フットワーク

浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

相手の浅いボール、が自分のコートにバウンドする。

本来チャンスなはずですが、これを決め切れない、ミスしてしまう人って多いですよね。

なぜ、攻撃出来ないのか、ミスになるのか。

しっかり考えておかないと、試合では厳しいですよ。

フットワークから、見直してみましょう!

 

浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?

 


 

1.浅いボール、正面向きから横向きへ!

まずはしっかり、ボールに追いつかないといけない。

浅いボールに向かって、しかり走る、この時は正面向きで良い。

横向きでは、ダッシュで近づくことが難しいですからね。

ストロークに必要な横向きは、最後に作れば良いんです。

最初は正面向きで走る、ボールに近づいたら、横向きで入る。

その時に必要なのは、決断力です。

 

2.フォアかバックか、瞬時に決めよう!

相手のボールが浅い!と気付いた瞬間に。

フォアかバックか、どっちで打つのかは明確に決めてしまいましょう。

これが遅い、決断出来ない人は、打点を落としてしまう。

ダッシュ力も遅いんですよね。

これは、脚力の問題ではなく、決断力の問題。

バシッと決めて、走る、横向きで入ること、が大事。

このスピード感が無い選手は、浅いボールを打ち込めない、攻めれない。

技術よりも、決断力と意志の強さ、が大事です。

 

3.浅いボールは、自分で引き出している感覚で

相手が打ってくる、そのボールは自分で引き出している。

ボールが浅くなるのは、アナタ自身の攻撃が効いているから。

こう考えておかないと、浅いボールに「え!?」というリアクションになる。

これでは、ずっと後手のまま。

しっかり、自分が試合をコントロールしている、ラリーの主導権を握っている感覚を持ちましょう。

そうすれば、浅いボールへの反応速度も変わる。

特に、シングルスは前衛がいませんから。

前のボールも、アナタ自身が後ろから走るしかないんですよ。

 

4.普段の練習で、2バウンドを許さない

自分で、ノットアップに厳しくなれるかどうか。

2バウンドさせない、自分のコートでは絶対にさせないという意識が、練習から必要です。

この意識が甘い人って、ストロークラリーでも平気で2バウンド、させるんですよね。

これでは、試合で必要なフットワークなんて身に付かないですよ。

正面向きでダッシュ、その後横向きで入る、という経験自体が積めないですから。

それで勝とうと思う方が、甘い。

テニスは、2バウンドの奪い合いですからね。

 

フットワークを変えれば、チャンスボールは増える、拡がる。

逆に怪しい感じだと、ずっと攻めても勝てない、決め切れない。

この雰囲気を作っていくのは、アナタ自身でしょう。

まずは正面向きで、決断してダッシュ!

その迫力を意識して、練習していって下さい。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ミス
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント

    相手のボールに、素早く反応する。これが、なかなかテニスでは難し…

  3. フットワーク

    コートの内側に入っていく、そのコツは?

    「もっと前に!なんで後ろなの?」と、コーチや仲間からアドバイスを受け…

  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術と考え方が必要です

    普通に陸上競技でトラックを走る走力と、テニスコートを走る走力とは全く別…

  5. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ

    テニスの試合で、難しいこと・・・と言えば、まずコレでしょう!練…

  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です

    何となく、出来ているようで出来ていない・・・のがスプリットステップ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ
  2. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう…
  3. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛…
  4. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃
PAGE TOP