テニス ボレー

スマッシュ

クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道になって効果的!

スマッシュって意外と、「クロス方向」に打つのが難しい。

逆クロスの方が簡単に打てるようなイメージ、ありませんか?

クロス方向のスマッシュは、ぜひスライス回転を覚えて振り切ってみましょう。

バウンド後にもサイド方向に切れていく、そんなスマッシュが試合では大活躍です。

 

クロス方向へのスマッシュは、「スライス回転をかけるとバウンド後に逃げていく」軌道になって効果的!

 


 

■スライスのスマッシュは、難しくない!

「スマッシュで回転をかけるなんて、難しそう・・・」と思った方、まずは打ってみましょう。

少しだけ打点を低めにして、ボールの横にラケットを入れるようなイメージでOK、軌道も山なりで大丈夫。

下に叩きつける、というよりはしっかりボールの横を切るような動きでスマッシュしてみて下さい。

無理やりクロス方向にもっていく、のではなくボールの横を触るから自然にクロス方向に飛んでいく、ように打てると試合でも安定します!

 

■身体が開かないように、打つ方向は見ない!

一番陥りやすいミスは、これです。

身体が回転して正面を向いてしまい、打点が崩れてしまう。

しっかり横向きを保って、打った後もその方向を観ないように意識しましょう。

ボールを打って、打点に顔を残すくらいの気持ちが大事です。

 

■コートの深い位置を狙わなくても効果的!

スマッシュは深いと良い!のも、少し違います。

スライス回転がしっかりかかっていれば、浅い場所に落ちてもそこから逃げていく、ショートクロス気味の良いスマッシュになる。

慣れて狙えるようになると、浅いスマッシュで角度を付けることも出来るようになります。

そうなると、シングルスでも安定して相手を左右に動かせる、フィニッシュショットになる。

普段の練習から、スライス回転でクロス方向にスマッシュ、練習していきましょう!

 

このスマッシュは、スピードはいらない。

むしろ遅めでもしっかり回転をかけてあげれば、相手にとって脅威になります。

クロス方向へ身体を開かないでスマッシュ、意外と難しいですよ。

しっかり練習して、試合で使えるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

    試合の中で、並行陣が苦手な方。並行陣、とまで言わなくても前に…

  2. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

  3. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

    試合でしっかり、スマッシュを決める。なんと、難しいことなんでし…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  5. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ

    ロブが上がって、スマッシュか、バックボレーか・・・。これ、大き…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に…
  2. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. ボレー

    ネットプレー上達のコツは、「ボールキープの感覚」を持つこと
  4. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
  5. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
PAGE TOP