テニス 攻撃

戦術

直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

良いテニス、悪いテニス。

勝てるテニス、勝てないテニス。

色々な考えがあると思いますが、私が昔と今で意識が明らかに変わったのがこれ。

学生の皆さん、ちょっとの勇気でテニスは勝てるようになるんです。

 

直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

 


 

■テニスに芸術点を求めていた学生時代

中学・高校時代、私・・・だけじゃないと思いますが、速くて直線的なボール、自体に憧れていた。

やっぱりプロの試合観ていて、「こんなボール打ちたい!」と思ってしまいますからね。

でも勘違いしていたのは、そのプロ選手のボール自体も、実は「かなり山なり」だったという事実。

テレビで観ていると、すごくネットスレスレ、にボールが飛んでいるように観えるじゃないですか。

学生時代の私は、確実に勘違いしてました。

「自分も、こんな速くて低いボール、打ち込みたい!」と。

勝てる訳・・・無いですよね。

 

■たまに入るボールが自分の実力、という勘違い

私自身、速くて低いボールが「入ることもある」レベルの実力。

実力がそんななのに、たまに入るショットを「自分の実力」と勘違いしてしまう。

まぁ、おめでたい話なんですが、当然試合では勝てない。

勝てない理由を、「調子が悪い」と勘違いしているから始末が悪い。

そりゃ、低くて速いボールなんてそう入らない。

少しでも高くなればアウトだし、低くなればネット。

もっと軌道が高くて良い回転のかかったボール、を打てるようにしないといけなかったんです。

気付いていれば・・・と思いましたが、でも「勝利」への優先順位が違ったんだと思います。

 

■「試合に勝つ」ことを、優先順位の一番上に設定出来ているか?

私の昔話みたいになってしまって恐縮ですが、きっとここが一番の問題でした。

勝ちたい、「試合に勝つこと」を一番優先順位で上、にもってくることが出来なかった。

それはなぜか。

やっぱり、成功したい、失敗したくないという想いが強かったからだと思います。

試合に勝つ、ことを一番優先して勝てなかったら・・・自分も傷つくし、何も残らない、ように思っていた。

これでは、選手失格。

勝ちたいとあがいていく、最後まで諦めないから進歩がある。

悔しいという感情がある。

その気持ち、を持てなかった自分は勝てなくて当然・・・だったんだなと。

その象徴が、速くて低いボールを打ち続ける、という愚行だったんだと思います。

 

ちょっとしたショット、にその人に考え方が現れる。

どんなテニスでも良い、ですが、試合に勝ちたいという想いがアナタの中で、どの程度あるのか。

難しい問題です。

優先順位で一番上、にもってくるには勇気が要る。

でも、挑戦してみませんか?

勝ちに執着していくテニス、の先に、新しいアナタの姿があると思います。

私も30代になりましたが、もっとテニスで勝てるように、変えていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    先制攻撃のダメージは、最後まで残る

    テニスの試合でまず大事なのは、先制パンチ。これが試合の最後ま…

  2. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう

    試合の中で、「難しいこと」って何でしょう?アナタがやっていて「…

  3. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない

    皆さんは今、育てている技術、ありますか?私は今、ロブをまた一か…

  4. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える

    浅いボールを打って、相手を動かす。ドロップショットも、本来これ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合で「複数の選択肢」が浮かぶ、ときはきっと自分の調子が良い時

    自分の調子が良い、と感じる時。これって、良いことばかりではあり…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない

    先日のニュースで、「日本には頭の良い選手があまりいない」という発言が話…

特集記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう
  2. ボレー

    ドロップボレーは、反応で打てるようになろう
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  4. 戦術

    試合でプレッシャーを、小さくする方法
  5. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いし…
PAGE TOP