テニス メンタル

ダブルス

「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

試合で強いダブルスペア、それって技術的な部分だけじゃない。

本当に2人で、波のように押し寄せてくるようなペア、強さを感じますよね。

圧迫感があって、大事なポイントをしっかり押さえてもっていく。

こういうペアって、どんな特徴がありますか?

私は、「共通認識」だと思います。

ポイント間での打ち合わせでもそうですし、それ以前に「ここなんだ!」という意識が同じ。

そうは思いませんか?

 

「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア

 

1.息が合っているって、こういうこと

「ここだ!絶対に取りたいのは」というポイント、ありますよね。

4-4での30-30、のようなポイント。

だからこそ、ダブルスならお互いでその価値観が同じじゃないと。

「まぁ、リード出来れば良いかな・・・」くらいの意識と、「絶対に40-30にして、相手にプレッシャーをかけて5-4にするんだ!」と考えるのでは違う。

この温度差があるペアって、結構多いですよ。

確かにポイントは取りたい、でも本当に取りたいポイント、の認識が違う。

そうなると、プレーにも現れてくるのがテニス、なんです。

 

2.大事なポイントは、計画的に準備を

ダブルスペアで、もし組み慣れているペアなら再度確認しておきましょう。

自分たちが、絶対に取りたいポイントはどこなのか。

お互いの考えを確認して、共通部分を見つけ出す。

序盤、中盤、終盤に、必ずポイントとなる場面があるでしょう。

まずは、カウントで考えてみてください。

ゲームカウント、ポイントで、どういう時に「絶対に取りたい」と考えるのか。

言葉に出して、しっかり意志を確認する。

これって、大事なことですよ。

 

3.絶対取りたいポイントで、選択するプレーは?

ここに、ダブルスとしての個性が出て来る。

ペアとしての本質、とも思って欲しい。

絶対に取りたいポイント、私ならあえての「積極策」で出ます。

サーブ側ならチェンジプレー、リターン側ならリターンダッシュ、ストレートアタック、を入れていく。

なぜなら、これが自分たちの一番得意な形であり、後悔が無いから。

失敗しても、やり切っておけば後悔は全く無い。

ペアで温度差があるときって、何かしらポイントが終わった後にしこりが残るんですよね。

ポイントを落とした以上に、きっと残るはず。

そうならない為に、自分たちがどういうプレーをするのか、その根拠は何なのかを考えておきましょう!

 

4.迷いの無いプレーは、勢いを生む

「ここだ!絶対取るんだ!」というポイント、迷いが無いのが一番。

迷いが少しでもあると、それはプレーに影響する。

温度感を合わせて、しっかりプレーしていく。

そしてやることを、しっかり決めておく。

これは、何度も書いてきましたが実力に関係無く、皆さんが出来ること。

まずは、こんなコミュニケーションからペアとしてみませんか?

テニスの試合って、「どのポイント」が勝負の境目だと思う?みたいな感じで。

意外な答えが返ってくるかも知れませんよ。

 

ダブルスのペアで、息が合ったプレー・・・は、実はプレー前に始まっている。

ポイントの価値観が同じだから、必死になって結果的にナイスなコンビネーションが生まれる。

このことだけは、覚えておいて損は無いでしょう。

強い相手試合なら、こういうポイントでも相手に立ち向かっていかないといけない。

しっかり準備して、考えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する

    テニスの試合で、相手に自分を印象付けること。これは、ただ動けば…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    リターンの選手の態勢を見て動く、判断スピードが前衛には欲しい

    ダブルスの前衛で、相手のリターン選手を観察する。まさにリターン…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

    ミックスダブルス、ご夫婦やカップルで組んで出場している方も多いはず。…

  5. テニス フットワーク

    ダブルス

    フォアハンドの逆クロスが得意なら、雁行陣の後衛でどんどん回り込んで自分のゾーンを作ろう

    テニスの試合、強い選手は自分の武器を有効に使っている。それはス…

  6. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
  2. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  4. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!
  5. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に
PAGE TOP