テニス フットワーク

スマッシュ

「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない人、たくさんいますよね。

「スマッシュはメンタルが大事!」と言っても、具体的に気を付ける部分が無いと、試合で修正できません。

緊張感のある中で、それをカバーするシンプルな技術を確認しておきましょう!

 

「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

 


 

1.ラケットを上に振るタイミングを早くする

緊張感のある試合では、スマッシュをどうしても待って打つ方が多い。

そうなると、相手はロブさえ上げておけばラッキーとなってしまいますので、しっかり自分から打ちにいくことを意識しましょう。

普段が1,2,3のところを、1,2 に変えてみる。

ボールが落ちてくるのを待つのは、禁物です。

ラケットの降り出すタイミングを早くすることが、最も重要です。

 

2.ロブが上がったら、とにかく全力で早く下がる

よく男子の学生で「試合で恰好良く見せよう」という意識が働き、ロブに対してゆっくり下がる人がいます。

余裕があるような素振りを見せるのは、試合で命取りになります。

練習よりも更に全力を出して、やっと同じくらいの運動量が確保できます。

スマッシュが得意な人は、最初の反応が早い。

下がり過ぎてボレーになり、まずは返球に徹するというのも有りです。

 

3.回転系のスマッシュを習得しておく

深いスマッシュは山なりに回転をかけて相手コートに入れる。

そこで回転が効いていると、相手も次のボールを攻撃できません。

男性ならスピン系のスマッシュ、女性はスライスを磨きましょう。

深い厳しいロブがきたときに、必ずアナタの助けになるはずです。

普段のスマッシュもフラットだけでなく、回転系を身に付けて緊張感のある場面で振り切れるようにしておきましょう。

 

4.右利きの人は左手を身体の前に持ってくる

緊張感のある試合の場面では、つい腕に力が入ってしまうもの、

できるだけ、意識をラケットを持つ手に置き過ぎないことが大切です。

その為には、「反対の手を意識」することが大切。

右利きの方であれば左手を意識して、打つと同時に身体の前に持ってくることを意識するだけで、だいぶリラックスできます。

ラケットから離れた場所を意識することが、とても大切です。

 

5.1発で決めようとしないで、流れの中で決まるイメージを

なぜか初中級のプレイヤーは、「スマッシュが決まらない」と焦ってしまうようです。

相手がしっかり下がっていれば、なかなか決まらないのは当然。

特に試合慣れしている相手は、スマッシュのリカバーが上手い

流れの中でポイントを獲る、その中でスマッシュがあることを理解しましょう。

スマッシュで決まらないで、返球されたらボレーになり、ミスをするという初中級者が多いので、注意してみて下さい。

 

試合の流れは、スマッシュミスから大きく変わります。

これが習慣になってしまうと、「またスマッシュミスから崩れるのか・・・」と、自分で自分を責めてしまいがち。

打破するには具体案を自分の中でもっておかなければいけませんし、それを試合の中で思い出して実践しないといけません。

決断力を持ちましょう!

今回ご紹介したのはシンプルな方法ですので、ぜひアナタ自身で試してどんどん改良してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

    スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。でもそ…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ずかしい想いをします

    普段練習する機会は少ないのに、試合で意外と多く使うショット、ありますよ…

  4. スマッシュ

    グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

    打つ前に、自分にすごく余裕がある時。こういう時の方が、なんだ…

  5. スマッシュ

    スマッシュの構えは、横向きよりも〇〇

    スマッシュをしっかり下がって、強く打つ。これが出来れば、もっ…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

    よくご質問で頂くのが、この問題。「深いロブは、全部スマッシュを…

特集記事

  1. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です…
  2. テニス リターン

    メンタル

    最後のフィニッシュが雑、なのは性格も問題な可能性有り
  3. テニス ステップ

    ストローク

    ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント
  4. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  5. テニス 新入生

    その他

    なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?
PAGE TOP