テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。

リターンのときに、よくある光景ですよね。

これについて、正しい責任の所在の議論がなされているのか・・・私はいつも、疑問を感じます。

どこか、「前衛側」の責任だけ追及されているような気がしてならないのです。

 

ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

 


 

■一般の試合は、まだまだ「ポーチ」に出る回数が少な過ぎる

上のレベルになればなるほど、ダブルスはポーチに出る確率が上がる。

それだけ前衛がしっかりプレッシャーをかける、Iフォーメーションを使うペアも多い。

一般の方の試合、学生のみなさんの試合は、基本的にリターンからポーチに出る回数が少なく、ラリーの中で雁行陣からポーチに出るペアが多いのが現実。

これが悪い、とは言いませんが「もったいない」と思うことが多い。

でもその背景には、やっぱり「前衛はストレートを守るべき」という基本的な考えが背景にあるように思います。

 

■強力なリターンへの対応は、サーバーと前衛の共同作業

ストレートへリターンを展開される、というのはつまり強力な対戦相手ということ。

であれば、そこへの対応はしっかりサーバーと前衛の共同作業、で行うのが理想です。

センターにサーブを入れればストレートへのリターンは角度を付け辛く、前衛が触りやすい。

ワイドに打てばストレートにも「ポール回し」級のコースでボールが来る、のでしっかりケアしておく。

この対応こそ、ダブルスならではの「共同作業」でしっかり行うべきところ。

ストレートに抜かれるのを前衛のせいにしている人・・・アナタのサーブが半分は、原因ですよ。

 

■リターンを抜かれるのは悪くない、ポーチに出ない方が悪い!

前衛は一番、攻撃で「優先権」を持っている。

だからこそ、しっかり自分から動いて相手にプレッシャーをかける権利があることを自覚しましょう。

その結果、ストレートを抜かれるのは悪くありません。

一番まずいのは、ポーチにも出ないしストレートに打たれても劣勢になってしまう。

これを相手に見られてしまうと、もう相手は強気にどんどん攻撃してくる。

リターンを踏み込んで、思いっきり叩かれてしまう感じになって、ブレイクも容易にされてしまうでしょう。

 

前衛のプレーを見直すと、ネットプレーの概念が変わります。

ダブルスからでも良いので、しっかりネットプレーを「積極的」に行えるようになって欲しい。

後衛がいるんだから、何も遠慮する必要はありません。

ストレートを抜かれる?

その責任を自分一人で背負い込むのではなく、ペアでどう防いでいくか、対応していくか。

ダブルスで勝ちたければ、絶対にストレートに展開してくる強いペアを倒していかないといけない。

さぁ、一緒に準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

    私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。でも、当然それは相…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイント

    ダブルスは前衛、後衛と求められる役割が違う。硬式テニスでは前衛…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  6. ダブルス

    どちらかが一方的に指示を出しているペアは、脆いダブルスペア

    ダブルスの試合で、相手ペアをよく見ていると面白い。そして、片方…

特集記事

  1. その他

    テニスの試合では、「ショット一発の威力」に頼っていると、打った後に隙だらけになり…
  2. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない
  3. テニス サイト

    テニススクール

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「アドバイスされたことは大胆にやってみる…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!
  5. テニス ストローク

    シングルス

    上のレベルで結果を出すシコラーの選手は、ミスを待っているだけじゃなく「引き出して…
PAGE TOP