テニス メンタル

戦術

テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

こういう考え方、持っていると試合で楽ですよ。

対戦相手を、戦いつつも、飽きさせない。

自分が攻撃していく、その技を相手に堪能してもらう。

アナタ自身が、おもてなしするくらいの感覚、大事だと思いますよ。

 

テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

1.相手を「飽きさせない」

どの程度、みなさんのテニスでこれが実践出来るでしょうか?

単調にならない、なるべく色々な技を見せていく。

これだけで、相手は嫌だと思いますよ。

リターンにしても、長い、短い、そこにロブが入ってくる、ダブルスならストレートにも打てる。

相手を攻撃していこう、と考えるよりも、「飽きさせない」という発想で考えてみる。

ちょっと、ワクワクしてきませんか?

 

2.ちょっとした変化でも、相手にとっては嫌なもの

これは、本当です。

アナタ自身としてはちょっとした違いでも、相手にとってはえらい違いになってくれる。

「これとこのショットは、差が無いかな」と思うのは、アナタの思い込み。

相手からすると、回転が違う、テンポが違うだけで、かなりプレッシャーになるはずです。

大事なのは、違いをアナタ自身がリードして生んでいくこと。

その生んでいく感覚は、相手を「飽きさせない」という感覚が大事だと思います。

 

3.自分が自分のテニスに飽きてはいないか?

これ、みなさんどうでしょう。

自分自身、のテニスに自分が飽きているような感じ、ないですか?

こういう人は、プレーが単調になりやすい。

まず、気付いていないケースがほとんどですけどね・・・。

もっと、自分のテニスを客観視して、自分で飽きないような工夫も大事ですよ。

だって、自分のテニスが面白くないのに、試合に出続けるのもしんどいじゃないですか。

継続していく技術、も大事ですが、どちらかというと同じような試合になっている方が多いような気がします。

 

4.試合とは、相手との会話です

以前にも書きましたが、ラリーを通じて相手と会話しましょう。

「このボール、どうですか?」

「このパターンってもう、飽きました?」

みたいな感じで、ボールを通じて相手とコミュニケーションを取るつもりで良い。

その中で、相手に飽きさせない、ように意識するだけで、きっと試合には勝てますよ。

だって、相手は何やってくるか分からない訳ですから。

毎回単調な試合になっている、だから勝てないんだと思います。

まずはそこに、気付くことだと思いますよ。

 

相手を飽きさせない、おもてなしの工夫を。

「いや、そんな余裕ないよ・・・」という人には、ずっと余裕なんて生まれません。

アナタの持てる技術で、相手を飽きさせない、揺さぶるようなテニスは出来ます。

だからこそ、必要なのはアナタの意志です。

相手が飽きないテニスは、きっとアナタ自身も飽きない。

楽しく試合、出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「目の前のリード」など、一瞬の安らぎにもならない

    繰り返し書いて来ましたが、まだまだ私たちの意識は甘い。リードし…

  2. 戦術

    ある程度のレベルまでは、前衛が動いただけで慌ててくれる

    ダブルスの試合、一つこれが相手のレベルを測る目安になります。前…

  3. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件

    テニスの試合が、行われる時間について。みなさんは、どんな感覚を…

  4. 戦術

    コードボールも、自分リスクを冒した一つの結果

    試合の中で、自分が打ったボールがネットに当たる。そのボールが…

  5. 戦術

    セオリーだけでは、脅威に成り得ない

    どこかで、試合の中ではみ出してみる。こういう意識、アクション…

  6. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないそ…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく
  3. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでスピン回転がかからない人は、ボールに合わせてスウィングを調整し過ぎ
  5. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?
PAGE TOP