テニス ダブルス

ダブルス

試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

皆さん、実際の試合前、どうでしょう?

初めて組むペア、というよりは何度か試合に出ている「頑張っていきたい、組み込んでいきたいペア」との試合前の会話。

強くなりたい、試合に勝ちたいなら、その会話から考えていきましょう。

あくまで私の経験、感覚でお話させて頂きます。

 

試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

 


 

1.堅く考えなくても、良いと思う

私も、色々悩んだ時期がありましたが・・・。

あまり試合前、細かく決めたり話し込んだりするのも、逆効果な場合もある。

対戦相手、よく戦ってきた知っている相手なら別ですが、ほとんどは初対戦の相手、でしょう。

だからこそ、「やってみないと分からない部分」は多いじゃないですか。

私はいつも、「対戦相手の、この辺見て対応しようか」ということだけ話しておきます。

ボレーがどの程度出来るのか、雁行陣?並行陣?、動いてくるタイプかどうか?を、早めにポイントを絞って見極める。

その打ち合わせは、しておいて損は無いと思います。

 

2.どっちからサーブを打つのか、とリターンのサイドを決めておく

あとは、サーブとリターンですね。

ここはさすがに、決めておきましょう。

どちらが先にサーブを打つのか、そしてリターンのサイドはどちらか。

意外と、サーブをどっちが打つか・・・決めてないと、トスで勝って譲り合い、みたいになりますしね。

リターンのサイドも、やっぱり大事。

基本、得意な方があれば優先、無ければ「勝負強そうな選手」がアドバンテージサイドをやるのが良いでしょう。

大事なポイントが、どうしても多く回って来ますからね。

 

3.ノーアド形式の場合、リターナーを決めておく?

これは、結構意見が分かれると思います。

私は、「決めておく派」です。

先に決めておいて、ノーアドバンテージ形式の40-40になったら、予定通りその選手がリターンする。

そうすることで、リターンしない選手は前衛で次のボールをどう攻撃するか、守備するか、イメージと準備がしやすい。

でも・・・試合の中で調子が良い選手が担当する、「決めておかない派」のペアもいますよね。

柔軟に、自分たちに合ったやり方を、試合前に話しておいた方が良いでしょう。

大事なのは、試合前にノーアド形式も確認して、どの方針でいくのかを決めておくことです。

 

決めておくこともありますが、基本的にはリラックス出来る雰囲気を。

ダブルスのペアとして、苦しいときも楽しいときも、試合中は共に戦わないといけません。

序盤でしっかり、良い流れを掴みたい・・・のが、今回の試合前の確認事項の基本路線。

ぜひ、ペアで話し合ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?…

  2. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く

    ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。ストローク、リターンも…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

    ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?もちろんポイ…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

  5. ダブルス

    「ダブルスの試合で、相手前衛が気になる!」ときには、しっかりストレートに打って足止めを

    ダブルスで前衛が気になる、気にしないようにと思えば思うほど気になって、…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    簡単に失点しない、ペアが意識していることは?
  2. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  4. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く…
  5. サーブ

    勝負所での、ワイドのサーブが効く!
PAGE TOP