テニス ボレー

ストローク

いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ方が多い。

特に学生時代からではなく、社会人になってからテニスを始めた方に多いこの打ち方。

「何となく」と書いたのは、その回転がまだ甘く、決して相手を追い込めるようなショットでは無い方が多いから。

今年こそ、この中途半端なショットをステップアップさせて、相手にとって脅威になるようなスライスショットに成長させましょう。

きっと試合に勝てる確率も、各段に上がるはずです。

 

いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

 


 

■思い切って大胆に、自分を変えよう

スライスショットは、感覚を掴むまでは非常に難しい。

もし今のアナタが、「中途半端に合わせるだけ」のスライスが打てているのであれば、より厄介です。

思い切って、しっかり横を向いて相手に背中を見せるくらいに、しっかりしたフォームを作りたい。

最初は上手くいかなくても、思い切って自分を変えていくこと、勇気を持つことが大事です。

 

■しっかり上から抑え込むスライスを使えるようにしたい

相手にとって脅威になるスライス、回転量が多く低く滑るスライスは、上からボールを抑え込まないといけない。

これには結構、勇気が要ります。

ボールの打点より高い位置にラケットを準備して、しっかり相手に背中を向けるくらい肩を入れましょう。

そこでボールを捉えて、当たった後には水平に伸ばしていくような感じで前にフォロースルーを伸ばしていって下さい。

きっと感覚さえつかめば、きっと良いスライスが打てるようになるはずです。

 

■不安で身体が正面に向いてしまうと、全てが狂います

女性のベテランプレイヤーの皆さんで、スライス回転が中途半端になっているのはほとんどがこのケース。

身体が正面を向いて、上半身の腕だけでスライスを強引にかけようとしている。

肘も痛めるし、コントロールも威力も無く良いことは何もありません。

今一度、不安にかられてつい相手方向に身体が、胸が向いていないか・・・チェックしてみて下さい。

 

人は、不安があると身体が前を向いてしまう。

テニスにおいて、正面向きでボールを捉えることはほとんどありません。

この身体の使い方から卒業するには、強い決意と勇気が必要。

自分を変える意味でも、ぜひ身体の使い方、ラケットをしっかり上から抑え込む意識で練習してみて下さい。

スライスのストローク、きっとまだまだ良くなります。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です

    テニスの試合でのストローク、皆さんはどんなことに意識を置いていますか?…

  2. ストローク

    なぜ、ドロップショットが上手い選手が少ないのか?

    テニスの試合で使う、ドロップショット。このショット、何度か記事…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

  4. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  5. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本

    試合の中で、相手のストロークが伸びて来る。ここで押さ…

  6. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

    「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。…

特集記事

  1. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「マッチポイントを獲れなかった・・・」ときに、サッと切り替える発想…
  3. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいの…
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    テニスの試合で「ロブで抜かれても、追いついてしっかり返球」できるイメージを作る練…
  5. テニス ストローク

    メンタル

    対戦相手の特徴を知りたいなら、「試合の序盤で、一度深いボレーで追い込んでみる」の…
PAGE TOP