ストローク

相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。

みなさん、思っている以上に準備が遅い、ことに気付かないと成長は無いです。

相手が打った瞬間に、自分はどう打つのか。

このイメージを、しっかり速い準備で体現していかないと試合では勝てません。

 

相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

 


 

1.まず、ザックリでも良いので予測しよう

まず、大体で良い、ザックリで良いんです。

相手が打つ前に、「こんなボール来そうだな」というのを予測してみる。

相手がどんな打ち方をしているのか、態勢は充分なのか?

客観的に見て、どんなボールが飛んで来そうかを考えてみる。

そして実際に相手が打ったら、「やっぱり!」と思えるようにしておかないと、テニスの試合はずっと後手に回ってしまう。

予測はザックリ、でOK。

何となくどんなボールが来そうか、というのを感じることがまず第一です。

 

2.相手が打った瞬間に、ターンしてグリップを決める

プロ選手の連続写真を見ても、同時に行っているのが分かりますよね。

身体をターンさせながら、グリップも決める。

攻撃していくなら厚いスピンのグリップ、厳しいボールを追うならスライス、とにかくグリップも早く決める。

ストロークに安定感がある人って、このセットが早くて正確なんです。

ターンしながら、グリップを決める。

グリップを作るのは、利き腕とは反対の手のひらですね。

この手で、ラケットのスロート部分を操作して、相手のボールに適したグリップを作ることが大事です。

 

3.自分で攻撃のスイッチを入れるのは、このターンとグリップチェンジ

私の中では、ここでスイッチが入る。

ターンしてグリップチェンジしながら、攻撃のスイッチを入れて、どこにでも打てる態勢、でボールに入る。

しっかり肩が入れば、相手に対してコースも隠せますからね。

ストロークで相手をしっかり攻撃していきたいなら、この時に良い雰囲気を出せるのか、がポイントになります。

ぜひ、鏡を見ながら、テイクバックの早さとキレ、雰囲気をチェックしてみて下さい。

 

4.自分で見て、「おぉ・・・強そう」と思えないとダメ

ちょっと、ナルシストなくらいで良い。

自分でこのターンしながらのグリップチェンジ、鏡の前でチェックしてみる。

「なかなか強そうだな」

「どこに打って来るか、分からないな・・・」

と、思えるかどうかってすごく大事です。

自分で自分のショットを受けると思って、よく見て感じて欲しい。

そこで、しっかり威圧感を持てるかどうか、が自信になりますから。

ぜひ、自信が持てる準備、の雰囲気を作ってみて下さい。

ちょっと恥ずかしいですけど、誰もいないところでやれば良いんです。

 

実際に、試合で速い反応が出来るかどうか。

これは、練習から相当、意識して鍛えておかないとダメですよ。

鏡の前で、ターンとグリップチェンジを、ひたすら繰り返す。

この地道なイメージトレーニングが、きっと本番で活きるはずです。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩を支点にしたスライスを覚えよう!

    スライス系のショットを打つ時、肘ってどうなってる?スライスって…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です

    ショートクロスを試合の中で使っていく。テニスの試合に出ている人…

  4. ストローク

    シングルスの試合で必要な「ストロークのコースの打ち分け」は、打点2種類で準備してみよう

    シングルスの試合、ストロークで主導権を握りたい。そう思っていて…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物

    みなさんも試合をしていて、「強い!」と感じる相手、いますよね。…

  6. ストローク

    打てそうなボールほど、引き付ける

    相手のボールが力無さそうに見える。叩けそうだからと言って勇ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  3. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  4. 日々の雑記

    アドバイスは魚、釣り方を覚えないと
  5. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない
PAGE TOP