テニス ストローク

ストローク

浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

浅いボールを前に走って、ストローク。

ここでスライスでも良いけど、しっかりスピンで波状攻撃していきたいようなポイント、もありますよね。

こういうショットを、しっかり打つために必要なコツは何か。

学生や男性だけでなく、女性やシニアのみなさんでも必ず打てるようになるコツ、今回はご紹介します。

 

浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ

 


 

1.低い態勢で入る

浅いボール、打点が低くなてしまう時には、この基本から。

目線を落として、背筋は伸ばしてしっかりラケットを振り切るのが基本ですね。

横向きで入る、ことを意識しながら、グリップもしっかり厚めに準備して入りましょう。

リラックスして、スピンで打つことは決めて入る。

打つコースも相手の返球がネットを越えた段階では、決めて前に入ることが大事です。

 

2.パワーはコートからもらう

威力のあるスピン回転、で打ちたい。

でも力んではネットして攻撃が終わるのがオチ。

パワーは、低い態勢で入ってコートからもらいましょう。

前足、である軸足でコートをキック、伸び上がるようにして打っていく。

下半身でボールに回転をかける、ような気持ちで良いと思いますよ。

上半身は、その下半身に引っ張られて自然に動くだけ。

斜め前にジャンプ、するようなイメージで、浅いボールに回転をかけていきましょう。

 

3.アウトはOK、くらいのスタンスで

振り切ること、が大事です。

浅いボールをスピン回転、やっぱり一番まずいのはネットにかけること。

アウトはOK、くらいの思い切りが欲しいところ。

振り切って回転をかければ、ベースラインの手前で変化してコートに収まってくれるはず。

ここを恐れてはいけません。

怖いとスライスでつなぐような攻撃、だけになってしまいますからね。

 

4.フォアハンドなら、反対の腕で素早くキャッチ!

スウィング自体はコンパクトにしたい、ですから。

右利きの方なら、打ったらすぐにラケットは左手に収まる感じ、で素振りしてみて下さい。

収まる場所がれば、ラケットの軌道は安定する。

安定するから、振り切れる。

そのまま構えなおしてネットプレー、にも適した打ち方ですのでぜひ意識してみて下さい。

 

低い態勢で入って、コートをキックしながらコンパクトに振り切る。

浅いボールをスピンで打てるようになると、シングルスの試合でも戦術が拡がっていきますね。

女性の方でも、ここぞという場面ではスピンで波状攻撃、意識して実践していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK

    両手バックハンドのテイクバック、みなさんどうでしょうか。何とな…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「君に安定と安心を与えてくれる高速スィング」をテニスの試合で使えるようにする為に

    スィングスピードって速い方が良いか、遅い方が良いか・・・って聞かれたら…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠すかが大切!

    試合中、相手を右に左に、前に後ろに動かしてチャンスを作ろうとする。…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備…
  2. ストローク

    ストロークの準備に苦手意識がある人は、「ラケットダウンスタートストローク」を試し…
  3. テニス 格上相手

    メンタル

    テニス界では、意外と「努力を周りに見せたい人」ばかり
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
  5. テニス 打点

    その他

    遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること
PAGE TOP