ストローク

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

ストロークの打ち合いの中で。相手にジワジワと攻撃されて追い詰められる。

そんなときにアナタに対策が無いと、無理してハードヒット、ミスという形で相手を楽にさせてしまいます。

そうならない為に、まずオススメしたいのが「相手の打点を下げさせる」ということ。

ペースダウンさせてチャンスを引き出すには、高い打点で打たれるところから変えていかないと厳しいです。

 

相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

 


 

■一発逆転を狙うのは、相手の思うツボ

試合に強い相手は、一発で攻撃してくることはしない。

ジワジワと少しずつ、アナタを追い込んでくる。

一番の狙いは、無理をさせてミスをさせることですので、その策には乗らないようにしましょう。

必要な対策は、まずラリー戦をイーブンに戻す、相手にも少しずつリスクを冒させるようなプレーをさせることです。

 

■低い打点は攻撃出来ない、というテニスの基本に立ち返る

低い打点からは、テニスは攻撃し辛い。

その為には、スライスで低く滑るボールや、意図的な浅いボールも必要です。

ドロップショットも有効ですが、ちょっと飛び道具色が強いので、はっきり攻撃できる場面でしか使いたくないですよね。

スライスと浅いボールで相手を1メートルくらい前に出す、ネットより低い位置でボールを触らせる、ようなストローク戦に持ち込みましょう。

相手がジワジワ攻撃してくるのであれば、特にスライスを使えると便利です。

 

■低く滑るスライスは、フラットに近い当たりです

「よし、スライスだ!」と思っても、ボールの下をこするようなスライスでは相手のチャンスボールになってしまう。

低く滑るスライスは、少しフラットに近い打ち方で打てるようにしましょう。

ネットの50cm上を狙って、しっかり横向きからボールを前に押し出していく。

バックハンド、フォアハンド共に、身体が回転しないようにしっかり意識しましょう。

深く打つことも大事ですが、多少浅くなってもOK、くらいの意識で楽にリラックス、が大事です。

 

スピンのストローク、相手も慣れて来ると楽に打ち返してくる。

そこにスライスが入ることで、リズムの変化が付けれて相手も嫌なはず。

同じようなリズムの打ち合いでは、体格差や実力差がそのまま出てしまい、試合が終わってしまう。

変化を付けるなら、ジワジワ攻撃される3往復目くらいで判断して、何かを変えたい。

そこにスライスというオプション、加えてみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい

    先日のダニエル太郎選手の試合、すごかったですね!フルセットでジ…

  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  4. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?

    ドリル練習を行う時、ディフェンスで繋ぐストロークと、チャンスボールを打…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    エッグボールを相手の肩の高さで打たせるには?

    ストロークのラリーの中で、返球し辛いボールってどんな球種でしょう?…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    深い!と思ったら上にフォロースルー、で回転をかけていこう

    相手のストロークが深い、どうしても自分の足下にボールがバウンドしてしま…

特集記事

  1. テニス テイクバック

    ストローク

    「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えて…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを勘違いしている人は、「頭の後ろでボールをこすってばかり」だから入ら…
  3. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ゲームポイントの1つ前のポイントに、全精力を注ぎたい」その理…
  5. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多…
PAGE TOP