テニス 雨

戦術

第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

アナタが出場する試合。

そこで考えないといけないのは、「いかに強い相手を、倒すのか」ということ。

第1シード、だけじゃないですけどね。

良いプレーをする、という意識は大事ですが、それだけじゃ足りない。

そう、何かが足りないんです。

 

第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない

 


 

1.大きな番狂わせ、を起こすのには何が必要?

すごく強い相手と試合をする、ときに何が必要・・・でしょうか。

テニスでは、まずやっぱりディフェンス、守り。

しっかりラリーをして、試合を作っていく。

でも、その意識だけだと・・・どうでしょう?実際に実力が上の相手は、ガンガン攻めて来るしそれを返し続けるのは厳しい。

だからこそ、しっかり「攻撃の形」を考えておく。

それも、相手が想像しないような感じで。

リターンダッシュやドロップショット、ダブルスならフォーメーションプレー、で何をするのかを考えておく。

そして今回は、もう一つ要素を加えたいと思います。

 

2.観客を巻き込める試合、をしてみよう!

強い相手が負ける、ジャイアントキリングが生まれるとき。

それはテニスだけじゃないと思いますが、「会場の雰囲気」がそれを後押ししているような場面も多い。

会場全体が、アナタを応援する、アナタのペアを応援するような雰囲気をいかに作るか。

「この選手、何だか知らないけど勝って欲しい!」と思わせるようなプレー、が出来れば、もしかしたらチャンスは広がるかもしれない。

それこそ、相手のプレッシャーになりますしね。

 

3.応援されるプレーって、どんなプレーだろう?

仲間ではない、見ず知らずの人に応援される。

これって、難しいですよね・・・でも、だからこそ挑戦する価値がある。

当たり前のこと、を当たり前のように行う。

セルフジャッジはしっかり、クリーンに。

元気よく、相手を威嚇するのではなく自分を鼓舞していく。

強い相手にも、工夫とアイデアで向かっていく。

そんな選手って・・・アナタも応援したい、と思いませんか?

 

人に感動を与える、そんなプレーが自然に生まれるときに、ジャイアントキリングは生まれます。

会場全体が、何かに包まれるような感覚。

アナタ自身、創り出せる可能性は0じゃないはず。

これからは厳しい、夏の戦い。

周りを巻き込んで試合に勝つ、には絶好のシチュエーションですね。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう

    私は何度も、「相手にプレッシャーをかけること」について書いて来ました。…

  2. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方

    試合での、サービスゲームキープ。これを課題にしている方は、多…

  3. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  4. テニス 準備

    戦術

    「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

    試合が始まって、何もしないままに負けてしまう・・・。0-6であ…

  5. 戦術

    絶不調だったときにどれ位良かったか

    テニスの試合の、勝敗の中で。長い試合になると、どこで勝敗が分…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

    どこか、勘違いしている人も多いんじゃないでしょうか。自分のプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  4. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
  5. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事
PAGE TOP