テニス 部活

日々の雑記

なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?

今日は有明テニスの森公園に行く機会があり、関東学生テニストーナメントを少しだけ観戦して来ました。

男女の個人戦の準決勝。

個人的には、今までほぼ一部リーグだけの顔ぶれでしたが、男子では三部の駒澤大のダブルスが残っていたり、新しい大学も4強に残っていて印象的でした。

待っているチームの雰囲気を見ても、良い意味で昔のような古い体育会気質は無くなってきているように思います。

こういう改革は、きっと上位校の方が進んでいる。

勝ち切れない下部の大学、ほど古い慣習から抜け出せない、だから勝てない。

勝てないから余計に自信を無くして、新しい仕組みを取り入れられない。

この悪循環に陥っているように思います。

 


 

古い体育会の気質って、何でしょう。

代表格は、テニスに限らず「一年生は仕事の山をこなす」ことにあると思います。

私も経験してきました、高校、大学と・・・。

もちろん、それで勉強になったこともたくさんありますが、今思い出すと仕事ばかりに頭が一杯で、なかなかテニスに集中出来ない時期も多かった。

特に大学一年生、は生活環境も大きく変わる時期ですし、その時期に部活の仕事や雑用まで一気に増えること、は負担になる。

せっかく良い素質を持っていても、一年生のタイミングでそれを埋もれさせてしまう・・・ことも、テニス界ではよくある話。

真剣に向き合って、改革していく時期に来ていると私は考えています。

 

二年生、三年生からすると、「やっと自分たちの仕事が終わったのに・・・!」と思うでしょう。

でも、それって結局「今までずっと、こうやってきたから」という背景があるから、それにすがっているだけ。

もし、一年生の負担を減らして二年生、三年生がサポートに回れば・・・どうでしょう?

一年生は自立して、自分たちから仕事を見つけてやりだす、主体的に動ける大学生らしいテニス部員になると思いませんか?

自主的なチームは、保守的な体育会気質のチームよりも強くなる。

これは間違いない、と思います。

 

さて、ここで皆さんに発表があります。

何度か、これからも書いていきますが、この5月で「てにすまんPRESS」はサイトを大きくリニューアルします!

サイト名、ドメイン(URL)、デザイン、から全て変えて、また一から生まれ変わる予定です!

今までも、サイトが重い、遅い、見辛い・・・など、たくさんのご意見を頂いてきましたが、なるべく改善出来るように、今回頑張って変えていく予定です。

 

本格的にサイトを初めて3年、これから次のステップに向けては、新しいチャレンジが必要だと考えています。

もちろん、ほとんどの記事は新サイトでも引き続き、ご覧頂ける形で移行したいと思っております。

どうなるか分かりませんが・・・皆さんに「挑戦」を訴えている以上、このサイトも常に変わり続けて挑戦していくつもりです。

詳細は随時、ご報告して参りますので、お楽しみに・・・!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. + POWER CUP について
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス 環境

    日々の雑記

    T-PRESSがどんな価値を生み出して、どんな場所になれるのか

    最近、お昼を外に食べに出る機会が多いのですが・・・ふと、考えることが。…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと

    急に暖かくなったり、寒くなったり・・・。みなさん、体調を崩して…

  3. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少しでも、読みやすい文章に・・・

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近、改めて自分…

  4. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず

    日本シリーズ、ソフトバンクホークス強かったですね。第6戦は私も…

  6. 日々の雑記

    横浜DeNAベイスターズの勢いが凄い、のには理由がある

    私が住んでいる横浜、去年くらいからすごく感じることがあります。…

特集記事

  1. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう
  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている
  5. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう
PAGE TOP