テニス ボレー

戦術

テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わすことができる

試合で勝てる人は、テニスの技術はもちろん、その使い分けが上手い。

特に同じ構えからダウンザライン、クロス方向への打ち分けに加え、ドロップショットも混ぜてこられると、もう動けない・・・そんな経験はありませんか?

テニスでは、同じ構えから「対局のショット」を組み合わせるという意識が大切。

ダウンザラインとクロスも、その組み合わせの一つです。

今回は他にどんな組み合わせがあるか、有効な使い方について考えてみましょう。

 

テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わすことができる

 

■テニスには「有効なショットの組み合わせ」がある

シングルスでもダブルスでも、最も多く使うのがストロークのストレートとクロスの打ち分け。

アナタ自身が同じ構えから打てないと、ダブルスでは前衛につかまってしまいます。

また、ネットプレイヤーに対しては、足元に沈めるボールとロブも有効な組み合わせです。

自分がネットに出たときには、深いボレーとドロップボレー。

これはなかなか同じ構えは難しいですが、横向きでしっかり雰囲気を出せるように、鏡を見て練習してみましょう。

 

■同じ構えから打てて初めて、相手を惑わすことができる

テニスの初中級者の方、初めて間もない方は、打つ打球のコースごとにフォームが異なります。

本人は変えている意識が無くとも、身体が開いていたり、見る人が見れば分かってしまうもの。

焦らず、じっくり練習していきましょう。

少しずつ、肩を入れる、早い準備をすることで、コースを隠す「同じ構え」に調整していくことができます。

漠然と日々、ラリーや球出しの練習をするのではなく、こういった部分を強く意識してボールを打つようにしましょう。

■自分が「打ち分けと組み合わせ」身に付ければ、試合観戦を100倍楽しめて勉強になる!

打ち分けとコースを隠すこと、その組み合わせを覚えていくと、プロの試合の観戦はもっともっと楽しくなります。

選手同士の駆け引きが分かり、試合の流れをより深く読めるようになる。

またはあえて、「相手にばれるように誘う」ような構えやポジションも、観ていて感じれるようになるでしょう。

テニスの醍醐味は、ここにあります。

 

テニスというスポーツは、やっていない方から観ると何と簡単に映ることか・・・。

実際にラケットを持ってコートに立つと、こんなに難しいのかと、感じた方も多いと思います。

だからこそ、同じ構えでどこに打つか、どういう組み合わせがあるのか、をしっかり覚えて練習していくことが大切。

特に学生の皆さん、ボールスピードの勝負だけでは、気持ち良くても試合には勝てません。

打ち分けられる自分のショット、戦術を磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方

    1セットマッチのテニスの試合は、あっという間に終わります。恐ろ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  3. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合は、「イーブンペースでの進行」で全く問題無い

    テニスの試合、試合慣れしていない人はちょっとしたこと、で不安になる。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「手堅いプレー」という餌を撒いて、試合の後半を迎えるのも良い作戦

    私は何度か、「試合の序盤に奇襲を入れる」ことの重要性を書いてきました。…

  5. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  6. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

    テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。この重要性は、…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    テニスの試合の現場では、「攻撃的なストローク=全て深さが必要」は危険な発想です
  4. テニス グッズ

    メンタル

    「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なもの…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
PAGE TOP