テニス ストローク

ストローク

ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどうしていますか?

深いボールで対応が難しい、ときには慌てずに「打点が後ろでもコントロール出来る」コースに切り替えることも大事。

無理してクロスに引っ張っても、それは怪我の原因になるはず。

このコツを覚えておくと、非常に楽です。

 

ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

 


 

■打点が後ろでも、無理せず慌てない

ストロークが安定しない人は、「打点が後ろ」になるとバタバタする人が多い。

どんなに速い準備を意識しても、相手に走らされたり、深いボールを処理しないといけないときはある。

そんなときに、打点が後ろになったら「打ちやすいコース」があることを覚えておく。

しっかりラケット面をストレート、逆クロス方向に向けて打つと、打点が後ろでもコントロール出来るのです。

 

■ラケットヘッドがグリップより後ろ、だと逆クロスに打ちやすい

フォアハンドでもバックハンドでも、ラケットヘッドが後ろにあると自然に逆クロスに飛びやすい。

グリップが前、にあると相手にコースを隠せて便利。

しっかり肩が入っていれば、何となくクロスにも打てそうな雰囲気があるし、逆クロスへのコースもばれ辛い。

苦しい状態、というのは出来るだけ隠すことがテニスのコツでもあります。

 

■ラケットスウィングは上に、しっかり回転をかけよう

とはいえ、なかなか打点が後ろだと力を伝えにくい。

しっかりスピン回転をかけたいので、ボールが当たった後はラケットをしっかり上に振り抜くようにしましょう。

そうすることで、軌道が高く回転量が多い、相手にとっても嫌なボールになるはずです。

ストロークのラリーの中では、全部を自分の思い通り打つなんて無理。

いかに苦しくなったときにしのげるか、が大事です。

 

本来なら、速い準備でしっかりコースを打ち分けたい。

打点が後ろになっても処理できるようになると、しっかりボールを引き付けて打ち分けることも出来る。

この機会にぜひ、アナタ自身で「打点と打てるコース」について考えてみて欲しい。

きっとそこから、ラリー戦での戦い方が見えてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  2. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?

    「深く打て!!」ショットを打つ時にはよく言われる言葉だ。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!

    テニスの試合、長ければ何時間も。そんな試合が1日に何試合も繰り…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインにいて、「相手がネットに出て来ると力が入ってしまう・・・」人が意識したい4つのポイント

    ベースライン同士の打ち合いだと伸び伸び打てているのに、相手が動くと崩れ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    風が強い日にストロークの打点を落とすとダメな理由3つ

    春先は特に、風が強い日が多いですよね。試合の中で苦手にしている…

特集記事

  1. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレイヤー相手には、「まず足元に打って前にチャージ」していけば、勝手にミス…
  4. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  5. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理…
PAGE TOP