テニス テニスノート

戦術

サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

テニスの試合は、サーブかリターン。

必ずこの両方、でスタートします。

全ポイント、必ず共通するこの開始のショット、私たちはつい「その時々」のショットにばかり、目がいってしまう。

でも、試合に勝てる、強い人はそんなに一喜一憂はしない。

もっと大局を見て、トータルで考えていますからね。

この感覚は、試合で必要ですよ。

 

サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

 


 

1.1球ずつで考えると、しんどいし疲れる

私も、特にサーブでそうですかね。

良いサーブ、悪いサーブ、あって当然。

試合の中で、ずっと良いサーブばっかり打ち続けるなんて無理、だと思っています。

だから何を考えるかと言えば、良いサーブ、を打った後にはとことんその貯金を利用する、ということ。

その次のサーブは、相手もかなり身構えていますからね。

同じようなサーブでも、きっと2回目のサーブは良いサーブとは言えない、くらいに対応して来る可能性が高いでしょう。

だから、あえて遅く打ってリズムを変える、タイミングを外す。

あえて遅く打つ、くらいでちょうど良いと私は思いますよ。

 

2.良いサーブより、良いサービスゲーム、を作っていこう

この意識が持てると、すごく楽ですよ。

1回のダブルフォルトや、細かいミスは気にしない。

1ゲームをトータルで考えて、しっかり良いサービスゲームを作って、キープにつなげていく。

つい、私たちはゲーム最初のサーブでファーストが入らないと、もう落ち込んでブレイクのチャンスを与えてしまう。

これでは、試合で勝てる訳がありませんよね。

トータルで考えて、失点を調整していく。

ファーストが入らないなら、セカンドサーブを2回打っても良いじゃないですか。

サービスゲーム、を作っていくという意識があれば、試合ではまだまだ戦える。

これは、サービス力が無い選手こそ、必要な発想だと思いますよ。

 

3.そろそろ、サービスゲームにプライドを持つ時期でしょう

みなさん、ついサーブもリターンも、同じ1ゲームという感じになってはいませんか?

ブレイクされても、気にしない。

そもそも、ブレイクされまくっているから、自分のサービスゲームにプライドも無い・・・ようでは、厳しいでしょう。

良い機会ですから、そろそろ自分のサービスゲーム、を簡単に渡さないような意識に変えていきましょう。

サーブの調子が悪くても、ゲームを作る。

トータルで考えて、良いサーブをより活かす方法、で試合を進めてみませんか?

きっと、サービスゲームに粘りが出て来るはず。

淡泊なサービスゲーム、ほどもったいないものはありませんから。

 

4.リターンゲームも、同じ考えでOK

こっちの方が、少しプレッシャーが少ないですかね。

良いリターン、はどんどん利用して変化を付けていく。

ずっとタイミングが合って、リターン出来るなんて超人的なスキルは、私たちにはありませんから。

良い感じのポイント、の後にこそ、それをどう活かすのかを考える。

サーブを打つ側の選手、が悩めるように誘導したいですよね。

リターンゲームも、単発ではなくトータルで考えられるようになると、試合で強くなる。

ぜひ、意識して準備してみてください。

 

とにかく、色々やりましょうということです。

一喜一憂しない、為には何が必要なのか、それは大局観と客観的な視点です。

1ゲームをトータルで考えて、相手にプレッシャーをかけていく。

自分にばっかりプレッシャーをかけるのは、もう終わりにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス 客観視
  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

  3. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  4. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

  5. 戦術

    マイルールを作れば、テニスの試合にも強くなる

    以前に、強い人は「自分の世界を持っている」と書きました。これ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている
  2. テニス知識

    夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいの…
  4. テニス 序盤

    戦術

    暑い中での試合を勝ち切る、試合の現場で体力消耗を抑えるコツ4つ
  5. 戦術

    試合の中で、自分が当たり損なったら・・・?
PAGE TOP