テニス トレーニング

戦術

テニスの試合で、「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはありますか?

テニスの試合、何かしらは準備して皆さん試合に入る。

それはネットプレーだったり、ベースラインでの粘り、サーブからのチェンジプレーかも知れない。

でも、その大きな作戦が上手くいかない・・・ときに、手立てはありますか?

テニスの試合、そんなに甘くはありません。

 

テニスの試合で、「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはありますか?

 

1.上手くいくイメージしか持っていないと、危険

試合において、自信は大事。

自分が練習してきた技を試す、のが試合。

でも、試すということはそれが思い通りの結果にならない、ということも充分に考えられますよね。

そんなときに、良いイメージ、成功のイメージだけしか持っていないと危険。

「用意して来た、あれがダメ・・・」ならもう終わり、という試合はあっけない。

意外と、こういう試合多いんだと思いますよ。

 

2.特に格上相手こそ、複数の作戦を持っていこう!

格上の対戦相手、シード選手と対戦するときこそ、この発想は大事。

よく、「当たって砕けろ」的な感じで特攻作戦を一つだけ握りしめて試合に挑む人がいますが・・・それは、無策と同じ。

一つの策を持って試してみて、ダメならサッと次に切り替える。

これこそ、格上相手に必要なことなんです。

「強い相手に、何をやってもムダだよ・・・」と思っていると、いつまで経っても鴨で終わる。

弱いからこそあがく、たくさんの策を準備する、からテニスの試合は面白いし勝てるんです。

 

3.お勧めは、「ネットとベースライン」の両方で作戦を持っておくこと

私がオススメしたいのは、作戦を最低2つ、ネットとベースラインで用意しておくこと。

ネットでの作戦はコレ、ベースラインではコレ、と2つ持って試合に入っていく。

それからその作戦を、早めに2つ見せてしまう。

そうすることで、「この選手は、色々やって来るな・・・」とまず思わせる。

相手に警戒させる、ことが出来ればまず成功!

しかもネットに出てドロップボレー、のような奇策と、ベースラインでムーンボールをバックハンド側に集める、みたいな対極にある作戦だと良いですね。

相手からすると、粘りたいのか一気に攻めたいのか、つかみどころが無い。

そんな選手、嫌じゃないですか?

 

良いんです、技術が無くても。

ドロップボレー打てなくても、打とうという姿勢を相手に見せること。

実際に試合で、作戦として複数準備して実践すること。

そうすれば練習でも、試合で活かせるイメージが湧いて来ますよね。

とにかく色々、やってみましょう!

何せ試合は、「試し合い」ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. 戦術

    ダブルスの雁行陣、のポジショニングの基本について

    ダブルスの基本、雁行陣。今回は、ちょっとした図も入れながら確認…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「基本はこうだけど、自分はこう考える」を増やしていこう

    テニスで怖いのって、自分で考えなくなるということ。教わること、…

  3. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

    みなさんも、「忘れられない勝利」の試合ってあると思います。勝ち…

  4. テニス サーブ

    戦術

    勝ち始めたら、対策されるのは当たり前

    アナタ自身、勝ち始めたときはこう感じるはずです。身内の試合でも…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

    こういう考え方、持っていると試合で楽ですよ。対戦相手を、戦いつ…

  6. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事

    野球の試合を観ていると、たまにこんなシーンありませんか?デッド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのダブルスのポーチは「相手の特徴をふまえたコース」で勝負して、確実にポイン…
  2. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会
  3. シングルス

    ダウンザライン方向に山なりなボール、を使えばシングルスの試合で有効打に
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう
  5. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
PAGE TOP