テニス 陸上

日々の雑記

1つのことだけに集中する、だけが素晴らしいことじゃない

少し前の話になりますが、先週末に行われた陸上の日本選手権。

男子100mに注目が集まっていた大会で、ご覧になっていた方も多いと思います。

そこで決勝の第3レーン、の選手に「ん?」と思った方もいるんじゃないでしょうか。

 


 

高橋周治選手、現役の医学大生で愛知医科大学の所属として、アナウンスコールをされている姿が、そこにはありました。

日本スポーツ界では珍しい、スポーツ最高峰の舞台で現役の医大生として出場。

これって、本当に難しいこと・・・なんじゃないかなと、私は改めて思いました。

 

もちろん、勉強を続けながらのスポーツ、自体も難しいのは明らかですよね。

人の倍、いやそれ以上の行動力と継続力、が無いと続かない。

そのどちらかでしっかり成績を残す、実績を出すだけでも難しいのに、両方となると・・・本当に頭が下がります。

 

でも、それを難しくしているのは、実は日本という国の風土なんじゃないかなと、改めて感じます。

「初志貫徹、何か一つのことを続けること、極めることこそが美徳である」という風潮、根強くありますよね。

テニス界でも一緒です。

私自身、色々試行錯誤しながらプレースタイルを変えたり、ときには違う種目の選手やコーチから話を聞くようなタイプでしたが、よく「一貫性が無い」「継続性が無い」と注意されました。

何が正しい、というのはもちろん無いと思いますが、「色々なことにチャレンジして、全て成功する」というのは、日本には無い文化なのかなと。

よく、「文武両道、日本に無し」とスポーツ界では海外から揶揄されていますが、それも否定できないでしょう。

今回のような高橋選手は稀なケースで、ほとんどのスポーツ選手がテニスに限らず「大学の宣伝になれば、成績は二の次」なのが、悲しいかな現状です。

 

結果的に、スポーツ界全体で人材が育たない。

私もあえて、言わせてもらえば、出会いが少ない中でも「テニス界で、本当に尊敬出来る人」はすごく少ない。

人間的に、自分を刺激してくれる、成長させてくれるような人には、ほとんど出会えたことがありません。

皆さん、テニスに対してはすごく一生懸命だし、熱心。

でも、それだけ。

 

だからこそ、私は今、この文章を読んでもらっている人にお伝えしたい。

テニスだけ、に収まらないで欲しい。

全ての人生は、色々な体験や経験はきっとテニスの役に立つ。

だからこそ、テニス以外にも興味があること、どんどん挑戦して2足、3足の草鞋を履いて人生を歩んで欲しい。

きっとテニスも、それに応えてくれるでしょう。

先週末の100mの決勝レースを見て、ふと感じたこと。

陸上界・・・面白い子いるじゃん!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    やっと落ち着きました・・・

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。やっと、サイトの…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近の若者は…

    先月も、色々な出会いがありました。特に印象的だったのは、今年…

  3. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?

    今日は有明テニスの森公園に行く機会があり、関東学生テニストーナメントを…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。今回は、学生の皆…

  5. テニス

    日々の雑記

    僕らの試合は、オリンピックのそれとは違う

    ふと、昨晩テレビをつけてみると・・・オリンピック!毎回思うのが、「…

  6. テニス シングルス

    日々の雑記

    テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い

    「テニススクールのアルバイトをしていますが、人間関係で悩んでいます」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 雨

    メンタル

    テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長…
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスでミスが多いと嘆く人に声を大にして言いたい、「アナタのそれ、ミスではなく実…
  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  5. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事
PAGE TOP