テニス サーブ

戦術

主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

テニス選手として、特にシングルスの試合は本当に孤独で、過酷。

戦うのは自分一人ですが、どこかでこういう「選手を使う発想」というのを持って欲しい。

自分を遠くから客観的に観る、ような癖。

試合に勝てる選手って、無意識にこういう感覚があると思うんです。

 

主力選手、そして特徴のある代打選手を用意しておこう

 


 

1.主力選手は、しっかり鍛えておこう

例えば私なら、ネットプレー。

ネットプレーを中心に、シングルスもダブルスも戦う、という意志は変わりません。

この主力選手をしっかり鍛える、試合で活躍してもらわないといけないですからね。

練習から試合をイメージし、試合で使えるプレーを鍛えていく意識は、いつも希薄になりがちです。

自分の主力選手は、〇〇なんだ!という想い、改めてしっかり持ちましょう。

強い選手になる為には、強い主力選手、プレースタイルが必要なんです。

 

2.主力選手を助ける、脇役の代打選手を2人用意する

主力選手のプレー、は大事。

でも、そこにアクセントが必要な場面もテニスの試合ではたくさんあります。

私の場合は相手が自分のネットプレーに慣れてきたときに、どうするか・・・ですね。

ここで登場してもらうのが、ある意味奇策、飛び道具的に使える選手。

私なら、「ドロップショット」と「クイックサーブ」です。

難しい?いえ、これでエースを獲る訳でも無いし、試合で主力選手のようにガンガン使っていく訳では無いので、大丈夫。

相手に、「こんな選手もいるのか!?」と思わせるくらいで良い。

大事なのは、アナタの中でしっかり試合前から準備して、いつでも「出番だよ!」と言える状態にしておけるかどうか。

ここが、ポイントです。

 

3.「自分」という監督は、総力戦で戦おう!

きっと、皆さんまだまだ出来ることがある、試合の中で。

準備して、総力戦で挑むということは、こういう選手の準備をしておく、ということでしょう。

自分のテニスは、「まぁ、こんな感じだから・・・」と、勝手に決めつけて練習から何となく同じ、になってはいませんか?

もっと、出来ること、準備したいことはたくさんあるはず。

技術を選手、と考えると、自分を客観的に観ることが出来ますからね。

きっと試合でも強い選手になれるはずです。

 

他の競技、特にチーム戦で戦う競技って、選手交代が面白い。

途中出場してくる選手、で試合の流れは変わったりしますからね。

自分一人でも、たくさんの選手を登場させて戦う。

シングルスの試合、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない

    強い相手って、「触れない場所」に打って来る。お互いにテニスコー…

  2. 戦術

    自分が打ちやすい打ち方だけでは、試合に勝てない

    最初は、それで良いでしょう。試合に出始めたばかりは、まずは相…

  3. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  4. 戦術

    前に入りながら打つことでの、副産物とは?

    最近強い人のテニスを観ていて、感じること。みなさん、必ず下が…

  5. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと

    テニスの試合、ボールを打って相手からノータッチエース。サーブで…

  6. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう

    テニスの大会、公式戦や草トーナメント、様々な大会に皆さん出場していると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと
  2. 戦術

    攻守の集中力、逆にしてみない?
  3. サーブ

    セカンドサーブで行き詰まったら、この作戦
  4. テニス リターン

    サーブ

    「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲーム…
  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「速いサーブを後ろに下がってリターンしている人」は、一度バウンド…
PAGE TOP