ダブルス

リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

ダブルスの試合、相手はサーブ&ボレー。

こういう試合で、リターンからどう攻めていくのか、考えてみましょう。

相手が前に出て来る、なら確実に穴を突いていきたい。

ただ強打、強打のリターンだけだと、入らなくなると辛いですよ。

ロブボレーを使う、というアイデアはお勧めです。

 

リターンから並行陣を崩すには、ロブボレーを使おう!

 


 

1.リターンをまず、しっかりクロスに低く打つ

サーブ&ボレーの相手には、まず低いリターン。

これは、必要不可欠です。

赤側がリターン、アナタ側のペアだと思って見てみて下さい。

青側の選手は、サーブを打ったら前に出て来る。

ファーストボレーをさせる、低いリターンをまずは狙いましょう。

狙い過ぎないで、ボレーさせるくらいの意識で充分です。

相手が前に来る、でも狙いはこの2か所↓。

ショートクロスと、ストレートロブ。

でも、いきなりリターンでこの2か所を狙うのはリスクが大きい。

まずは相手の弱点を自覚しつつ、普通にクロスに低くリターン、が基本ですね。

浮かないように前に入ってリターン。

スピン、またはスライスで回転をかけるリターンを打てると、並行陣相手にも強いです。

 

2.リターンダッシュで、4アップを作ろう!

ここで、しっかり前に出るのがポイント。

リターン側の選手も前に出て、4人でネットに出るような状態、4アップにしてしまいましょう。

こうなると、相手のサーバーも安易なファーストボレーは打てない。

低いファーストボレーを、どこに返そうか・・・悩みますよね。

結局、普通にクロスに返して来る、のが一番多いパターンでしょう。

リターンを打って前に出て、更にその次のボール、をどうするのか。

ここで、ロブボレーというアイデアを入れていきましょう。

もしリターンが浮いて、ファーストボレーで攻められても大丈夫。

足下のボレーでも、ロブボレーでなら切り返せる。

大事なのは、リターンで前に出る前から、ストレートにロブボレーを打つことをある程度決めておくこと。

相手のサーバーは、きっと低いリターンで態勢を少し崩しているはず。

こういう時には、時間を与えないで更に動かすこと、が有効な攻撃になる。

サーブを打って、ファーストボレー出来たと思ったら、もうカバーに走らないといけない・・・という感じで、忙しくしてあげましょう。

 

3.相手の前衛をかわす、良い手段にもなる

相手の前衛がアグレッシブな場合でも、これは有効な作戦になります。

なぜなら、強気な前衛は常にセンターのボールに飛びつこう、触ろうと考えているから。

だから、ストレートロブが効くんですよね。

それに、ロブボレーならスマッシュを打とうにも下がる時間が無い。

いきなり自分の頭上に打たれては、何も成す術が無いでしょう。

きっと相手は、こんな感じ↓で慌ててチェンジすることになるはず。

相手を走らせている間に、こちらはしっかり陣形を整えましょう。

やっと追いつくような感じなら、そこからはロブが来るはず。

待ち構えて、しっかりスマッシュを打つこと。

ロブを打った後には、ロブ返しを最大限に警戒しましょう。

当然、スマッシュを打っていない選手のサポートも忘れずに。

ここまでイメージ出来れば、リターンから並行陣を崩せる自信が出来るはず。

一連の流れ、として型を作りましょう。

 

ダブルスの試合での、リターンゲームからの展開。

これは、何パターンか決まっています。

相手が並行陣なら、このパターンで1セットに2~3ポイントは取れる。

ぜひ、練習からロブボレー、磨いてみて下さい。

ベテランのみなさんはもちろん、学生のみなさんにも必要なテクニックですよ。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

    ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。そんなときに、…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ

    ダブルスの練習、意外とバリエーションが少なくてマンネリ化しがちですよね…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?

    テニスのダブルスの試合には、皆さんどんなペアと組んで出ていますか?…

  6. ダブルス

    勝てない男子ダブルスは、何かに固執し過ぎ

    試合をしている、当の本人にはなかなか分からないこと。でも、周…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い
  2. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう…
  3. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか
  4. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  5. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること
PAGE TOP