テニス 守備

スマッシュ

スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず

スマッシュの決定力、皆さんどうでしょう?

私は何度も、その人のテニスのレベルはスマッシュに如実に現れる、と書いてきました。

でもいざ試合を観てみると、スマッシュでミスしている人・・・本当に多いですよね。

ここは思い切って、変えてみませんか?

 

スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず

 

「簡単そうに見える」から、スマッシュは怖い

テニスを始めた時に、思いませんでしたか?

「スマッシュって、何だか簡単そう!」と。

華やかなショットですし、上から打つからコートにも入り易そう。

それって、もちろん大きな誤解です。

テニスはコートも広いし、下がって打つスマッシュがほとんど、余裕がある場面なんて無い。

簡単そうに見える、もしまだ見えているなら、その誤解を自分で修正していかないとダメですよ。

 

スマッシュは「上に打っても入る」ことに気付こう!

これも何度か書いてきましたが、サーブと同じ理屈です。

下から上に振れば、しっかりスマッシュにも回転がかかる、だから変化して相手コートに入ってくれるんです。

下に下に、打っているうちはネットにパサパサとかかってしまうだけ。

こういうスマッシュは、相手を楽にさせて自分を苦しめる。

上方向に打って、ネットの高い位置、1mくらい上を通過させるイメージでちょうど良い。

試合巧者の選手のスマッシュ、観てみて下さいよ。

すごく高い位置を通ってますから。

 

クロス方向に深く打てば、ほとんどのスマッシュは入る

「でも、それだとアウトしそうで・・・」という方も、安心してください。

こういうスマッシュは、クロス方向にしっかり打つ。

自分も下がりながら、しかも一番深く距離が取れるクロス方向に打っていけば、まず入ります。

クロスの深い位置でアウト、というのはほとんど無い、むしろ圧倒的にネットミスが多いはず。

上方向に打つこと、クロス方向に深く打つこと。

この意識だけで、しっかり振れるスマッシュの基本が身に付くはずですよ。

 

スマッシュを見れば、その人のテニスが分かる。

特に下がりながらのスマッシュですね。

最初にネットミス、後は全部後衛にお願い・・・なんて人は、到底試合では勝てないでしょう。

ちょっとした意識とコツで、スマッシュは必ず武器に出来ます。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  2. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!

    スマッシュを「ハイ!」と言って、声を出して打つ。これって、ダブ…

  3. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  4. テニス サーブ
  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    スマッシュをしっかり振り切れば、相手はロブという選択肢が無くなる

    スマッシュが苦手な人は、どうしても打とうとして任せる・・・ハイボレーで…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    スマッシュのコース、「迷ったら逆クロス方向へ」で決めて打ち切るようにすれば振り切れます!

    試合の中で大事な場面、スマッシュを打てるチャンスが巡ってきた・・・。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認…
  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  4. テニス ストローク

    リターン

    マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャー…
  5. テニス 暑さ対策

    テニス知識

    水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
PAGE TOP