他に手はあったのか、を話し合いながら確認していく。

テニスの場合、これをぜひ1人でやる、自分でやる習慣を作って欲しいんです。

勝負の分かれ目は、本当にどこだったのか。

その時、なぜ自分はあのプレーをしたんだろう、と問いかける。

正解は無いので、アナタ自身で答えを出すこと、がゴールで良い。

これが習慣化されると、試合の現場でも気付くようになりますよ。

「これは、後で思い出してポイントになる場面、になるはずだ・・・!」と。

1セットの中で言えば、5~8ゲーム目。

ゲームの中では、40に乗せるポイント。

これを基本に、大事なポイントは考えてみて良いでしょう。

あとは、例外はどんな時にあるのか、みなさん自身の経験を積み重ねて欲しい。

試合の現場で、感じられるようになれば、きっと勝てる試合は増えますよ。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ

    試合は序盤、中盤、終盤と、気が付けばどんどん進行していく。自分…

  2. 戦術

    なぜセンターが、重要なのか?

    最近のダブルスの動画では、センターセオリーの重要性を説いているケース…

  3. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について

    テニスの戦術、作戦が、頭に入らない・・・という人は多い。これっ…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない

    繰り返し書いて来ましたが、まだまだ私たちの意識は甘い。リードし…

  5. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

    強い相手って、「触れない場所」に打って来る。お互いにテニスコー…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

    相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。そのナイスショ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる…
  2. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選
  3. メンタル

    「1セットマッチ5-2リードは要注意」テニスの試合で挽回されやすい原因を考えてみ…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合で必要な「相手バックハンドに高く弾むスピン」に対応する為に、必要な4つのポイ…
PAGE TOP