テニス スライス

スマッシュ

「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と落ちるロブ。

これは、アンラッキー?でしょうか?

違います。

失ったただの1ポイントのようで、実にアナタらしい「弱さ」を如実に現している。

これは、思い切った意識改革で、変えていけます。

あえて言います。

「アウトを打つ」くらいの覚悟で試合に臨んでいく、ことが大事です。

 

「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

 

1.衝撃的だった、大学1年生のころ

以前にも書きましたが・・・私は今でも忘れられないこと、があります。

大学1年生の頃に、1人だけ同級生にスポーツ推薦で入学してテニス部に入って来た男子、がいました。

何が凄いって、スマッシュなんですよ。

ロブを上げても、全部打つ。

アウトだろうがなんだろうが、打って打って、押し切る。

もちろん、たまにミスはありますよ。

でも、圧倒的な迫力で、「ロブは効かない」という感じで打っていく。

皆さんの中にも、もしかしたらネットプレーを頑張っていこう!という方も多いはず。

ネットプレーを目指すなら、絶対にロブが打ち切る、ことが大事なんです。

 

2.落としてアウト、でも相手にとっては「良い情報」

私自身、すごくロブを使うタイプですが、もちろんアウトすることもある。

でも、その時の相手の反応を見ています。

大きく分けて、3つですかね。

1つは、どんなに深いロブも、積極的に打って来るタイプ。

2つ目は、ロブを追いかけて、落としてストロークで返球してくるタイプ。

3つ目は、ロブをすぐにウォッチして、ボール自体追いかけないタイプ。

まず、3はとにかく楽です。

すぐに見切りを付けてくれるので、甘いロブでも通る可能性が高い。

2のタイプも、しぶといですが相手を後ろに下げる、ことは出来るので怖く無い。

怖いのは、圧倒的に1、のタイプなんです。

 

3.迷いが無くなれば、プレーにキレが出る

スマッシュにキレがある、プレーにキレがある人は迷いが無い。

もちろん、明らかなアウトロブは打たないでウォッチしますが、際どいロブは全部打ちにいくと決めている。

だからこそ、成長も速いし相手も嫌、なんですよね。

これは、実力が有る人、だけの考え方じゃないと思います。

むしろ、初心者の人の方がスマッシュに対して苦手意識も少ないし、先入観が無い。

フットワークを鍛える意味でも、ぜひスマッシュを積極的に打って欲しいんです。

 

4.テニスコートは、広いということ

ネットを挟んで、ラケットで打ち合う競技で言えば・・・テニスって、すごく「広い」と思いませんか?コートが。

だからこそ、みんなスマッシュが大変なんです。

後ろには10m以上下がって打つ、なんてこともありますからね。

当然、ダブルスでもシングルスでも、良いポジションで待ちかまえることは大事ですよ。

でもそれ以上に大事なのは、自分で迷いを無くして際どいボールは打っていく姿勢。

最初はミスが多くても、気にしないで良いでしょう。

その先に、成長があるのですから。

 

これは、最近の私のテーマなんです。

もう一回、しっかりスマッシュを打てる選手になりたいな、と思っています。

際どいボールを、振り切ること。

ミスが増えて負けが増えても、自分を変えていくこと。

一緒に頑張ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう

    スマッシュが得意かどうか、しっかり観察すれば分かる。序盤から、…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

    スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。特に女子ダブ…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合の中で、「スマッシュを打つときの反応が遅くなる」5つの要因と解決方法について

    スマッシュの決定力は、反応次第。相手のロブにいかに早く気付けて…

  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

    スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。でもそ…

特集記事

  1. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポ…
  3. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  4. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ
  5. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう…
PAGE TOP