テニス ボレー

シングルス

テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。

漠然と、相手が「どこに打ってくるのか、分からない・・・」とき、ありませんか?

試合に出始めたばかりの方は、「こんな広いコート、一人じゃ守り切れない!」と思う方も、多いでしょう。

そんな方に、ヒントはコチラです。

 

テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

 


 

1.ある程度の法則があるから、テニスの試合はラリーが続く

プロ選手の試合、ストロークのラリーが長いポイントも多いですよね。

もちろん、技術だったりサーフェスの遅さにも寄りますが、何となくラリーの「法則」を掴むのが上手い。

法則があるから、お互いに予測してラリーがつながる。

この部分、試合に出始めたばかりの皆さんでも、意識すれば気付けるはず。

「何となく、このコースの次は、ココに来るな・・・」ということが、分かるはずなんです。

 

2.堅実派はクロスラリー、速攻ははストレート展開

大まかに分けると、こんな感じです。

シングルスの試合で、手堅い相手はクロスラリーを好む。

そして速攻型の選手はどんどん、ストレートに展開して来ます。

「その2タイプ、どうやって見極めるの?」と思う方は、相手のポジションを見てみましょう。

手堅い相手はベースラインより1メートルくらい後ろ、速攻型の選手はベースライン上、くらい前にいるはずです。

この小さい違い、だけで判断は難しいですが、一つの目安にはなるはず。

後は試合が始まってみて、ですね。

実際に相手が打って来る傾向、そこに法則を見出すのはアナタの仕事です。

 

3.自分から焦って攻撃していく必要は、全く無い

法則に気付いて、「よし!」と思って慌てないように。

予測が当たっても、一気に攻撃する必要はありません。

ジワジワ、数回のラリーで追い込んでいくイメージ、で良いでしょう。

試合慣れしていない選手は、ちょっと相手の癖を見抜くと舞い上がって一気に決めたくなりますが、それは危険。

法則を掴んだなら、手放さないこと。

じっくり料理して、試合に勝てればそれで万々歳、ですよね。

 

もちろん、試合の途中で変えてくる相手もいるでしょう。

「読まれているな・・・」と。

でも、そういう相手は上のレベルでも少ない気がします。

まずは得意のコース、法則を見付けて料理していく。

結構癖って、最後まで抜けないモノ。

シングルスの試合、序盤が勝負です!

■シングルス初心者の方、にもお勧めの本↓です

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?

    シングルスの試合で、簡単に負けてしまう方へ。まず、大事なのはし…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること

    私は何度も、「相手からミスをもらうこと」の重要性を書いて来ました。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない

    シングルスの試合で、相手から時間を奪うテニス。まさに、錦織選手…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「テニスのシングルスの試合でドロップショットを活かす」打った後のポジショニング5箇条

    シングルスの試合でリズムに変化を付けたいとき、あなたはどんな武器を持っ…

  6. テニス 試合

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない
  2. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!
  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう
  4. テニス 観察眼

    戦術

    相手のミスで得点、嬉しい?嬉しくない?
  5. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます
PAGE TOP