テニス メンタル

日々の雑記

断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。

テレビでもサッカー、スケートに最近ではバドミントンや卓球、がものすごく躍進してるじゃないですか。

言わば、テニスに近いスポーツ。

その競技で、男女共に日本選手が世界を舞台に活躍している、勢力図を塗り替えようとしている。

これは、本当に頼もしく思うと同時に・・・やっぱり、刺激を受けますよね。

私たちテニス人も、もっともっと、頑張らないとな、と。

 

「国の代表でもないのに、大げさじゃない?」と思う人も多いでしょう。

本当に、そうでしょうか?

私は、そんなこと無いと思いますよ。

以前にも書きましたが、日本テニス界の主役は、読者のみなさん、一人一人。

一人一人の、現役一般プレイヤーのみなさんが、テニス界を形作っていると、私は本気で考えています。

じゃないと、こんなに記事を更新することも無いでしょう。

 

断言出来ます。

私はそれなりにテニス界に身を置いて長く、また離れても長い時間が経ちました。

でも、「今まで一番感動した試合は、何ですか?」と聞かれたら、たくさんの「一般の方の試合」が思い浮かびます。

それこそ、全日本とかジャパンオープンの試合、では無いんですよね。

 

草トーナメントの試合で、本気で戦うみなさんの姿。

ベテランカテゴリでは、本当に身体を削りながら、最後まで黄色いボールを追いかける70歳以上の方。

夫婦生活を投げ捨ててまで、女子連の試合に命を懸ける主婦の方。

こういった人たちの試合が、私の脳裏から離れることはありません。

勝っても負けても、何かが変わる訳じゃない、メダルがもらえる訳じゃない。

でも、何よりその自分に挑戦していく姿に、心を打たれた衝撃は忘れられません。

もちろん、今でもそうです。

日々、一般の大人のみなさん、ベテランやシニアのみなさんの試合を観ると、心がゆすられる。

この想いがあるからこそ、私は記事を書き続けていけるんだと、感じています。

 

なんでこんなことを書いたのかと言えば、それはやっぱりテニスの力、だと思うから。

赤の他人を、感動させる力がテニスの試合にはある。

もちろん、他競技だって、そうだと思いますよ。

でも、私はテニスほど人間臭く、またトータルでの人間力が試される競技は無いと思っています。

過去の実績なんて、関係無い。

ジュニア上がりだろうが女子連A級だろうが、まず相手の前に自分に打ち勝たないと。

そうやって挑戦していく人を、私は一人でも多く増やしたい。

 

勝負があるから、勝ち負けがあるから楽しい。

自分を成長出来る。

そして、結果的に人を感動させることが出来る、のがテニスです。

 

人を感動させることが出来るのは、プロ選手だけですか?

そんなことはありません。

学生のみなさんでも、一般で頑張る社会人、ベテラン、主婦やシニアのみなさんでも。

テニスの試合で、人を感動させることは必ず出来ます。

なぜなら、本気の人を見ると、人は素直になれるから。

心をゆすられるんですよ、本当に。

 

さぁ、そんな試合をコートで表現していきましょう。

アナタ自身、まだまだ目指す未来は先にある。

人を感動させるくらい、大きなイメージでテニスを頑張っていきましょう。

実は、この記事でめでたく4,000記事目、です。

その節目に、自戒と自分の想いを込めて。

これからも、みなさんと共に頑張っていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

  2. テニス テニススクール

    日々の雑記

    日本のテニスの草トーナメント大会って、本当にピンキリ

    一昨日の土曜日、久しぶりに団体戦の草トー大会に私も出て来ました。…

  3. テニス 練習

    日々の雑記

    勝つことは難しくない、勝ち続けることが難しい

    今は、まさにテニスの試合や大会が多いシーズンですよね。ちょうど…

  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?

    いよいよ、今夜は日本もワールドカップの初戦ですね。普段テニスを…

  5. 日々の雑記

    サンタの恰好をするテニスコーチ、に一言

    私は昔、苦手でした。この時期になると、みんなでサンタの恰好を…

  6. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。今回は、学生の皆…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」
  2. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパタ…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
PAGE TOP