テニス ボレー

ボレー

ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「ポイントが獲れない、決まらない」という人がいます。

試合で勝ち続けるダブルスペアとの違いは、どこにあるのでしょうか?

 

ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?」

 


 

■ポーチボレーの目的は?

ダブルスでのポーチボレーの目的を考えてみましょう。

特に女子ダブルスではなかなか一発で決まるということは無いので、相手後衛にプレッシャーをかけることがまず大切。

試合の中で主導権を握って、相手の攻撃力を削いでいくことができればポーチは成功です。

しかし試合でなかなか勝ち切れないペアの前衛は、「自分で決める!」という意識が大き過ぎてミスしてしまうケースも多いように思います。

 

■一発で決めるのではなく、ポーチボレーもジワジワと攻める

ストロークではしっかり戦略立てて展開できる人も、ポーチボレーになると途端にプレーが淡泊になる方が多いです。

そういう選手は、得てしてカウンターの餌食になって反撃されます。

テニスの試合巧者の相手であれば、ポーチからの反撃を常に狙っていますので、細心の注意が必要です。

自分の態勢を崩してまで、無理にポーチで押し込んでいく必要は無いのです。

であれば態勢を崩さない程度のボレーで相手に触れせて、その返球からまた2人で攻撃していく形を意識しましょう。

 

■しっかりペアと打ち合わせしておけば、ポーチから2人で攻撃していける

一人で決めようと思ってしまうと、力が入ってミスしますし、失敗したときの責任も一人で背負いこんでしまうことも。。

そうならないように、ダブルスは常にペアとの連携で作戦を実行していくようにしましょう。

後衛の人も、「前衛が出てくれたら終わり」ではなく、「チャンスが自分のほうに来るかもしれない!」と、狙う意識を持ちましょう。

特に雁行陣で戦うペアは、前衛のボレー合戦になったと同時に、自分も前に詰めていく意識で攻撃に参加していくようにしましょう。

 

ダブルスの試合に強いペアは、常に味方と連動しています。

個人で攻めているようで、しっかり片方のペアもサポートしている。

試合に勝てないペアは、ペアが攻撃しているときに「後ろから応援、そして期待」をしてるんですよね・・・。

これでは相手にとって、すごく楽です。

もう一度ダブルスのペアでしっかり確認して、2人で試合の1ポイントずつ挑んでいく姿勢を確認しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・

    ボレーを練習していても、試合で使えない人。もしくは、ミスしてし…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

  4. ボレー

    テニスの試合で効果的なボレーは、「山なりで深い、遅い」が大前提です

    ボレーのイメージが間違っていると、試合で大事なポイントでミスになる。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?

    いくらストロークで追い込んでも、ハイボレーが決まらないと・・・なかなか…

  6. ボレー

    サーブ&ボレーのときの「ファーストボレーが安定しない」ときに改善したい4つのポイント

    サーブ&ボレーで難しいのは、まずファーストボレー。現代テニスで…

特集記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    「手より、まずは足」テニスの技術は下半身の動きがベースに、技術が威力を発揮する
  2. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り
  3. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる
  4. その他

    「グリップチェンジの基本は?」テニスの試合で上級者がクルクルラケットを回す理由
  5. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?
PAGE TOP