テニス ストローク

ストローク

並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。

どこか、ストロークを「置きにいってしまう」ような方が多いように思います。

私の感覚で言えば、ショートクロス。

特にベテラン、シニアの女性の方でも、このショットが使えないと厳しいです、並行陣相手には。

だからこそ、今回はこのテーマで。

振り切ることって、相当意識しないと難しいですよ。

 

並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

 

1.振り切らないと、ストロークの良い回転はかからない

相手が並行陣、後衛の選手はサービスラインの1歩前くらい・・・のときには、ショートクロスのコースにしっかり打ちたい。

それも、鋭い回転でしっかり縦に変化する、そんな軌道が理想ですよね。

これに必要なことは、技術的なポイントよりもまず勇気。

それから思い切り、です。

テニスのストロークって、ラケットをしっかり振り切らないと良い回転はかからない。

スピン回転、でしっかり相手を攻撃していくのに、ラケットを振り切る勇気は大事です。

でも、やっぱり怖いんですけどね。

 

2.シングルスコートに入れるつもりで、振り切ろう!

相手に触られても良い、という意識で、ダブルスでも狙いはシングルスコート。

シングルスラインの上くらいを狙って、あまり角度は付け過ぎない、でもしっかりラケットは振り切る。

このショートクロス、が打てれば並行陣も怖く無い。

逆に速いボールを強引に打ったり、すぐに安易なロブで逃げたり・・・が問題、なんです。

雁行陣が並行陣に対抗するときに、ショートクロスは欠かせない武器。

アナタ自身、必死に練習して育てていく覚悟を持ちましょう。

 

3.アナタのロブが効かないのは、ショートクロスという選択肢が無いから

並行陣相手に、「いつもロブが浅くなる・・・」と悩んでいる方。

きっと、浅いんじゃない、もしかしたら良いロブ、なのかもしれない。

でも、相手からすると「ショートクロス」が無いので、後衛は凄く楽。

前衛のカバーだって、全く苦にならない。

ロブが効かないのは、その対極にあるショートクロスを使えないから。

ラケットを振り切って打っておけば、最悪アウトでも相手の脳裏には焼き付くはず。

打たない、というのが一番まずい。

振り切ればきっと、良い攻撃が出来るはずですよ。

 

4.練習の中から、ショートクロス+ロブの黄金セットで

まずこの作戦、で基本並行陣は料理していく。

ショートクロスで相手後衛を端に追いやって、ロブで仕留める。

またはその逆、も良いでしょう。

大事なのは、アナタ自身相手に「両方打てる選手」と認識されること。

認識されると、相手は後手に回る。

私の感覚だと、ロブしか打たない、ロブ頼み・・・の選手が、特に女性のベテランプレイヤーの方に多いような気がします。

細かい技術は抜きにして、クロス方向に振り切ってみましょうよ。

きっと世界が変わると思いますよ。

 

ショートクロスは、一見難しいようなショットですが、「振り切る」ことで打てるようになるはず。

それも、相手がしっかり並行陣、ネットに付いた状態で、です。

「なんだ、簡単じゃないか」と思えるくらい、振り切ったらテニスのショットは大抵は入る。

練習でも、積極的にショートクロス、使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?

    テニスでパーフェクト試合をしたことある?俺は無いんだけど、かつ…

  2. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

    スポーツは、基本に始まり基本に終わる。常に意識はしていても、ス…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで力を入れるのは、ラケットを振るためじゃない

    力を抜いて、リラックスすること。分かってはいても、つい試合では…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事

    試合に出ていると、気付くはずです。ライジングショット、自分が打…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    イレギュラーバウンドが多いテニスコートでは、「意識してオープンスタンス」を多めに使ってみよう

    試合が行われるテニスコート、いつでも万全な状態なキレイなコート・・・と…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ

    テニスを始めたばかりの頃、ストロークはしっかりボールが落ちるのを待って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本
  2. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  3. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?
  4. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
  5. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?
PAGE TOP