ボレー

ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

これはダブルスに限った話では無いのですが・・・。

ボレーを打つ、という行為は、その打つ場所に応じて求められるものが違う。

全てが攻撃的に、とはいかないのがテニスの難しいところなのです。

 

ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

 


 

■ネットから遠い位置から、スライス系ボレーでは攻撃が難しい

ボレーには、大きく分けて2種類がある。

それは、スライス回転なのか、スピン回転なのか。

スピン回転はドライブボレー、ですから、ほとんどのボレーはスライス回転なはず。

このスライス回転のボレー、サービスラインくらいネットから離れた位置からだと、なかか攻撃的に打つのは難しい。

ましてや直線的なボレーだと、ネットを超えてもアウトする可能性も高い、ですよね。

 

■攻撃するなら、ドロップ系かロブボレー

ダブルスの試合、相手のポジションに応じてボールを「運ぶ」コースは変わる。

相手が2人、後ろにいるなら前に落とすドロップ系が有効になるし、しっかり前にいるならロブボレーで後ろのスペースを使いたい。

アナタ自身がサービスラインくらいからボレーする、攻撃する、のであればこういった視点が大事です。

力任せに直線的なボールを打っても、ミスするだけですよ。

ネットから遠いので、当然ハーフボレーのような技術も求められる。

いや、ミスというか選択間違いなので、ミスでは無いですね、実力不足です。

 

■自分がいるポジションと打点、で攻守を切り替えよう

ドロップ系かロブボレー、で攻撃出来るときは良い。

ですが実際に、打つコースに悩む厳しい守備的なショットも増えるはず。

そこで、「あ、ここは守備だな・・・」という感覚を掴むには、アナタ自身が自分がいるポジションをしっかり把握していないとダメ。

テニスでは、攻撃も守備も、全て自分でやらないといけないのです、ダブルスでも。

相手が打ってから考えるのではなく、相手が打つ前から、「ここに来たら、こう守備をしよう」とイメージしておく。

こういった細かい準備の意識、ありますか?

無いと、いつでも慌ててバタバタと間違った選択しか出来ませんよ。

 

ショットの選択ミス、攻守の切り替えミスはもったいない。

なぜなら、減らせるミス、だから。

まずはサービスライン付近でのネットプレー、アナタ自身今までどうだったか振り返ってみましょう。

結論が出ないままに、中途半端になってはいませんか?

決断を早くするだけ、でも試合に強くなるのがダブルス。

ネットプレー、サービスライン付近でこそ実力差が現れると自覚しましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?

    ボレーのタッチ感覚、みなさんは自信ありますか?私は自信がある、…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチは「2本で1セット」で考えれば、攻撃に厚みが出る

    ダブルスの前衛でのポーチ、皆さんは決定力・・・ありますか?私自…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

    テニスにおいて難しい技術の一つは、ネットより低い位置のボレー。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

    男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立…

  5. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です
  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    相手をワイドに走らせたら、身体の向きは相手に合わせよう
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「格下相手の試合でも、必ずプランB」を用意しておくことが大事
PAGE TOP