テニス ボレー

ボレー

ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「ポイントが獲れない、決まらない」という人がいます。

試合で勝ち続けるダブルスペアとの違いは、どこにあるのでしょうか?

 

ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?」

 


 

■ポーチボレーの目的は?

ダブルスでのポーチボレーの目的を考えてみましょう。

特に女子ダブルスではなかなか一発で決まるということは無いので、相手後衛にプレッシャーをかけることがまず大切。

試合の中で主導権を握って、相手の攻撃力を削いでいくことができればポーチは成功です。

しかし試合でなかなか勝ち切れないペアの前衛は、「自分で決める!」という意識が大き過ぎてミスしてしまうケースも多いように思います。

 

■一発で決めるのではなく、ポーチボレーもジワジワと攻める

ストロークではしっかり戦略立てて展開できる人も、ポーチボレーになると途端にプレーが淡泊になる方が多いです。

そういう選手は、得てしてカウンターの餌食になって反撃されます。

テニスの試合巧者の相手であれば、ポーチからの反撃を常に狙っていますので、細心の注意が必要です。

自分の態勢を崩してまで、無理にポーチで押し込んでいく必要は無いのです。

であれば態勢を崩さない程度のボレーで相手に触れせて、その返球からまた2人で攻撃していく形を意識しましょう。

 

■しっかりペアと打ち合わせしておけば、ポーチから2人で攻撃していける

一人で決めようと思ってしまうと、力が入ってミスしますし、失敗したときの責任も一人で背負いこんでしまうことも。。

そうならないように、ダブルスは常にペアとの連携で作戦を実行していくようにしましょう。

後衛の人も、「前衛が出てくれたら終わり」ではなく、「チャンスが自分のほうに来るかもしれない!」と、狙う意識を持ちましょう。

特に雁行陣で戦うペアは、前衛のボレー合戦になったと同時に、自分も前に詰めていく意識で攻撃に参加していくようにしましょう。

 

ダブルスの試合に強いペアは、常に味方と連動しています。

個人で攻めているようで、しっかり片方のペアもサポートしている。

試合に勝てないペアは、ペアが攻撃しているときに「後ろから応援、そして期待」をしてるんですよね・・・。

これでは相手にとって、すごく楽です。

もう一度ダブルスのペアでしっかり確認して、2人で試合の1ポイントずつ挑んでいく姿勢を確認しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  2. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!

    相手が粘ったスライス、よしチャンスだ!と思ってボレーしようと思…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決められる!

    ハイボレーは簡単?そんな方は、どこか勘違いしているように思いま…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ
  2. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    角度を付けたアングルボレーを打ちたければ、「ラケットヘッドを立ててボールの横」を…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!
PAGE TOP