テニス フットワーク

スマッシュ

「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない人、たくさんいますよね。

「スマッシュはメンタルが大事!」と言っても、具体的に気を付ける部分が無いと、試合で修正できません。

緊張感のある中で、それをカバーするシンプルな技術を確認しておきましょう!

 

「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

 


 

1.ラケットを上に振るタイミングを早くする

緊張感のある試合では、スマッシュをどうしても待って打つ方が多い。

そうなると、相手はロブさえ上げておけばラッキーとなってしまいますので、しっかり自分から打ちにいくことを意識しましょう。

普段が1,2,3のところを、1,2 に変えてみる。

ボールが落ちてくるのを待つのは、禁物です。

ラケットの降り出すタイミングを早くすることが、最も重要です。

 

2.ロブが上がったら、とにかく全力で早く下がる

よく男子の学生で「試合で恰好良く見せよう」という意識が働き、ロブに対してゆっくり下がる人がいます。

余裕があるような素振りを見せるのは、試合で命取りになります。

練習よりも更に全力を出して、やっと同じくらいの運動量が確保できます。

スマッシュが得意な人は、最初の反応が早い。

下がり過ぎてボレーになり、まずは返球に徹するというのも有りです。

 

3.回転系のスマッシュを習得しておく

深いスマッシュは山なりに回転をかけて相手コートに入れる。

そこで回転が効いていると、相手も次のボールを攻撃できません。

男性ならスピン系のスマッシュ、女性はスライスを磨きましょう。

深い厳しいロブがきたときに、必ずアナタの助けになるはずです。

普段のスマッシュもフラットだけでなく、回転系を身に付けて緊張感のある場面で振り切れるようにしておきましょう。

 

4.右利きの人は左手を身体の前に持ってくる

緊張感のある試合の場面では、つい腕に力が入ってしまうもの、

できるだけ、意識をラケットを持つ手に置き過ぎないことが大切です。

その為には、「反対の手を意識」することが大切。

右利きの方であれば左手を意識して、打つと同時に身体の前に持ってくることを意識するだけで、だいぶリラックスできます。

ラケットから離れた場所を意識することが、とても大切です。

 

5.1発で決めようとしないで、流れの中で決まるイメージを

なぜか初中級のプレイヤーは、「スマッシュが決まらない」と焦ってしまうようです。

相手がしっかり下がっていれば、なかなか決まらないのは当然。

特に試合慣れしている相手は、スマッシュのリカバーが上手い

流れの中でポイントを獲る、その中でスマッシュがあることを理解しましょう。

スマッシュで決まらないで、返球されたらボレーになり、ミスをするという初中級者が多いので、注意してみて下さい。

 

試合の流れは、スマッシュミスから大きく変わります。

これが習慣になってしまうと、「またスマッシュミスから崩れるのか・・・」と、自分で自分を責めてしまいがち。

打破するには具体案を自分の中でもっておかなければいけませんし、それを試合の中で思い出して実践しないといけません。

決断力を持ちましょう!

今回ご紹介したのはシンプルな方法ですので、ぜひアナタ自身で試してどんどん改良してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  4. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

    試合でしっかり、スマッシュを決める。なんと、難しいことなんでし…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

    試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。つい浅い場所に叩き…

  6. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処を…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いから
  3. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフッ…
  4. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです
  5. テニス メンタル

    ストローク

    バックハンドストロークのラリーから攻撃する、「ダウンザラインへの展開」を磨いて試…
PAGE TOP