テニス メンタル

日々の雑記

「記事で書いてあることをやったら、コーチから怒られました」というみなさんへ

アンケートにご協力頂いたみなさん、ありがとう御座いました!

回答頂いても何も特典も無い中で、100名近い読者の皆さんには、本当に感謝です。

フリーで記述して頂く箇所にも、たくさんのご意見、励ましの言葉があり・・・読み返しては自分の励みにしています。

 

そんな中で、数名の方に書いて頂いたのが・・・

「記事で書いてあることをやったら、コーチから怒られました」

ということ。

 


 

うん、すごく分かります。

申し訳ないですが、これは仕方ないこと・・・なんです。

なぜなら、私がお伝えしているヒントやアイデアは、「既存のセオリーと、逆をいく」ような内容も多いですから。

むしろ、セオリー通りやっている相手、をどうやって倒すのかが大きなテーマ、だと思っています。

常識を疑って、工夫しては基本に立ち戻る。

テニスって、これの繰り返しが一番上達する。

ですので時に、刺激的なアイデアも私なりに書いているつもりです。

 

・デッドゾーンでプレーしよう

・ライジングショットをメインで使おう

・シングルスこそネットプレーを入れよう

・ロブは低くて速い方が良い

 

みたいなことは、テニススクールでは教えられないし「邪道」とされるケースも多いはず。

レッスン中に実践したら、怒られることもあるでしょう。

でもこれって、良いきっかけになるはずです。

 

「自分はこう考えて、これをやろうとしている」と、説明する。

日本人なら、誰しも苦手にしている部分ですよね。

自己主張、ということが出来ないと、テニスでも本当に上で戦うのは難しい。

今回コーチから「違うじゃないか!何でそんなことするんだ!」言われたなら、本音で話し合う良いチャンス。

指摘して来るコーチも、アナタの為を想って言ってくれている訳ですからね。

T-PRESSを通じて、こういうコミュニケーションが生まれるなら私も本当に嬉しいです。

だってそれが、アナタ自身が試合に勝てる選手になる一番の近道、なはずですから。

 

繰り返しになりますが、こちらのサイトも日々「ヒント」を更新しています。

あくまでヒント、ですので、試すも活かすも皆さん次第。

引き続き、読んでもらえるように頑張って更新していきます!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. 日々の雑記

    私たちのテニスは、右脳的に

    もっと、私たちのテニスの可能性は無限にある。これは、何度もT…

  2. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるように

    いつも、サイトをご覧頂きありがとう御座います。コメントやTwi…

  3. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで

    最近、考えていることがあります。旅に出たい、と。旅と…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    挫折を経験出来ることこそ、テニス選手の魅力

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近はずっと、関…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする

    昨日のマスターズの決勝、TVでご覧になっていた方も多いと思います。…

  6. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう

    8月も、もう後半。みなさん、お盆の時期はいかがお過ごしでしたか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど
  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ…
  3. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  4. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  5. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
PAGE TOP