テニス メンタル

練習メニュー

試合で楽したければ、練習で苦しむしか無い

練習の鬼に、なれるかどうか。

それは何も、体力を消耗してヘトヘトになる、だけじゃない。

私たちはむしろ、練習でしっかり「精神的に」苦しむ必要があると思うんです。

試合に勝ちたい、なら練習で苦しむしかない。

ある程度、この覚悟は必要だと思いますよ。

 

試合で楽したければ、練習で苦しむしか無い

 

1.苦しい練習とは、どんな練習?

私自身、もう30代後半。

体力的にも落ちて来ましたが、練習はハードでありたい、そう考えています。

これは何も、激しい球出し、振り回しをするとか、そういう話じゃない。

もちろん、そういう練習も大事でしょう。

でも、実際は練習場所も時間も、一緒にやる仲間も限られる。

苦しい練習、に対する概念をしっかり考えていかないといけない、でしょう。

私は、徹底的にメンタルが厳しい、追い込まれている感じ。

これを、なるべく自分で追い求めるようにしています。

 

2.絶対に浅いボールを諦めない、だけでも練習は厳しくなる

みなさんも、そうじゃないですか?

普段の練習、それこそテニススクールでも同じです。

自分のボールは、絶対に2バウンドさせない。

ノットアップさせない、強い意志を持っておけば、それだけで練習は変わります。

いや、めっちゃ苦しいですよ、これ。

だってボレー対ストロークのラリーで、ストローク側だったら浅いボレーも全部拾わないといけないですからね。

常に、浅いボールに神経をとがらせる。

普通の練習を、いかに苦しい設定で出来るかどうか。

 

3.サーブを何となく、打つことを止める

これも、しっかり意識したい。

好きに打ちたいですけどね、サーブなんて。

でも、せっかく練習出来るんだったら、やっぱり強い意識を持って打ちたい。

ファーストなのか、セカンドなのか、どんなカウントで打つサーブなのか。

テニススクールでも、何となく10球くらい打って終わり、じゃなくて、記録を残す。

毎回の記録を残して、次に活かす。

これも実践出来るのは、アナタ自身ただ一人です。

 

4.苦しい練習は、アナタに必要な練習

良薬は、口に苦し。

厳しい、苦しいと感じる練習は、きっとアナタに必要な練習。

だからこそ、みんな避けていくんですけどね。

「自分を成長させてくれる、ものすごい練習」なんて無いですよ。

きっと、目の前の練習こそが、一番大事。

それをいかに、厳しく出来るかがポイントになります。

それは繰り返しますが、アナタ自身にしか出来ないこと。

やらされる練習なんて、中学生まで。

自分から練習を厳しくしていく、ことをしっかり意識していきましょう。

 

練習で苦しむ姿勢、大事です。

最初は、楽しくテニスをすること、だけで楽しい。

でも、どこかで試合を通じて「苦しいことが楽しい」と思えるようになって欲しい。

苦しんだ練習は、試合できっと助けになってくれる。

アナタ自身の、自信になってくれる。

まずは、目の前の練習から、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!

    大成高校の男子テニス部でレッスンを行った。放課後4時からスター…

  2. 練習メニュー

    逆転出来る選手になる、とっておきの練習法

    試合の中で、逆転出来る人。そういう人って、どんな練習をしてるの…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー

    ダブルスの試合でも、シングルスの試合でも有効な「ロブボレー」のタイミン…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

  5. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー

    人数が多いときでも、しっかり2対1のラリー練習がしたい。特にボ…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い
  2. 戦術

    綺麗でないポイントにこそ、本質がある
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  5. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
PAGE TOP