テニス ボレー

ボレー

テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

ボレーは丁寧につなぐことが第一。

それでも、4人でネットについて長く突っつき合いになってしまう・・・なんてことも、特に女性のダブルスの試合ではありますよね。

ソフトテニス経験者の方などは、思い切ったポジション変更、ラケットを振るドライブボレーもトライする方が多い。

ぜひ見習って、たまには思い切って振っていくボレーも身に付けておくと試合で効果的です!

 

テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

 


 

■思い切り良い判断が、試合の流れを変える

ボレー戦を制することができると、シングルスでもダブルスでも「乗って」いけます。

1ポイントが流れを変え、試合を動かすのがテニス。

リスクは正しく冒すことで、相手にプレッシャーを与えることができます。

「この選手は思い切り良いな・・・こっちも攻めないと・・・」と、相手にプレッシャーを与えることができるのです。

 

■女性の「ダブルスハンドバックボレー」は、むしろドライブボレーがお勧め!

両手バックハンドストロークが得意なら、多少高いボールはどんどん振っていきましょう。

低いボールや速いボールはもちろんスライスも必要ですが、高くて少し緩いボールはむしろこっちの方が打ちやすい。

ボレー戦の中でグリップチェンジして、いつでも積極的になれる自分を準備しておいて下さい。

 

■コンパクトに打ち終われば、構え直しも問題無し!

「やっぱりフォームが大きくなるのが、怖い・・・」という方は、打った後にラケットを身体の方に引き戻す動きを入れましょう。

フォロースルー、テイクバック、全てをコンパクトに。

そうすれば例え返球されても、次のボールに対応できます。

球出しの練習も、一度速いタイミングで3球程度続けてみて下さい。

自分自身で、必要なフォームが身に付いていくはずです。

 

「思い切りの良さ」は、相手にとって脅威です。

特に初中級者の方が積極的に、ネットでラケットを振るのは上級者でも嫌なもの。

とっておきの武器として、このドライブボレーは磨いておきましょう。

きっと格上相手の大事なポイントで、アナタの助けになってくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    スライスボレーを流してストレートに打ちたいなら、ラケットヘッドを下げて良い

    スライスボレーをしっかり打ちたい・・・けど、実戦だとどうでしょう。…

  2. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く反応できる!

    テニスの試合では、「当たり損ない」がエースになるケースもあります。…

  3. テニス 技術

    ボレー

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

    バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不可欠です

    テニスのラリーは、速い、遅いが瞬時に切り替わる。相手が打って来…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「選手にとっても、大きな一歩」テニスで足を出すことの意味は、ローボレーに

    ボレーが難しいと感じる時、それはローボレーを打つ時感じるかな。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「アナタのボレーは、何故アウトばかりになってしまうのか」を、スライス回転の質で考えてみる

    せっかくチャンスボールをネット近くでボレーしようと思っても、どうしても…

特集記事

  1. テニス シングルス

    戦術

    大事なテニスの試合の中で、「やって良いミス、悪いミス」を分けて考えよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つの…
  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない
  4. ストローク

    「滑るの禁止!」テニスのストロークで使う技術としては最終手段として持っておくこと…
  5. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?
PAGE TOP