テニス サーブ

シングルス

「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

自分はストローク主体のプレースタイルだし、サーブもそんなに強くないからサーブ&ボレーなんて出来ない・・・。

そう思っている方、もったいないです。

シングルスでも考え方と使い方によっては、きっとサーブ&ボレーは使える作戦になります!

 

「シングルスでのサーブ&ボレー」は、戦略的に使えば試合を優位に進められる!

 


 

■相手がリターンをつなぎたいとき、それを許さない作戦として

サーブ&ボレーは、相手の戦略によって出し入れをする。

この形は、一般プレイヤーにこそ活かされます。

40-30など、まずはリターンを確実に返球して・・・と相手が考えるときには、浮いたボールが来る可能性が大。

後ろにいるよりは、前で触りにいきましょう!

 

■相手ストロークの打点を「低く」さえできれば、パッシングは怖くない!

サーブ&ボレーには、強烈なサーブが必要?

そんなことはありません。

むしろ速いサーブだと、速く前に移動するアナタの脚力、フットワークも必要になります。

それよりも、遅くて低いサーブだとどうでしょう?

打点が高いとパッシングも怖いですが、低い位置からはネットプレー側が有利となる場合も多い。

ミスを誘えれば、精神的なダメージも与えられて、心理的にも優位に立てます。

 

■アナタ自身がスマッシュを磨けば、格下相手は手詰まりになる。

サーブ&ボレー、と言いますが、重要なのはスマッシュです。

スマッシュが打てなければ、相手は永遠ロブを上げてきます。

逆にしっかり上をふさぐと、与えるプレッシャーはとてつもなく大きい。

ファーストボレーを入れた後、のボールに関してもスマッシュの技術は必須です。

 

とにかく一度、トライしてみれば何かが変わります。

最初から上手くいくイメージよりは、試行錯誤で改良していきましょう。

技術的な部分も大切ですが、ポイントに応じていつ実行に移すのかも大事。

洞察力を、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

    シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?…

  2. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  3. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  4. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

  5. シングルス

    シングルスの試合で、深いストロークが打てない方へ

    シングルスの試合に出ているけど、ストロークに深さが出ない。すぐ…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合では、「ボールを追いかけて背面ショット」の技術も必ず求められる
  2. テニス メモ

    日々の雑記

    「本音でメルマガ」を始めます
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」…
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「冷静にクロス勝負での実力差」を考えて前衛は動こう
  5. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
PAGE TOP