テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

シングルスの試合で、一番多い攻撃パターン。

テニスでは、相手のボールが浅い、短い時にネットに近付いて攻撃していくのが基本ですよね。

でも、試合に出ているみなさんはお気付きの通り、これが難しいんです。

技術も大事ですが、今回はそれを使う前提の意識のお話を少し。

私が使ってきたこと、試合で効果的だったポイントをまとめてみました。

 

シングルスの試合で、浅いボールをしっかり決める為に必要な意識5つ

 

1.相手のバックハンド、低い打点を狙う

浅いボールを強打するよりも、私ならこの形でアプローチする。

バックハンドの低い打点、でパッシングショットを打ってくる、無理してもらうように仕向ける。

スライスの浅いアプローチ、みたいな感じですね。

アプローチを深く打つよりも、こっちの方が効果的にポイントが取れたりします。

きっと相手は、深いアプローチの強打を想定していますから。

意表を突く攻め、として有りだと思います。

 

2.ボレーよりもスマッシュを意識して前に出る

前に、出過ぎないことが大事。

シングルスの試合は、アナタ一人ですからね。

ロブも全て、自分でケアしないといけない。

浅いボールを攻撃したら、相手はきっとロブを打って来る機会も多いでしょう。

べテラン、シニアのカテゴリではその傾向がより強くなります。

慌てず、スマッシュでフィニッシュするイメージを最初から持っておくこと。

この感覚があれば、楽にアプローチしていけるはずです。

 

3.しっかりと回転量を増やす

アプローチショット、大事なのはそのボールの回転量。

高い打点からならフラット系、でも押し込めますが、基本は回転量を増やすことを意識しましょう。

スピン、スライスでも、バウンド後に相手コートで失速しない回転量、をしっかり身に付けたい。

コツは、下半身を使ってコートをキックして下から上、に力を伝えること。

スピン系のショット、アプローチなら力はコートからもらうくらいの意識、でいきましょう。

 

4.ドロップショットという選択肢は必要

相手がしっかり下がっているなら、遠慮なく前を使う。

この意識、もう一度確認しておきましょう。

ドロップショットは、前に入れば入るほど、打ちやすくなる。

ネットが近くにありますから、速く相手コートにボールを送ることが出来ますしね。

ベースラインから打つより、ずっと楽ですし、プレッシャーも少ない。

打ち込む構えから、ドロップショット、練習してみて下さい。

 

5.選択肢を最低2つ、用意して入ろう

色々書いて来ましたが、それらを上手く組み合わせる。

バック側、浅いドロップ、等最低でも2つの選択肢を用意して前に入る。

これが本当に、大事なポイントなんです。

強い選手って、この雰囲気ありませんか?

2つ、どころか3つは打てるコースを実際に用意してますからね。

最後に決断して、相手を追い込む。

左右だけじゃない、出来れば前後に展開するイメージも持って、シングルスの試合ではネットプレーにつなげていきましょう。

 

シングルスの試合、いかにこの浅いボールをポイントにつなげられるかどうか。

試合に勝てない人は、このチャンスが逆にピンチですよね。

しっかりと、想像力を働かせてみましょうよ。

意識次第で、きっとアナタのシングルスの試合は変わりますよ。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術

    昨日の錦織選手の試合を観て、感じたこと。ドロップショットの処理…

  3. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

    相手に触らせて、自分がポイントを取る。こういうイメージがあると…

  4. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、これが必須の黄金パターン

    シングルスの試合、ただ打ち合うだけで戦術とか無理・・・という方。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    フォアハンド側を6割空けて待つことで、バランスの良いポジションに

    シングルスの試合では、フォアハンドで打つ機会を増やしたい。よほ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    メンタル

    テニスの試合本番で起きること、は「全て毎日の練習」でも起きていることである
  2. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い
  4. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革し…
PAGE TOP