テニス 予測

メンタル

大事なポイントで、正確な予測をする為に

ここぞ、という場面、テニスの試合でありますよね。

タイブレーク、5-5、のような場面・・・でしょうか。

もしアナタがこのとき、コートに立っていたらどんな選択をするでしょうか?

攻撃的?守備的?

でも、大前提として的確な「予測」が欲しい・・・ですよね?

 

大事なポイントで、正確な予測をする為に

 


 

■相手を知るには充分な時間があるはず

試合も終盤、となれば、きっと相手を観察して情報を得る時間はたっぷりあるはず。

しっかりと、得意なショット、パターンを把握しておくことが大事です。

緊張する場面、絶対にポイントが欲しい場面では、きっと相手も「得意パターン」で来る確率が高い。

テニスは得てして、そういうスポーツです。

 

■試合の序盤に見付けた得意パターンへの反撃は、とっておくこと

試合の序盤に相手の得意パターン、を見つけたらしめたもの。

それをしっかり、温めておきましょう。

ある程度、やられてみせるのも良い。

しっかり長いスパン、で考えて試合を進めていきましょう。

もちろん、どんどん同じパターンで攻撃されているときには反撃も必要ですが、ハッキリとした反撃は試合の終盤、にとっておきたい。

タイブレーク、ここぞのブレイクポイント、きっとアナタの予測の助けになるはずです。

 

■得意パターンを攻略するのは、終盤に限る!

試合の終盤に、相手のメンタルを折れば勝てる!

その為の布石を、序盤から中盤で打っておくことが試合巧者の取る作戦です。

「そんな余裕ないよ・・・」と思うかも知れませんが、まずこの発想があるかどうか。

発想が無ければ、余裕も何も無いですからね。

序盤に見つけて、温めて終盤に攻略してメンタルを折る、そのまま試合をものにする。

このイメージでいきましょう!

 

試合は、アナタが思っている以上に長くなる。

この覚悟を、まず決めましょう。

その為に、試合後半に使える情報は意識して取っておきましょう。

これは汚い作戦、だと思いますか?

テニスの戦い方としては、常套手段・・・です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  2. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    相手をおちょくってみる、という意識は必要

    テニスの試合、ちょっとした意識の問題について。言葉は悪いかもし…

  4. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に隙だらけ

    どんなスポーツの試合にも、逆転は付き物。自分が逆転する側になる…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い

    一度実績を残すと、それで満足してしまう人。これが多いのが、悲し…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

    テニスの上達が早い人。そういう人は、自分自身で大きな刺激を受け…

特集記事

  1. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう
  2. ストローク

    バックハンドストロークが苦手な人は、「失敗しても振り切るスウィング」から練習して…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る
  4. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく
  5. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?
PAGE TOP