テニス ボレー

ストローク

いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ方が多い。

特に学生時代からではなく、社会人になってからテニスを始めた方に多いこの打ち方。

「何となく」と書いたのは、その回転がまだ甘く、決して相手を追い込めるようなショットでは無い方が多いから。

今年こそ、この中途半端なショットをステップアップさせて、相手にとって脅威になるようなスライスショットに成長させましょう。

きっと試合に勝てる確率も、各段に上がるはずです。

 

いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

 


 

■思い切って大胆に、自分を変えよう

スライスショットは、感覚を掴むまでは非常に難しい。

もし今のアナタが、「中途半端に合わせるだけ」のスライスが打てているのであれば、より厄介です。

思い切って、しっかり横を向いて相手に背中を見せるくらいに、しっかりしたフォームを作りたい。

最初は上手くいかなくても、思い切って自分を変えていくこと、勇気を持つことが大事です。

 

■しっかり上から抑え込むスライスを使えるようにしたい

相手にとって脅威になるスライス、回転量が多く低く滑るスライスは、上からボールを抑え込まないといけない。

これには結構、勇気が要ります。

ボールの打点より高い位置にラケットを準備して、しっかり相手に背中を向けるくらい肩を入れましょう。

そこでボールを捉えて、当たった後には水平に伸ばしていくような感じで前にフォロースルーを伸ばしていって下さい。

きっと感覚さえつかめば、きっと良いスライスが打てるようになるはずです。

 

■不安で身体が正面に向いてしまうと、全てが狂います

女性のベテランプレイヤーの皆さんで、スライス回転が中途半端になっているのはほとんどがこのケース。

身体が正面を向いて、上半身の腕だけでスライスを強引にかけようとしている。

肘も痛めるし、コントロールも威力も無く良いことは何もありません。

今一度、不安にかられてつい相手方向に身体が、胸が向いていないか・・・チェックしてみて下さい。

 

人は、不安があると身体が前を向いてしまう。

テニスにおいて、正面向きでボールを捉えることはほとんどありません。

この身体の使い方から卒業するには、強い決意と勇気が必要。

自分を変える意味でも、ぜひ身体の使い方、ラケットをしっかり上から抑え込む意識で練習してみて下さい。

スライスのストローク、きっとまだまだ良くなります。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?

    今回は、スライスのアプローチショットについて。本当にちょっと…

  2. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  4. テニス ロブ

    ストローク

    「女性の方、必見」テニスの試合で、男性相手の回転系ボールの返し方5つ

    試合で男女が打ち合う、ミックスダブルスのような試合。ここで女性…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリしているだろうか?

    「とにかくまずは、相手のバックハンドを狙え」というのが、テニスの試合で…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

    学生や若い方とテニスをすると、本当に鋭くて良いボールを打つ方が多い。…

特集記事

  1. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です
  2. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  3. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう
  4. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単
  5. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです
PAGE TOP