ストローク

「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?

両手に比べればリーチが長い、疲れにくい等ありますが、私が一番お勧めしたいのはこのショートクロス気味のショット。

しっかり磨けば、シングルスでもダブルスでも非常に使えるショットになります。

錦織選手も手を焼くこの武器、片手バックハンドのストロークでぜひ磨いてみて下さい!

 

「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

■錦織選手も苦手にしている、独特の球筋で飛ぶストローク

片手バックハンドの厚い当たりのスピンは、実は最近改めて注目されているショットです。

ガスケ選手やワウリンカ選手はこのクロスのショットを得意にしており、少しコートの浅めにボールを落とすことで、相手を大きく外に追い出していく展開が可能になります。

通常のスピンよりも、少しボールの横を捕えるのでコートの外により逃げていく、独特の球筋が魅力です。

技術が求められるショットですが、練習すれば女性の方でも打てるようになるはずです。

 

■片手バックハンドは「振り切る」から安定する!その為には・・・?

振り切らなければ、片手バックハンドの良さは活きません。

両手であればある程度合わせるフラット系でも押していけますが、片手バックは回転量がとても大切。

その為の打点とグリップを、アナタ自身で探っていかなければいけません。

コツとしては、打点は必ず前足より20cmは前に取る。

グリップはウエスタングリップを覚えて、スィングスピードを上げられるよう筋力トレーニングも必要です。

最初はフォームが定まらなくても、とにかく肩を入れて振り切る練習を繰り返しましょう。

 

■オープンスペースを創り出す、魔法のショットに進化させよう!

ラケットヘッドをボールの横に入れ、しっかり上に振り切ることで理想的な回転がかかります。

サイドライン際に、ガクッと落ちてコートに入る軌道がイメージできればベストです。

その為には、フットワークでしっかりボールの軌道の後ろに入ることが大切。

そして良いボールを打った後こそ、大切。

せっかくできたオープンスペースへは、前に出てネットに近い位置で配球してポイントを奪いにいきましょう。

 

テニスにおいて片手バックハンドのストロークで、最も難しいのはどうしても身体が開いてしまうこと。

打った方向を早く観たいという意識があると、顔が動いて肩も開いて、「鋭さ」がボールに伝わりません。

コツとしては、自分の背中に向かって打つ、そしてその結果はすぐに眼で追わない、という感覚を身に付けること。

秋の大会シーズン、ぜひ身に付けて試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    低い打点からのショートクロスは、スライスでも充分攻撃出来る

    「上手い!」と思わずうなってしまうような、コントロールショット。…

  2. テニス ボレー
  3. ストローク

    鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

    鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。この技術を磨くには、ある基…

  4. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

    アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。そのシ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。…

特集記事

  1. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
  2. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしま…
  3. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  4. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  5. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
PAGE TOP