テニス ボレー

シングルス

テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。

漠然と、相手が「どこに打ってくるのか、分からない・・・」とき、ありませんか?

試合に出始めたばかりの方は、「こんな広いコート、一人じゃ守り切れない!」と思う方も、多いでしょう。

そんな方に、ヒントはコチラです。

 

テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

 


 

1.ある程度の法則があるから、テニスの試合はラリーが続く

プロ選手の試合、ストロークのラリーが長いポイントも多いですよね。

もちろん、技術だったりサーフェスの遅さにも寄りますが、何となくラリーの「法則」を掴むのが上手い。

法則があるから、お互いに予測してラリーがつながる。

この部分、試合に出始めたばかりの皆さんでも、意識すれば気付けるはず。

「何となく、このコースの次は、ココに来るな・・・」ということが、分かるはずなんです。

 

2.堅実派はクロスラリー、速攻ははストレート展開

大まかに分けると、こんな感じです。

シングルスの試合で、手堅い相手はクロスラリーを好む。

そして速攻型の選手はどんどん、ストレートに展開して来ます。

「その2タイプ、どうやって見極めるの?」と思う方は、相手のポジションを見てみましょう。

手堅い相手はベースラインより1メートルくらい後ろ、速攻型の選手はベースライン上、くらい前にいるはずです。

この小さい違い、だけで判断は難しいですが、一つの目安にはなるはず。

後は試合が始まってみて、ですね。

実際に相手が打って来る傾向、そこに法則を見出すのはアナタの仕事です。

 

3.自分から焦って攻撃していく必要は、全く無い

法則に気付いて、「よし!」と思って慌てないように。

予測が当たっても、一気に攻撃する必要はありません。

ジワジワ、数回のラリーで追い込んでいくイメージ、で良いでしょう。

試合慣れしていない選手は、ちょっと相手の癖を見抜くと舞い上がって一気に決めたくなりますが、それは危険。

法則を掴んだなら、手放さないこと。

じっくり料理して、試合に勝てればそれで万々歳、ですよね。

 

もちろん、試合の途中で変えてくる相手もいるでしょう。

「読まれているな・・・」と。

でも、そういう相手は上のレベルでも少ない気がします。

まずは得意のコース、法則を見付けて料理していく。

結構癖って、最後まで抜けないモノ。

シングルスの試合、序盤が勝負です!

■シングルス初心者の方、にもお勧めの本↓です

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

  2. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

    テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

    アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することにな…

  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?

    試合に早い人は、ミスが早い。でもそのミスって・・・原因は何でし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「発展しないサーブとは?」打点を意識して変えることでアナタのテニスは勝てるように…
  2. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよ…
  3. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するた…
  5. 戦術

    プレッシャーになっていない、ただの自己満じゃない?
PAGE TOP