テニス ポジショニング

スマッシュ

右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

イメージは、バドミントンです!

テニスのスマッシュって、結構力が要るしボールも硬い、重いから大変・・・と感じがちですよね。

特に女性の方はそうだと思います。

でも、これはちょっとしたコツで変えられる。

いや、変えていかないといけないんです。

スマッシュを変えていかないと、試合で勝てない。

何より、テニスで大事なフィニッシュショットですからね。

 

右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

 

1.スマッシュが強いと、逆算出来る

みなさんも、試合で経験あると思います。

せっかく良いストローク、ボレー、で相手を追い込んでも、ロブが打てないと「フィニッシュ」出来ない。

せっかくお膳立てしても、最後で茶碗をひっくり返してしまう自分、にイライラしっぱなしじゃないですか?試合で。

スマッシュが苦手だと、全てを逆算出来ないんですよね。

せっかく相手にロブを上げさせても、決められなかったら相手も楽ですからね。

スマッシュが良い、自信があると、相手に「上にロブを打たせる」ところまでいければOK、と逆算出来る。

これって、すごく大事なポイントです。

 

2.スマッシュの打ち方改革、進めましょう!

あくまで私の感覚ですが、スマッシュ改革は必ず試合に直結します。

簡単に打てて、安定感があって、パンチ力もある。

この打ち方は、簡単です。

イメージは、最初にも書きましたがバドミントンのスマッシュ、くらい軽く打つ。

右利きの方なら、自分の右上にボールをセットして、ラケットはシンプルに顔の横にセット。

そこから上に振り出して・・・一番のポイントは、基本手首と肘、だけで打つということです。

打点を前に設定して打てば、肘から先の動きでもテニスのスマッシュは打てます。

そして打ったら、そのまま右腕が高い位置をキープ。

腕全体を早く降ろしたい気持ち、を抑えてラケット位置を上で打ち終わる感覚、でフィニッシュしましょう。

パチン!と弾いて、腕は降ろさない。

腕を大きく振るから、安定感も出ないしパンチ力にも乏しいスマッシュになるんです。

 

3.腕全体を振っても、スマッシュに威力は出ない

ココを勘違いしている方が、結構多いです。

「おりゃー!」と腕を振っても、ボールは飛びません。

スマッシュは、「弾く」感覚が大事。

ましてや、試合では後ろに下がりながらのロブに対応しないといけない。

腕を振り下ろしている暇なんて無い、と思って欲しい。

プロ選手のフォームで下に降りている、ような人もいますが、それはあくまで余韻。

打った後の余韻で振り下ろしているだけなので、下まで思いっきり振っている訳では無いんです。

アナタ自身、試合で使うために連続で、パン、パン、と打てるスマッシュに変えていかないと。

右利きの方は右上、左利きの方は左上、でシンプルに打ち終わること。

これが一番、大事です。

 

4.横着な打ち方、に見えて良い

「スマッシュをそんなに簡単に、横着に打って良いの?」と思うはずです。

良いんです、これくらいで。

楽に打って、大事なのはその次の構えですから。

スマッシュを打っても、相手が拾ってテニスのラリーは終わらない、くらいの気持ちが大事。

横着な打ち方、雑な打ち方に見えるかも知れませんが、実はシンプルで一番効率的な打ち方なんです。

横向きで、ラケットが上にある状態で弾いて打ち終わる。

打点が身体の前、であれば、女性の方でもしっかりボールを飛ばせるはず。

このコツ、ぜひご自身で試しながら磨いてみて下さいね。

 

5.イメージは基本、逆クロス方向に

これも何度か書いてきましたが、打ちやすいコースは逆クロス。

身体を横向き、にした構えからも自分が打つ方向が見えるので、コントロールしやすい。

また同じ利き腕の相手なら、バックハンド側を狙えますからね。

試合の中では基本のコース、スマッシュは逆クロス方向を基本に据えましょう。

ロブが上がってから考える、のでは遅い。

もう試合前に決めておく。

ペアも、「スマッシュは逆クロスだな」と分かっているから、前に詰めてフィニッシュをサポートしやすい。

ここまで考えて、試合には臨むようにしましょうね。

 

スマッシュはもっと、楽にいきましょう。

力を抜いて、肘から先でスナップを効かせて打つ。

ただし、打点が前のときだけ、です。

でないと、関節に負担をかけて傷めてしまいますからね。

スマッシュ改革は、間違いなくアナタ自身の実力向上に役立ちます。

ぜひ、この機会に取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について

    女子ダブルスの試合で、3回戦の壁を突破できないとお悩みのみなさん。…

  4. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

  5. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

    ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。シングルスでも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレー強化!」一番力は入らないショットの対策とは?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう…
  3. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  4. 戦術

    アナタのテニスウェアは、相手にどう見られているだろう?
  5. テニス 戦術

    その他

    テニスの試合、地味だけど勝利を呼び込む小技4つ
PAGE TOP