テニス 知識

練習メニュー

試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと

練習は伸び伸びやっても、試合でガチガチになってしまう。

こんな人、皆さんの周りでも多いと思います。

でも、考えてみれば試合に出ていること自体、すごく偉いと思いますけどね・・・。

でも、どうせ出るなら試合にも勝ちたいと思うのが自然。

練習内容、見直してみませんか?

きっと、試合で使える技術を効率よく、もっと練習出来るはずですよ。

 

試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと

 

1.バンバン打つサーブ、リターン、必要?

学生さんの部活の練習を見ていても、気になるのはサーブやリターンの練習。

伸び伸びやるのは良いことですが、その打球、試合で打てる?と聞いてみたくなる。

それも、相手にリードされて緊迫した場面、追い上げていくような試合で使える?と。

試合って、出来ることがすごく限られる、確率が求められる世界。

そして練習では、その試合以上に高い確率で成功するショット、を磨いておかないとダメですよね。

「分かってるけど、気持ち良く打ちたくて・・・」という方は、メリハリを付けましょう。

しっかり試合に向けた練習、を中心に据えて切り替える。

気持ち良く打つのは、本当にたまにで良いはずです。

 

2.自分の幅を拡げる練習、出来ている?

試合向きの練習、と言えば「基礎練習」が確かに基本。

でも、それだけだとダメだと私は思いますよ。

出来ることの繰り返し練習、だけだと、自分のプレーの幅が拡がっていかない。

プレーの幅が拡がらないと、相手はすごく楽。

だからこそ、サーブ&ボレーやリターンダッシュ、自分が相手を「アッと言わす」ような技術もしっかり練習しておかないと。

試合で使って、相手にプレッシャーをかける。

こういう技術を磨くことが、試合で使える、試合向きの練習なはずです。

 

3.記録しない試合形式の練習は、無意味です

練習の後に実施する試合形式、必ず記録しましょう。

自分のテニスノート、部活やサークルの日誌、に必ず記録する。

だって、試合なら必ず記録に残るじゃないですか。

記録に残る、と思ったら自分なりに工夫して、練習試合でも勝ちたいと思うのが自然。

これこそ、試合に近いシチュエーションですからね。

こういう小さい工夫が出来ない人は、ちょっと悲しい。

「面倒だから・・・」と思うのが自然。

だからみんな、やらない。

やらないから、アナタにチャンスがある。

私はそう思いますよ。

だって練習の後に数分で終わることじゃないですか。

この習慣を身に付けるだけで、グッと結果は変わってくるでしょう。

 

4.「これは試合で使えるのか?」という疑問は、持ち続けること

自分でしっかり、当事者意識を持つこと。

これが大事なんです。

テニススクールの練習でも、部活の練習でも、自分で試合に使えるのかどうかをしっかり考えること。

これは誰も、教えてくれません。

テニスコーチから、「これは、こういう感じで打ちましょう」と教わるだけだと、不十分。

試合で、どういう場面で使うのか?は自分で考えてみる。

そして、練習中にしっかり意識して、自分で自分にプレッシャーをかけること。

この意識を持てている人は、ほっといても上手くなる。

アナタ自身は、どうでしょうか?

 

試合で使えない技術って、楽しいんですよ。

バコバコ打つサーブ、スピードの速いリターン、ボレー、ストロークも直線的にどんどん打っていく・・・まるで、バッティングセンターのように。

こういうテニス、練習とは言えませんね。

楽しいのは、分かる。

でも試合で負けて悔しいことも、皆さんなら経験しているはず。

メリハリ付けて、試合中心の練習に変えていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い

    コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。きっと、みなさん…

  3. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスの練習では、「何を身に付けていつ使うのか?」を常にイメージしよう

    テニスの練習、皆さんどんなことを「意識」出来ているでしょうか?…

  5. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    「センターセオリー」を体感したければ、一度センターストラップを外してみると良い

    普段、楽させてもらっている部分。これを外してみると、「やっぱり…

  6. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスコート1面で3列ラリー、を実践する意味って何だろう?

    私がテニススクールでアルバイトコーチをしていた頃、よく生徒さんから聞か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!
  2. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである
  3. テニス ボレー

    リターン

    フォアハンドリターンが安定しない人は、フォロースルーを極端に短くしてみよう
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと
  5. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が…
PAGE TOP