テニス ダブルス

スマッシュ

予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。

テニスのおいて、この相手の攻撃を「受ける」スキルは、特にスマッシュの切り替えしで役立ちます。

ただ決められるだけでなく、1球だけでも返球できるかどうか。

予測力を磨けば、守備力は必ず上がります!

 

予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

 


 

■上のレベルの試合になれば、予測無しには戦えない

プロ選手のサービスしかり、もはや相手が打った後にどんな速度で動いても、テニスでは間に合いません。

リターンはもちろん、相手のチャンスや攻撃してくる際には、必ず予測を立てたうえで準備する必要があります。

慣れないうちは「分からない・・・」と逃げてしまいがちですが、漠然と待っていても上のレベルの相手では試合に勝てません。

勇気を持って、まず予測をしてみる、というところから始めてみましょう。

 

■スマッシュは相手にとって、シチュエーションにより攻撃であり、守備でもある

スマッシュを受ける際には、「攻められる・・・!」と、どうしても受け身の意識になりますが、果たしてそうでしょうか?

一般の試合では、スマッシュを苦手にしているプレイヤーも多いですし、アナタのロブが深く入れば次はアナタのチャンスになります。

スマッシュは全て「守備的に」という意識は捨てましょう。

相手をじっくり観察して、得れる情報は全部得ておくことが、予測における大前提です。

そもそも、上は強いか、グリップはどうか、フットワークは遅れていないか・・・など、しっかり目視で確認しましょう。

 

■予測の基本は、確率の高いコースを潰すこと

予測力を磨くスタンスとして、まず基本は相手が打ちやすいコースを消していきたいところ。

相手のチャンスだけどリスクは冒してもらう、という意識を持つと良いでしょう。

それで決められたら、相手のナイスプレーということでOK。

何もしないでただ決めさせるのが、一番まずいパターンです。

 

■予測力を磨くには、実践での経験値と練習意識が大切

相手をしっかり観察して、事実を集める。

そこから割り出される「安全策」を潰すには、まず経験量が必要です。

練習では、自分のショットにばかり気を取られていませんか?

周りの人がどんなショットを打って、スマッシュではどんなコースを得意にしているか、今一度意識してみて下さい。

普段練習している仲間のショットが予測できなければ、試合で初見の相手に対して予測するのは難しい。

実践での経験も必要ですが、まずは身近な教材をしっかり活用していきましょう!

 

最期まで諦めない姿勢が、予測の精度を上げて相手にプレッシャーをかけます。

スマッシュを受ける際には、メンタル的な要素も重要です。

「絶対に触ってやる、返してやる」という気持ちは、やはり大切なのです。

一般の大会や、学生の大会の3回戦くらいまでは、相手のチャンスになると惰性な予測しかできない人が多い。

ただオープンスペースに走るだけでは、意味がありません。

予測力を磨いて、相手のスマッシュを自分のチャンスに変えていきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

  2. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

  3. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  5. テニス ボレー
  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュで「回転をかけて相手を攻撃する」ための5つのコツ

    スマッシュでしっかり相手を攻撃していく。その為には、振り切って…

特集記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスのショットコントロールを改善できる秘密兵器、「ねらってーぷ」を試してみたら…
  2. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる
  3. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「トスアップとラケットを上げる動きが同時なサーブのフォーム」について、メリットデ…
  5. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が…
PAGE TOP