テニス ストローク

メンタル

テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと、実力のMAX値」は絶対に上がりません

目次

自分の力を出し切る、ということの難しさ。

それはテニスというスポーツを続けていると、痛いくらい伝わってくる。

なぜならそこには、「相手」という存在がいるから。

そもそも自分より強い相手だと、自分が打ちたいようなショットなんて打てないし、終始ディフェンスに追われる。

ですがどんな試合でも、しっかり自分を出し切って終わる、というのは大事なこと。

でないといつまで経っても、「アナタ自身のMAX値」が向上していかないと、私は思います。

 

テニスの試合で使うエネルギーは、「その都度使い切らないと実力のMAX値」は絶対に上がりません

 


 

1.「実力を出し切る」ことの難しさを、まずは理解する

相手を知り、自分を知る。

試合の序盤で確認したら、後はどう試合を創り上げていくか・・・がテニスの腕の見せどころ。

自分が持っている武器、アナタはどれくらい意識して試合の中で出し切れていますか?

特に格上相手であれば、まずはラリーに持ち込めるような粘りが無いと、試合は短い時間で終わってしまいますよね。

実力差を受け入れて、相手からまずはチャンスを少しでも引き出せるような技術、日々練習出来ていますか?

速くてエースを狙うようなボール、ばかりの練習に意識が集中していませんか?

 

2.格上相手に自分の実力を出し切る、ことが一番の成長になる

自分の実力のMAX値、を上げるには、いかに格上に自分のテニスで対抗できるか、に寄ってくる。

この経験が多ければ多いほど、アナタのテニスの実力のMAX値は上がってくるものだと私は思います。

粘る為には、正しい立ち位置と高い軌道のストローク、そして相手から引き出したチャンスでプレッシャーをかけるネットプレーが必要。

えぇ、これは難しいこと、本当に難しいことです。

ですが格上相手の経験は、絶対に自分を出し切ることがまずは必要。

現代テニスでは、オールラウンドなテニスを身に付けていないと、上のレベルでは戦えない。

なぜならそれくらい、あらゆる技術を選手皆が身に付けている、厳しい環境下にあるからです。

 

3.練習で実力を出し切る、のとは違うのが試合

練習で一生懸命自分を出し切る、トレーニングすることは大事。

これが出来ることもすごく評価できることですが、試合って、また違うんですよね。

あの緊張感、周りが観ているコートの上で、しっかり自分を表現する為には準備が必要。

「何がしたいのか、分からないまま終わった・・・」という試合、アナタ自身テニスで経験無いですか?

もちろん0には出来ませんが、自分を出し切る準備は全員が出来る。

迷いを無くす、ために自分のテニスをしっかりと知り、現場で出し切れるようにイメージを日々膨らませておきましょう!

 

抽象的な話になってしまいましたが、テニスには実力を数値で測る指標が無い。

陸上選手のようなタイム、ゴルフ選手のようなスコアは無いので、自分の「最高記録」って見え辛いですよね。

だからこそ、ぜひ試合が終わったらテニスノートに自分を「出し切った値」というのを入れてみて下さい。

勝っても負けても、自分が最後まで、持っているものを出し切れたかどうか。

この意識さえ忘れなければ、アナタのテニスの実力のMAX値、上がり続けるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. ラジオ番組、始めました!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つのこと

    今年は暖かい冬と言われていますが、まだまだ寒い時期でのテニスの試合は多…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか

    試合に強くなる人、上手くなる人は他の人と考え方が違う。それは、…

  3. メンタル

    集中力、なんてものに頼るな

    テニスの試合、「集中力が無くて、負けた…」こういう経験、みな…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合中のガッツポーズは、自分自身に向けてやる

    試合中に、どうやって自分を鼓舞していくのか。声を出すのも良いし…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策

    シングルスでもダブルスでも、どんな試合でも必ずピンチな局面は訪れます。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

    テニスの試合に、引き分けはありません。大会に出れば、言い方は悪…

特集記事

  1. テニス 上達

    戦術

    アナタにとっての強み、弱みは、対戦相手によって変わってくる
  2. テニス マナー

    戦術

    挑発的な人、の方がテニスの試合は強い
  3. ストローク

    「ショットが飛ばない時は・・・?」テニスのストロークで重要なポイントはボレーにも…
  4. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる
  5. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
PAGE TOP