ストローク

「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

片手バックハンドの長所、どんなところがあるでしょうか?

両手に比べればリーチが長い、疲れにくい等ありますが、私が一番お勧めしたいのはこのショートクロス気味のショット。

しっかり磨けば、シングルスでもダブルスでも非常に使えるショットになります。

錦織選手も手を焼くこの武器、片手バックハンドのストロークでぜひ磨いてみて下さい!

 

「片手バックハンドのショートクロス」は切れ味を磨けば試合で超絶使えるショットに!

■錦織選手も苦手にしている、独特の球筋で飛ぶストローク

片手バックハンドの厚い当たりのスピンは、実は最近改めて注目されているショットです。

ガスケ選手やワウリンカ選手はこのクロスのショットを得意にしており、少しコートの浅めにボールを落とすことで、相手を大きく外に追い出していく展開が可能になります。

通常のスピンよりも、少しボールの横を捕えるのでコートの外により逃げていく、独特の球筋が魅力です。

技術が求められるショットですが、練習すれば女性の方でも打てるようになるはずです。

 

■片手バックハンドは「振り切る」から安定する!その為には・・・?

振り切らなければ、片手バックハンドの良さは活きません。

両手であればある程度合わせるフラット系でも押していけますが、片手バックは回転量がとても大切。

その為の打点とグリップを、アナタ自身で探っていかなければいけません。

コツとしては、打点は必ず前足より20cmは前に取る。

グリップはウエスタングリップを覚えて、スィングスピードを上げられるよう筋力トレーニングも必要です。

最初はフォームが定まらなくても、とにかく肩を入れて振り切る練習を繰り返しましょう。

 

■オープンスペースを創り出す、魔法のショットに進化させよう!

ラケットヘッドをボールの横に入れ、しっかり上に振り切ることで理想的な回転がかかります。

サイドライン際に、ガクッと落ちてコートに入る軌道がイメージできればベストです。

その為には、フットワークでしっかりボールの軌道の後ろに入ることが大切。

そして良いボールを打った後こそ、大切。

せっかくできたオープンスペースへは、前に出てネットに近い位置で配球してポイントを奪いにいきましょう。

 

テニスにおいて片手バックハンドのストロークで、最も難しいのはどうしても身体が開いてしまうこと。

打った方向を早く観たいという意識があると、顔が動いて肩も開いて、「鋭さ」がボールに伝わりません。

コツとしては、自分の背中に向かって打つ、そしてその結果はすぐに眼で追わない、という感覚を身に付けること。

秋の大会シーズン、ぜひ身に付けて試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!

    ストロークの打ち合いで、相手から押されて打点が遅れる。格上相手…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!

    繋ぎのストロークショットはバウンドが重要。ゆっくりと確実に相手…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

  4. ストローク

    深いボールも、慌てなくて良い理由とは?

    試合の中で、相手のボールが深く入って来る。このプレッシャーっ…

  5. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る

    両手バックハンドストローク、みなさんしっかり打ててますか?両手…

  6. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

    攻撃的なストローク、スピン回転で押していく。これは、学生選手だ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていな…
  3. スマッシュ

    スマッシュは腕全体を振るのではなく、「手首を折る形で、上で打ち終わる」と試合でミ…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    大事な試合で棄権しない為に、「まずい…脚が痙攣してきたかも…」と感じたら、早めに…
  5. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る
PAGE TOP