テニス 攻撃

戦術

直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

良いテニス、悪いテニス。

勝てるテニス、勝てないテニス。

色々な考えがあると思いますが、私が昔と今で意識が明らかに変わったのがこれ。

学生の皆さん、ちょっとの勇気でテニスは勝てるようになるんです。

 

直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない

 


 

■テニスに芸術点を求めていた学生時代

中学・高校時代、私・・・だけじゃないと思いますが、速くて直線的なボール、自体に憧れていた。

やっぱりプロの試合観ていて、「こんなボール打ちたい!」と思ってしまいますからね。

でも勘違いしていたのは、そのプロ選手のボール自体も、実は「かなり山なり」だったという事実。

テレビで観ていると、すごくネットスレスレ、にボールが飛んでいるように観えるじゃないですか。

学生時代の私は、確実に勘違いしてました。

「自分も、こんな速くて低いボール、打ち込みたい!」と。

勝てる訳・・・無いですよね。

 

■たまに入るボールが自分の実力、という勘違い

私自身、速くて低いボールが「入ることもある」レベルの実力。

実力がそんななのに、たまに入るショットを「自分の実力」と勘違いしてしまう。

まぁ、おめでたい話なんですが、当然試合では勝てない。

勝てない理由を、「調子が悪い」と勘違いしているから始末が悪い。

そりゃ、低くて速いボールなんてそう入らない。

少しでも高くなればアウトだし、低くなればネット。

もっと軌道が高くて良い回転のかかったボール、を打てるようにしないといけなかったんです。

気付いていれば・・・と思いましたが、でも「勝利」への優先順位が違ったんだと思います。

 

■「試合に勝つ」ことを、優先順位の一番上に設定出来ているか?

私の昔話みたいになってしまって恐縮ですが、きっとここが一番の問題でした。

勝ちたい、「試合に勝つこと」を一番優先順位で上、にもってくることが出来なかった。

それはなぜか。

やっぱり、成功したい、失敗したくないという想いが強かったからだと思います。

試合に勝つ、ことを一番優先して勝てなかったら・・・自分も傷つくし、何も残らない、ように思っていた。

これでは、選手失格。

勝ちたいとあがいていく、最後まで諦めないから進歩がある。

悔しいという感情がある。

その気持ち、を持てなかった自分は勝てなくて当然・・・だったんだなと。

その象徴が、速くて低いボールを打ち続ける、という愚行だったんだと思います。

 

ちょっとしたショット、にその人に考え方が現れる。

どんなテニスでも良い、ですが、試合に勝ちたいという想いがアナタの中で、どの程度あるのか。

難しい問題です。

優先順位で一番上、にもってくるには勇気が要る。

でも、挑戦してみませんか?

勝ちに執着していくテニス、の先に、新しいアナタの姿があると思います。

私も30代になりましたが、もっとテニスで勝てるように、変えていきます。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    憧れから、参考へ

    テニスの世界は、どこか階級社会に近い。「あの人には勝てない」…

  2. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  4. テニス 緊張

    戦術

    負け試合を拾うと、経験値は倍得られるのがテニス

    「あの人、このトーナメント強いな・・・」「何だか、急に強くなっ…

  5. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?

    ウィンブルドンも佳境に入って来ましたね。今夜は、男子シングル…

  6. テニス サーブ

    戦術

    自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前

    今まで、T-PRESSでは「相手にプレッシャーをかけること」の重要性を…

特集記事

  1. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう
  2. テニス 大学

    戦術

    序盤にミスが多いと、1セットマッチでは勝てない
  3. テニス 準備

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「粘りながら考え、決断していく」というルーティーン…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    どこまでもどこまでも、試合で相手は返してくる
  5. テニス チャンス

    サーブ

    「何も準備無しで、40-0」ほど危険な状態は無い
PAGE TOP