テニス スマッシュ

ストローク

体幹を捻ってテイクバック、だからストロークに安定感が出る

「準備が遅い!」と、何度も言われ続けているみなさん。

ここはもう、動かし始める部位の意識、から変えてみませんか?

腕先、ラケットを動かそうと思うから、難しいし遅くなる、力んでしまう。

だからこそ、大事なのはこの意識。

体幹をしっかり使うこと、が身に付けばテイクバックの速度が変わるはずです。

 

体幹を捻ってテイクバック、だからストロークに安定感が出る

 

1.体幹を使うイメージ、それは骨盤を使うことから!

実際に、みなさんどうでしょうか。

ストロークのテイクバック、腕を引くような意識が強過ぎ、じゃないですか?

腕を引こうと思っても、試合では力んだり安定しない。

何より、身体が横を向けていないので、充分なストロークが打てないケースが多いですよね。

体幹を使うとは、骨盤を捻る、ということ。

骨盤から反応させれば、自然とラケットの準備は素早く出来るはずです。

 

2.身体から遠い場所、をコントロールするのは難しい

よく考えてみれば、そうじゃないですか。

ラケット持っている腕、をコントロールするよりも、腰をグイッと動かす方が楽。

その方が、自然にラケットも後から付いてきますからね。

身体から遠い場所を動かすのって、実はパワーがすごく要るのに安定しない。

毎回、微妙にずれていって、遅れていきますからね。

骨盤を捻って、身体をターンさせると思えば・・・実は結構、ストロークって楽ですよ。

 

3.後はその骨盤を、戻していけば良い

ストロークを打つときには、その捻りを戻す。

実際に試合では、この捻り戻し、くらいで良いんですよ。

腕を振るのではなく、骨盤を動かす。

それに腕とラケットが引っ付いて来るから、スムーズに力のあるボールが打てる。

ほとんどの人が、上半身だけのターン、ラケットだけ引いているので、怪我も多いし安定しない。

骨盤から動かす反応、にストロークを変えていきましょう!

 

4.腕先だけで打つストロークは、何歳からでも変えられる

「でも、それって学生や若い人だけの話、でしょ・・・?」と思った方、違います。

むしろ、ベテランやシニア、女性の方こそこの身体の使い方を覚えた方が、試合で楽に戦えます。

ボールを飛ばすには、効率良く身体を使っていかないとミスが増えるし、何より怪我の元。

ぜひ、自分のストロークの動画を撮影して、身体の使い方を見てみて下さい。

骨盤の捻り、戻しが使えているのかどうか。

上半身はリラックス出来ているのかどうか。

意識すれば、ストローク力は改善出来るはずです!

 

試合で使えるストローク、ってこういうことです。

安定感があって、パワーもある。

怪我につながらない、疲れないショット。

そう考えれば、おのずと骨盤を使うショットの必要性を感じることが出来るはずです。

まずは速いターン、骨盤の捻りから試してみて下さい。

■捻って戻すトレーニングなら、メディシングボールが最適です!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テニスの攻撃の幅が拡が…

    浅いボールをどんどん攻撃していきたいけど、テニスというスポーツはネット…

  2. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよう

    練習の時に、コートに一つターゲットを置き、ボール出しでそこへ狙って当て…

  3. テニス 気付き
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    ネットプレイヤー対策に、「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限る

    プロ選手の試合を観ていると、本当にラリーテンポが速い。速いけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  2. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  3. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボー…
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合のラリーでは、「相手がクロスにしか打てない状況」を作れると前衛を活…
  5. テニス 武器

    戦術

    勝ち続けたければ、アンチを取り込もう
PAGE TOP