戦術

相手の武器は、全力で潰しにいくこと

テニスの試合、そこには色々な武器を持った人、が来る。

サーブであったりネットプレー、またはひたすら粘る人、もいますよね。

どんな武器を持って来ても良い、でも、アナタ自身はそれを叩かないといけない。

相手の武器、はしっかり潰す意識で戦いましょう。

 

相手の武器は、全力で潰しにいくこと

 


 

1.ムキになる必要は無いけど

相手の土俵で戦う、という訳ではありません。

ムキになる訳でもない。

ただ、相手の武器は叩いておかないと、調子に乗せてしまうということはよくある話。

全力で、相手の武器を潰すこと、は試合で必要です。

サーブが速い相手は、きっとサーブに自信を持っている。

だから、しっかり返していればそれだけでアナタの有効な攻撃になる。

ムキにならず、見極めてつぶしていく、というスタンスが大事です。

 

2.他でやられても、気にしない

「今日の相手は、こんな感じだな」というのが掴めたら、武器を潰す。

その間、多少他のことでやられても気にしない方が良いでしょう。

相手からすると、本意でないショットでポイントを重ねても、良い気分にはならない。

自分のやりたいテニス、得意なショットで勝ちたいと思うのが、普通です。

特に、プライドの高そうな男性プレイヤーはそうですね。

的を絞ったら、他でやられることは気にしない。

これでいきましょう。

 

3.一気に反撃!じゃなくて良い

これ、どうしても欲がでがち。

相手のサーブが速いなら、一発強打のリターンで仕留めてやろう、と思いがちなんですよね。

相手の武器を潰す、というのは、まず威力を削ぎ落すこと。

いきなり一発逆転、じゃなくて武器の威力を削いでいくことが大事なんです。

サーブが速いなら、リターンのポジションを変えて揺さぶる。

ストロークが凄いなら、前衛が動いてプレッシャーをかける。

いかに、気持ち良く武器を使えないようにするか、の具体策が大事ですね。

工夫次第で、たくさんあると思いますよ。

 

4.根本は、相手の武器を受け入れること

「こういうテニスが、やりたいんだね」という相手の意志、を受け取る。

それが出来れば、武器も把握出来るし、試合がグッと楽になります。

相手の武器を潰すには、一度やられてみる・・・じゃないですけど、しっかり受け止めてあげることが大事。

ただ潰しにかかっても、それは焦っているだけですからね。

じっくり、いきましょう。

テニスの試合、相手の武器さえ潰せば怖く無いですから。

 

学生さんならストローク、ベテランプレイヤーならネットプレーでしょうか。

これを何とか、攻略していきたい。

何度か対戦していると、結果的にパターン化出来て来ると思います。

相手の武器を削ぎ落して勝つ、そんな経験を重ねてテニスは強くなる。

みなさんも、意識を持っておいて損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. 戦術

    試合では、いかに相手に「良い形でプレーさせないか」を考えよう

    当たり前に思うこと、でもなかなか出来ないこと。自分がどんなに良…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い人の強さが分かる、ことも大事な成長

    試合に出ていると、相手の強さを感じることがある。これって、当た…

  3. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず

    今日もまた一つ、誤解を解いておきたいと思います。よく、「あの人…

  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく

    試合の中で、挽回出来る人。それはやっぱり、どこかで修正が効く人…

  6. 戦術

    テニスの立体化改革、2020年

    みなさんは、今年をどういう年にしていきたいか。ぜひ、テニスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサービスゲームで、0-40 のピンチ!のときには・・・?
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は…
  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    浅いストロークこそ、実はポーチのチャンス
  4. ボレー

    速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK
  5. ダブルス

    「ダブルスって人が多すぎてつまんない!?」シングルスでも活かせるテニスの考え方を…
PAGE TOP