テニス ダブルス

スマッシュ

予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。

テニスのおいて、この相手の攻撃を「受ける」スキルは、特にスマッシュの切り替えしで役立ちます。

ただ決められるだけでなく、1球だけでも返球できるかどうか。

予測力を磨けば、守備力は必ず上がります!

 

予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

 


 

■上のレベルの試合になれば、予測無しには戦えない

プロ選手のサービスしかり、もはや相手が打った後にどんな速度で動いても、テニスでは間に合いません。

リターンはもちろん、相手のチャンスや攻撃してくる際には、必ず予測を立てたうえで準備する必要があります。

慣れないうちは「分からない・・・」と逃げてしまいがちですが、漠然と待っていても上のレベルの相手では試合に勝てません。

勇気を持って、まず予測をしてみる、というところから始めてみましょう。

 

■スマッシュは相手にとって、シチュエーションにより攻撃であり、守備でもある

スマッシュを受ける際には、「攻められる・・・!」と、どうしても受け身の意識になりますが、果たしてそうでしょうか?

一般の試合では、スマッシュを苦手にしているプレイヤーも多いですし、アナタのロブが深く入れば次はアナタのチャンスになります。

スマッシュは全て「守備的に」という意識は捨てましょう。

相手をじっくり観察して、得れる情報は全部得ておくことが、予測における大前提です。

そもそも、上は強いか、グリップはどうか、フットワークは遅れていないか・・・など、しっかり目視で確認しましょう。

 

■予測の基本は、確率の高いコースを潰すこと

予測力を磨くスタンスとして、まず基本は相手が打ちやすいコースを消していきたいところ。

相手のチャンスだけどリスクは冒してもらう、という意識を持つと良いでしょう。

それで決められたら、相手のナイスプレーということでOK。

何もしないでただ決めさせるのが、一番まずいパターンです。

 

■予測力を磨くには、実践での経験値と練習意識が大切

相手をしっかり観察して、事実を集める。

そこから割り出される「安全策」を潰すには、まず経験量が必要です。

練習では、自分のショットにばかり気を取られていませんか?

周りの人がどんなショットを打って、スマッシュではどんなコースを得意にしているか、今一度意識してみて下さい。

普段練習している仲間のショットが予測できなければ、試合で初見の相手に対して予測するのは難しい。

実践での経験も必要ですが、まずは身近な教材をしっかり活用していきましょう!

 

最期まで諦めない姿勢が、予測の精度を上げて相手にプレッシャーをかけます。

スマッシュを受ける際には、メンタル的な要素も重要です。

「絶対に触ってやる、返してやる」という気持ちは、やはり大切なのです。

一般の大会や、学生の大会の3回戦くらいまでは、相手のチャンスになると惰性な予測しかできない人が多い。

ただオープンスペースに走るだけでは、意味がありません。

予測力を磨いて、相手のスマッシュを自分のチャンスに変えていきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

    レベルが高い試合になれば、増えてくるのは下がりながらのスマッシュ。…

  2. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

    ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上が…

  5. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を意識しよう!

    スマッシュのときの動作、ほとんどの人が「大き過ぎ」る気がします。…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを…
  2. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  3. テニス 環境

    戦術

    変化を突き付けられるのではなく、予測する癖を
  4. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー
  5. テニス 指導

    メンタル

    「勝ちたい」ではなく、「勝たないといけない」までもっていこう
PAGE TOP