テニス メンタル

戦術

テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

こういう考え方、持っていると試合で楽ですよ。

対戦相手を、戦いつつも、飽きさせない。

自分が攻撃していく、その技を相手に堪能してもらう。

アナタ自身が、おもてなしするくらいの感覚、大事だと思いますよ。

 

テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

1.相手を「飽きさせない」

どの程度、みなさんのテニスでこれが実践出来るでしょうか?

単調にならない、なるべく色々な技を見せていく。

これだけで、相手は嫌だと思いますよ。

リターンにしても、長い、短い、そこにロブが入ってくる、ダブルスならストレートにも打てる。

相手を攻撃していこう、と考えるよりも、「飽きさせない」という発想で考えてみる。

ちょっと、ワクワクしてきませんか?

 

2.ちょっとした変化でも、相手にとっては嫌なもの

これは、本当です。

アナタ自身としてはちょっとした違いでも、相手にとってはえらい違いになってくれる。

「これとこのショットは、差が無いかな」と思うのは、アナタの思い込み。

相手からすると、回転が違う、テンポが違うだけで、かなりプレッシャーになるはずです。

大事なのは、違いをアナタ自身がリードして生んでいくこと。

その生んでいく感覚は、相手を「飽きさせない」という感覚が大事だと思います。

 

3.自分が自分のテニスに飽きてはいないか?

これ、みなさんどうでしょう。

自分自身、のテニスに自分が飽きているような感じ、ないですか?

こういう人は、プレーが単調になりやすい。

まず、気付いていないケースがほとんどですけどね・・・。

もっと、自分のテニスを客観視して、自分で飽きないような工夫も大事ですよ。

だって、自分のテニスが面白くないのに、試合に出続けるのもしんどいじゃないですか。

継続していく技術、も大事ですが、どちらかというと同じような試合になっている方が多いような気がします。

 

4.試合とは、相手との会話です

以前にも書きましたが、ラリーを通じて相手と会話しましょう。

「このボール、どうですか?」

「このパターンってもう、飽きました?」

みたいな感じで、ボールを通じて相手とコミュニケーションを取るつもりで良い。

その中で、相手に飽きさせない、ように意識するだけで、きっと試合には勝てますよ。

だって、相手は何やってくるか分からない訳ですから。

毎回単調な試合になっている、だから勝てないんだと思います。

まずはそこに、気付くことだと思いますよ。

 

相手を飽きさせない、おもてなしの工夫を。

「いや、そんな余裕ないよ・・・」という人には、ずっと余裕なんて生まれません。

アナタの持てる技術で、相手を飽きさせない、揺さぶるようなテニスは出来ます。

だからこそ、必要なのはアナタの意志です。

相手が飽きないテニスは、きっとアナタ自身も飽きない。

楽しく試合、出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. 戦術

    良いショットはある、は強さにならない

    記事の更新が滞っておりました…楽しみに待たれていたみなさん、申し訳御…

  2. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

  3. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から

    今すぐ、ストロークをパワーアップしたい。そんなアナタにまずオス…

  4. テニス コントロール

    戦術

    「ラインギリギリのボール」は、入っていると信じ込んで、更に前に

    テニスの試合で、勝ち切れない人。どこか試合中も、覇気が無いし自…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  6. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?

    テニスで有効な攻撃。これが出来る場所、に自分がしっかり立ててい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ
  2. ダブルス

    挑戦企画は、こういうペアにお勧めです
  3. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよ…
  4. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?
  5. テニス センス

    メンタル

    テニス業界に根強い「実績至上主義」が、私は大嫌いです
PAGE TOP