テニス メンタル

日々の雑記

断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。

テレビでもサッカー、スケートに最近ではバドミントンや卓球、がものすごく躍進してるじゃないですか。

言わば、テニスに近いスポーツ。

その競技で、男女共に日本選手が世界を舞台に活躍している、勢力図を塗り替えようとしている。

これは、本当に頼もしく思うと同時に・・・やっぱり、刺激を受けますよね。

私たちテニス人も、もっともっと、頑張らないとな、と。

 

「国の代表でもないのに、大げさじゃない?」と思う人も多いでしょう。

本当に、そうでしょうか?

私は、そんなこと無いと思いますよ。

以前にも書きましたが、日本テニス界の主役は、読者のみなさん、一人一人。

一人一人の、現役一般プレイヤーのみなさんが、テニス界を形作っていると、私は本気で考えています。

じゃないと、こんなに記事を更新することも無いでしょう。

 

断言出来ます。

私はそれなりにテニス界に身を置いて長く、また離れても長い時間が経ちました。

でも、「今まで一番感動した試合は、何ですか?」と聞かれたら、たくさんの「一般の方の試合」が思い浮かびます。

それこそ、全日本とかジャパンオープンの試合、では無いんですよね。

 

草トーナメントの試合で、本気で戦うみなさんの姿。

ベテランカテゴリでは、本当に身体を削りながら、最後まで黄色いボールを追いかける70歳以上の方。

夫婦生活を投げ捨ててまで、女子連の試合に命を懸ける主婦の方。

こういった人たちの試合が、私の脳裏から離れることはありません。

勝っても負けても、何かが変わる訳じゃない、メダルがもらえる訳じゃない。

でも、何よりその自分に挑戦していく姿に、心を打たれた衝撃は忘れられません。

もちろん、今でもそうです。

日々、一般の大人のみなさん、ベテランやシニアのみなさんの試合を観ると、心がゆすられる。

この想いがあるからこそ、私は記事を書き続けていけるんだと、感じています。

 

なんでこんなことを書いたのかと言えば、それはやっぱりテニスの力、だと思うから。

赤の他人を、感動させる力がテニスの試合にはある。

もちろん、他競技だって、そうだと思いますよ。

でも、私はテニスほど人間臭く、またトータルでの人間力が試される競技は無いと思っています。

過去の実績なんて、関係無い。

ジュニア上がりだろうが女子連A級だろうが、まず相手の前に自分に打ち勝たないと。

そうやって挑戦していく人を、私は一人でも多く増やしたい。

 

勝負があるから、勝ち負けがあるから楽しい。

自分を成長出来る。

そして、結果的に人を感動させることが出来る、のがテニスです。

 

人を感動させることが出来るのは、プロ選手だけですか?

そんなことはありません。

学生のみなさんでも、一般で頑張る社会人、ベテラン、主婦やシニアのみなさんでも。

テニスの試合で、人を感動させることは必ず出来ます。

なぜなら、本気の人を見ると、人は素直になれるから。

心をゆすられるんですよ、本当に。

 

さぁ、そんな試合をコートで表現していきましょう。

アナタ自身、まだまだ目指す未来は先にある。

人を感動させるくらい、大きなイメージでテニスを頑張っていきましょう。

実は、この記事でめでたく4,000記事目、です。

その節目に、自戒と自分の想いを込めて。

これからも、みなさんと共に頑張っていきます。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

  2. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく

    今日の平昌オリンピック、男子フィギュアスケート。ご覧になってい…

  3. テニス 練習

    日々の雑記

    勝つことは難しくない、勝ち続けることが難しい

    今は、まさにテニスの試合や大会が多いシーズンですよね。ちょうど…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    新年明けましておめでとう御座います

    遅くなりましたが、新年明けましておめでとう御座います。更新が滞…

  5. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い

    「テニススクールのアルバイトをしていますが、人間関係で悩んでいます」…

  6. テニス サーブ

    日々の雑記

    「初心者を大切にしない」テニス界って、最高にダサいと思う

    スポーツの秋・・・と言えば聞こえは良いですが、ちょっと寒すぎですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「ボールの落下点真下」に入ると、意外とスマッシュは打ち辛い
  2. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと
PAGE TOP