テニス ストローク

ストローク

浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

浅いボールを前に走って、ストローク。

ここでスライスでも良いけど、しっかりスピンで波状攻撃していきたいようなポイント、もありますよね。

こういうショットを、しっかり打つために必要なコツは何か。

学生や男性だけでなく、女性やシニアのみなさんでも必ず打てるようになるコツ、今回はご紹介します。

 

浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

 


 

1.低い態勢で入る

浅いボール、打点が低くなてしまう時には、この基本から。

目線を落として、背筋は伸ばしてしっかりラケットを振り切るのが基本ですね。

横向きで入る、ことを意識しながら、グリップもしっかり厚めに準備して入りましょう。

リラックスして、スピンで打つことは決めて入る。

打つコースも相手の返球がネットを越えた段階では、決めて前に入ることが大事です。

 

2.パワーはコートからもらう

威力のあるスピン回転、で打ちたい。

でも力んではネットして攻撃が終わるのがオチ。

パワーは、低い態勢で入ってコートからもらいましょう。

前足、である軸足でコートをキック、伸び上がるようにして打っていく。

下半身でボールに回転をかける、ような気持ちで良いと思いますよ。

上半身は、その下半身に引っ張られて自然に動くだけ。

斜め前にジャンプ、するようなイメージで、浅いボールに回転をかけていきましょう。

 

3.アウトはOK、くらいのスタンスで

振り切ること、が大事です。

浅いボールをスピン回転、やっぱり一番まずいのはネットにかけること。

アウトはOK、くらいの思い切りが欲しいところ。

振り切って回転をかければ、ベースラインの手前で変化してコートに収まってくれるはず。

ここを恐れてはいけません。

怖いとスライスでつなぐような攻撃、だけになってしまいますからね。

 

4.フォアハンドなら、反対の腕で素早くキャッチ!

スウィング自体はコンパクトにしたい、ですから。

右利きの方なら、打ったらすぐにラケットは左手に収まる感じ、で素振りしてみて下さい。

収まる場所がれば、ラケットの軌道は安定する。

安定するから、振り切れる。

そのまま構えなおしてネットプレー、にも適した打ち方ですのでぜひ意識してみて下さい。

 

低い態勢で入って、コートをキックしながらコンパクトに振り切る。

浅いボールをスピンで打てるようになると、シングルスの試合でも戦術が拡がっていきますね。

女性の方でも、ここぞという場面ではスピンで波状攻撃、意識して実践していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

    ベースライン同士の打ち合いだと伸び伸び打てているのに、相手が動くと崩れ…

  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で勝てない人は意識して欲しい、「ストロークの準備が遅い人」が多すぎる問題

    ストロークの準備が遅い人ってけっこう多い。中には、準備の遅さで…

  3. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の問題について

    ストロークのスタンスって、大きく分けるとオープンスタンスとクローズスタ…

  4. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

    スライスってよく使う?俺はかなりシングルスだけじゃなく、ダブル…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでは、「パワーもコントロールも両方欲しい!!」と思っている人に意識して欲しいこと

    ストロークをパワーアップさせたいけど、コントロールが出来なければ意味が…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス コントロール

    ボレー

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのネットプレーで「アウトボールを触ってしまう・・・」人が、注意すべき5つの…
  3. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習…
  5. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
PAGE TOP