テニス リターン

ボレー

ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い

試合の中で、ドライブボレーを使う。

「それって、若くてラケットを振れる学生だけでしょ?」と思った方。

大きな誤解です、それって。

一昔前ならいざ知らず、最近のラケットを使えばしっかり振れるドライブボレーが打てる。

ぜひ、社会人、ベテランの方もチャレンジして欲しいんです。

 

ドライブボレーは、「アウトミス」するくらいでちょうど良い

 

1.そもそも、ドライブボレーって必要?

はい、必要です。

なぜなら、簡単にポイントが獲れるから。

「いや、難しいでしょ!」と思った方も多いと思いますが、それは誤解だと思います。

ストロークのアプローチからグリップチェンジしてスライスボレー、その後にスマッシュ・・・という流れの方が、やることが多いし難しいと思う。

女性のシングルスプレイヤーには、特に必須の技術。

まず、難しいという先入観を捨てる事、それから必要であるという認識を持つこと。

ドライブボレーが打てれば、サービスライン付近でのボレーも攻撃的にプレー出来るはずです。

 

2.「アウトを怖がらない姿勢」が必要になる

私が試合を観ていて、圧倒的に多いのがネットミス。

入れにいきたい、アウトしたくないという気持ちから、ボールの軌道を低めに設定してしまうんですよね・・・これはもったいない。

ドライブボレーは、その打ち方から回転量が通常のストロークよりも多くなる。

つまり、普通のスピン系のストロークよりも勝手に落ちて、変化して入ってくれる。

これを信じて、振れるかどうかです。

ボールの軌道はネットの2メートル上、でも大丈夫。

それくらいの気持ちで、しっかり高く打っていきましょう!

 

3.ドライブボレーの姿勢とアウトミスは、相手にとって脅威になる

これが一番、大事なんです。

甘いつなぎ球は、絶対に逃さない、ドライブボレーで攻撃するという姿勢を見せておく。

アウトになっても、相手からすると嫌ですよ。

ネットから遠い位置でのボレー、からでもスピードを持って攻めて来られる。

ネットミスで終わると、そのプレッシャーが無いんですよね。

同じミスでも、ネットを越えれば相手は脅威に感じる。

そもそも、ドライブボレーには思い切りが不可欠。

しっかり振って、攻撃的にプレーしていきましょう!

 

まずは打ってみる、失敗してみる。

ドライブボレーって、やらない人はずっとやらないでテニス人生を終えてしまう。

一回振り切ってみましょうよ。

景色と結果、が変わると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

  2. テニス ミス

    ボレー

    試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!

    「ドロップショットは、ある程度甘くて良い」と、何度も書いて来ました。…

  3. ボレー

    ボレーの基本は、遅いボールはしっかりと真ん中に当てること

    ボレーの基本、いやテニスの基本ですね。私たちはつい、忘れてしま…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーの準備は、「利き腕では無い方の手のひら」を使えば抜群に安定します!

    バックハンドボレーのミス、大半は「準備が遅いのと、大きい」のが原因にな…

  6. ボレー

    フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

    対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。こうい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いボレーを下がってストローク、でその後は?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  5. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
PAGE TOP