テニス ダブルス

スマッシュ

予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

試合上手は、相手の攻撃をいなすのが上手い。

テニスのおいて、この相手の攻撃を「受ける」スキルは、特にスマッシュの切り替えしで役立ちます。

ただ決められるだけでなく、1球だけでも返球できるかどうか。

予測力を磨けば、守備力は必ず上がります!

 

予測力を磨けば「スマッシュは返球できる!」テニスの試合に必要な予測力とは?

 


 

■上のレベルの試合になれば、予測無しには戦えない

プロ選手のサービスしかり、もはや相手が打った後にどんな速度で動いても、テニスでは間に合いません。

リターンはもちろん、相手のチャンスや攻撃してくる際には、必ず予測を立てたうえで準備する必要があります。

慣れないうちは「分からない・・・」と逃げてしまいがちですが、漠然と待っていても上のレベルの相手では試合に勝てません。

勇気を持って、まず予測をしてみる、というところから始めてみましょう。

 

■スマッシュは相手にとって、シチュエーションにより攻撃であり、守備でもある

スマッシュを受ける際には、「攻められる・・・!」と、どうしても受け身の意識になりますが、果たしてそうでしょうか?

一般の試合では、スマッシュを苦手にしているプレイヤーも多いですし、アナタのロブが深く入れば次はアナタのチャンスになります。

スマッシュは全て「守備的に」という意識は捨てましょう。

相手をじっくり観察して、得れる情報は全部得ておくことが、予測における大前提です。

そもそも、上は強いか、グリップはどうか、フットワークは遅れていないか・・・など、しっかり目視で確認しましょう。

 

■予測の基本は、確率の高いコースを潰すこと

予測力を磨くスタンスとして、まず基本は相手が打ちやすいコースを消していきたいところ。

相手のチャンスだけどリスクは冒してもらう、という意識を持つと良いでしょう。

それで決められたら、相手のナイスプレーということでOK。

何もしないでただ決めさせるのが、一番まずいパターンです。

 

■予測力を磨くには、実践での経験値と練習意識が大切

相手をしっかり観察して、事実を集める。

そこから割り出される「安全策」を潰すには、まず経験量が必要です。

練習では、自分のショットにばかり気を取られていませんか?

周りの人がどんなショットを打って、スマッシュではどんなコースを得意にしているか、今一度意識してみて下さい。

普段練習している仲間のショットが予測できなければ、試合で初見の相手に対して予測するのは難しい。

実践での経験も必要ですが、まずは身近な教材をしっかり活用していきましょう!

 

最期まで諦めない姿勢が、予測の精度を上げて相手にプレッシャーをかけます。

スマッシュを受ける際には、メンタル的な要素も重要です。

「絶対に触ってやる、返してやる」という気持ちは、やはり大切なのです。

一般の大会や、学生の大会の3回戦くらいまでは、相手のチャンスになると惰性な予測しかできない人が多い。

ただオープンスペースに走るだけでは、意味がありません。

予測力を磨いて、相手のスマッシュを自分のチャンスに変えていきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について

    女子ダブルスの試合で、3回戦の壁を突破できないとお悩みのみなさん。…

  2. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

    スマッシュのレベル、はどこで測るのか。私は一つの基準として、し…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

    スマッシュが強い相手は、試合で嫌ですよね。ロブが効き辛い、とい…

  6. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

特集記事

  1. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  2. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」
  3. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  5. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め…
PAGE TOP